タイトル

Tour of Watopia ステージ1(再開催)に参加

水曜はいつものように夕方からZwift。ちょうどいい時間にTour of Watopiaのステージ1が再開催されていたのでエントリーしてみた。
コースはボルケーノをぐるっと回ってから裏KOMを登り、砂漠を1周して戻ってくる30km。
裏KOMを除けばほぼ平坦コースなので大集団で最後までいくと思われる。

TOW Stage 1: Group Ride start

スタートダッシュはあまり激しくなく、穏やかなスタート。
ボルケーノを回ってイタリアンビレッジへの短い登りからペースがぐんと上がり、何人か脱落していく。
平坦で一旦落ち着いたあと、裏KOMのヘアピンカーブあたりから再び強烈なペースアップ。

かなり頑張ったけど先頭数名は先に行ってしまい、こぼれた人達で小グループを作って登る。
下りも皆踏むのでスーパータックだと置いていかれるくらい。下り切って砂漠の手前で先頭も吸収し、15人くらいの集団に。
この区間の11分が279Wと、自分にはかなりきつかった。

TOW Stage 1: Group Ride 1

砂漠に入ると一転してまったりペース。
まったりしすぎて後ろから何人か追いついてくる。
もう少し上げてもいいのでは、と思ったので何度か牽いてみたりしたけど、おそらく砂漠の出口の登りでまたアゲアゲになるだろうから、やっぱり脚を溜めておこう。
Golden Cheetahを見ると、ここで1.8まで下がったW'balが19まで回復していたみたい。

砂漠出口の登りは1分365Wで、集団はほぼ崩れない。
そのまま海底トンネルに入り、地上へ出る登りを過ぎればあとはゴールスプリントだけ。
ここの登りを警戒していたけど、少しペースが上がったくらいで、特に大きな動きはなし。危なそうならフェザーアイテムを使おうと構えていたのに、誰もアイテム使ってなかったので出しづらくて結局最後まで使わなかった(笑)

TOW Stage 1: Group Ride 2

ゴールスプリントは残り300mからもがいて、4位でゴール。18秒734W。
砂漠出口の登りからは、8分5秒298W。
今回は登りと平坦の温度差が極端というか、登りの度に人数が減っていくような展開だった。

負荷付き3本+パワーメーターでZwiftをやっていると、スマートローラーのように登りでペダリングが重くなるということがないので、斜度の変化に気付かずに周りが急にペースアップして取り残されることがしばしば。
なので画面右上の斜度表示はめっちゃ見ている(笑)

逆にグループライドとかで3%、4%になってもパワーを変えずに淡々と登る集団があると、こなれた人達だなという感じ。もちろんまとまっていきたいグループライドとふるいにかけたいレースでは走り方も違うのだけど。(あ、Tour of Watopiaは名目上グループライドだった)

Tour of Watopia Stage1(Virtual)
走行距離:30km
走行時間:41分19秒
平均時速:43.7km/h
平均心拍:159bpm
平均ケイデンス:85rpm
消費エネルギー:598kJ
AP/NP/IF/TSS:241W/262W/0.985/67
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2021/04/30(金) 16:19:39|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デロンギの全自動コーヒーマシン「プリマドンナXS」レビュー

デロンギ プリマドンナXS

買いました。
もともと夫婦ともコーヒーが好きで、さらに二人とも在宅勤務が続く中で毎日ドリップマシンがフル稼働していたのですが、全自動コーヒーマシンってどうなんだろうと気になり始めたのがきっかけ。

そのちょうど翌日に木更津のアウトレットにデロンギがオープンするという偶然もあり、何となく偵察に行ったら、上位モデルがなぜか数量限定の4割引きで売られている。価格.comの最安値より安い。(グラグラ……)
自宅でも使っているというスタッフの人にいろいろ話を聞いて、カフェ・ジャポーネというドリップに近いメニューを作ってもらい、試飲したらすごく美味しくて、深く考える前に購入。

「プリマドンナXS」というモデルで、ミルクメニューもボタン一つで作れるタイプ。
ドリップマシンと違い、基本的にエスプレッソとその派生メニューを作るものなので使う豆は深煎りです。
ということで、コストコでスターバックスのカフェベロナ(ダークロースト)とカークランドのエスプレッソブレンドを買ってきました。

スターバックス カフェベロナ ダークロースト

豆をホッパーに入れて、背面の水タンクに水を補充してセットすれば準備完了。
プリマドンナXSは省スペース型のため、ホッパーも水タンクもそれほど大量には入らないです。まあ足りなくなったらその都度補充すれば良し。
ただし、水が足りないと補充を促すメッセージが出るのですが、豆は残り少なくても何も表示されないので、ホッパーの中をよくチェックしておく必要があります。

デロンギ プリマドンナXS 豆ホッパー

エスプレッソは量が5段階、濃さが5段階から選べて、さらにホッパー内のダイヤルで豆を挽く荒さも調整できますが、これは規定値の「5」から動かさないのが推奨とのこと。
ボタンを押してから必要な分だけ挽いて抽出されます。
どの設定で淹れてもクレマがたっぷり。

エスプレッソ

ミルクメニューの場合は、ミルクタンクに牛乳を入れておき、好みの泡のサイズに指定してからラテやカプチーノなどを選ぶと作ってくれます。先にスチーム/フロスミルクを落としてからエスプレッソを抽出する流れ。
ミルクタンクは本体から取り外して冷蔵庫に保管しておけるので便利です。
落とす量はそれぞれカスタマイズできますが、いろいろ試した末にやっぱり初期設定が一番バランスが良いかなとリセットしました。

デロンギ プリマドンナXS スチームミルクの抽出

このふわふわのラテをいつでも作れるのはすごい。
砂糖を入れた? と思うくらいミルクが甘く感じる。一番甘味を感じる温度で抽出されるらしいです。

ラテ

ミルクタンクの代わりにスチーマーのアダプタに付け替えて自分でスチームすることもできますが、手っ取り早く作りたいなら機械に任せてしまうのが楽。
豆乳でソイラテも美味しい。

日々のメンテナンスについては、抽出後の豆のかすを捨てるのと、ミルクタンクを使った時は最後に洗うくらい。内部洗浄は起動・終了時に自動でやってくれます。あとは豆と水の補充だけなので大した手間ではありません。
長期的には水の硬度に応じて数ヶ月に一度石灰による洗浄が必要とのこと。これも洗浄時期を自動でお知らせしてくれます。

あとちょっとゴニョゴニョするとデロンギから豆のプレゼントがー。
ありがとうございます。

デロンギから送られた豆

どのメニューも美味しくて大満足なのですが、気になったところも書いておきます。
ホッパーの豆量警告がないのは前述の通りで、そのほかにはミルクとエスプレッソがこぼれないようカップに注ぐための位置調整が意外とシビアなこと、タッチパネルの反応が良すぎて意図せず押してしまう(特に電源ボタンを押す時にエスプレッソのパネルに触れてしまう)、水タンクが背面にあるので取り付け時にちょっとコツがいる、といったあたり。慣れれば問題なしですが。

これが来てから気のせいか豆の消費量が激増(笑)している気がしますが、長く使っていきたいです。
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2021/04/29(木) 09:44:37|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

GW前のイオンおはサイ

イオンおはサイ

火曜は先週に引き続きイオンおはサイへ。
早起きには慣れてきたが……寒!
アームウォーマー、レッグウォーマーにウインドブレーカー、グローブも春秋用とそこそこ着込んで出る。気温は5℃くらい。
アプローチはなんか脚が重くて、これは2日前のZwift Aペーサー練(過疎り過ぎていて自分とあと一人しかいなかった)のダメージかも、と思ったけど、周回が始まれば普通に脚が回ることもよくあるのであまり気にしないようにする。

周回の入口で姫さんと合流し、二人で流していたらI田さん、その後初参加のK村さんも合流。
K村さん、初めましてと思ったら数年前に袖ケ浦練でお声がけしてたらしい(完全に忘れてた)。失礼しました。
この4人でローテーションしつつ、35km/hあたりから始めて徐々に上げていく。
I田さんの後ろは楽だな~。

メンバーが揃うまでの流しが3周で、そこから10周だったか。
ペースの上げ下げがないのでとても走りやすい。脚はやっぱり重いけど。
38km/hまで上がってから、ラスト1周はフリーに。

K村さん、I田さんの順で先頭を牽いて、順番的に自分がリードアウトになりそうだったので、2コーナーを立ち上がってからシッティングで加速し、残り200mまでで出し切るように全開で牽く。
最後に二人のスプリントを見届けて終了。
リードアウトは27秒700W。最後にしっかり出し切って終われたので良かった。

この日意識したのはエアロフォームとソフトペダリング。
Zwiftばっかりやってるとパワーがすべてみたいな乗り方になりがちだけど、実走ではできる限り低いパワーで楽に集団に乗ることを意識づけたい。
そのためにも人と走るのはすごく貴重な機会になる。

その後、自分は子供の支度とかがあるのですぐ帰ったのだけど、Strava見たらI田さん達は残って何周もマッチスプリント練をやっていたらしい。
ますます差が広がってしまうな~。

走行距離:41.9km
走行時間:1時間27分34秒
平均時速:28.6km/h
平均心拍:137(183)bpm
平均ケイデンス:82rpm
消費エネルギー:851kJ
AP/NP/IF/TSS:162W/217W/0.82/97

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2021/04/28(水) 23:19:41|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おはサイ 富津公園ビルドアップ走

土曜はお天気も良さそうだったので、時間のとれる朝のうちに走っておこうと一人おはサイへ。
5:50出発で富津公園を目指す。
16号は信号引っかかりまくりで、ほぼ全部引っかかってたような……。

ようやく富津公園に着いたのが6:40くらい。今日は午前中に電化製品の配送が来るので8時には公園を出たい。
7周くらいはいけるか。
ラップタイムを見つつ、32km/hくらいから始めて1周ごとに少しずつペースを上げていくようにする。
3ヶ月Zwiftしかやってなかったので、エアロフォームを思い出すため全区間下ハンで。

富津公園(道路)

クロスバイクの女性が同じコースを走っていて途中で何回かラップしたのだけど、結構長い時間走られてたなあ。
風向きは北からだったので長い直線では大きな影響を受けずに走れた。
32→33→34→34→35→36と上げていって、最後は目いっぱい頑張るつもりで。
ラスト1周は8分35秒、295W、38.6km/h。疲れた……。

富津公園(食堂)

ベンチで一息つこうと暖かいコーヒーを買おうとしたら「つめた~い」しかない。
まだ朝晩は冷えるから残しておいてほしいなあ。
時間を見るともう8時だったので、コーヒーは買わず粉飴ジェル一袋だけ食べてすぐ出発。

帰りの16号は強烈な向い風を覚悟していたけど、意外とそうでもない。
ここでもひたすら下ハン持ってエアロフォームを馴染ませる。
Zwiftだとブラケットしか持たないから、やはりたまに実走しないと身体が固くなるかも。

市街地に入ってからはエチケットとしてネックゲイターを引き上げ、マスク代わりに。
これは去年買ったやつで、呼吸のたびに口に張りついて苦しいのでしばらく使っていなかったのだけど、ひっくり返してメッシュの部分を前に持ってくれば普通に呼吸できるのを発見したのでまた使い出した。
まさに「やってる感」だけなんだけど……。

走行距離:78.7km
走行時間:2時間33分26秒
平均時速:30.8km/h
平均心拍:147bpm
平均ケイデンス:88rpm
消費エネルギー:2022kJ
AP/NP/IF/TSS:195W/218W/0.82/171


【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2021/04/24(土) 23:36:19|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イオンおはサイで100日ぶりの実走

今年に入って実走したのは1月9日が最後で、あとはひたすらZwiftのみ。
理由はいくつかあるけど、準備が楽なのでちょっとした空き時間でも有効に使えるのと、事故のリスクを考えなくてよいという安心感も大きく、それを続けているうちにますます実走から遠ざかってしまった感じ。
乗る時間帯も朝から夕方へとシフト。今思うと毎朝5時半起きで乗ってたのが信じられない。

そんなところへI田さんから「火曜おはサイやるので来てください」という召集令状のようなDMが。
(行くかどうかは別としてメッセージは確かに受け取ったという意味で)「了解です」と返したものの、行くとしたらまず早起きしないといけない。完全に生活リズムが変わっちゃったからなあ。

しかし当日は奇跡的に5時に起きられたので、ホコリを被っていたヘルメットとサングラス、グローブを出して準備する。
ただあまりに久しぶりすぎて持ち物がよくわからず、ほぼ使うことのない補給食なんかは持ったのに、いつも必ず持って出るデジカメとスマホを忘れて出発。(なので写真はない)

100日ぶりのリアル世界は懐かしい~。
イオン周回に着いて、止まって待っていたら後ろからI田さんが来て、その後すぐにananさんも合流。
3人で相談して、2周アップしてから1周おきのスプリントを時間切れまでやることに。
ほんとはもうちょっとリハビリっぽいメニューでも良かったんですが……。(心の声)

スプリント周はスタートから速くて、ローテを回すだけでもきつい。44km/hとか。
普段は3本ローラーだから腰を上げてスプリントするのも何ヶ月ぶりだろう?
全部で4本だったか、最後はもうヘロヘロでリードアウトしてもらってもなかなか前に出られない有様。
キツいんだけど、おはサイってこんな感じだったなあ。

久々に良い刺激をもらえました。
どうやら火曜おはサイは定期的にやる方向のようで、来週は新しくチームに入られた方(自分は面識ないけど)も来てくれるみたい。
ちょっとずつ実走の機会も増やして、慣らしていこう。
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2021/04/21(水) 22:31:51|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ