タイトル

第2世代の「例のポンプ」は何が変わったのか

何年か使っていた「例のポンプ」ですが、機能的には何ら問題ないものの、アダプター部分のメッキが剥がれてみすぼらしい感じになってきたので買い替えました。
調べてみたらいつの間にか第2世代に変わっているらしい。

届きました。

例のポンプ(第2世代)

(みすぼらしくなった)第1世代と比べてみる。
長さがコンパクトになり、重量も106gから84g(実測)へと軽量化。その代わりアダプターの出っ張りが大きい。

例のポンプ 第1世代との比較

初期状態ではアダプターは米式モードになっているので仏式に変える必要があります。
やり方はアダプターのねじを緩めて以下のように伸ばすだけ。
以前のものだと一度分解してから中に入っている部品をひっくり返す必要があったので、同じように引っ張って「抜けん……」となり少しハマりました。

例のポンプ(第2世代) 仏式モード

バルブへの装着は、アダプターを差し込んでからねじを回して締める。
レバーでロックする方法ではなくなりました。これが使いやすくなったのかどうかは正直よくわからず……。ねじが切られていないバルブだとどうなのだろう。

例のポンプ(第2世代) バルブへの装着

あとは普通にポンピングすれば例によってダブルチェンバー機構で押しても引いてもエアが入っていきます。

ボトル穴用のマウントもついてきましたが、太さは変わらないので以前使っていたマウントが使えました。

例のポンプ(第2世代) マウント

ということで大きく変わったところは以下。
・コンパクト化&軽量化
・米式と仏式の切り替えが楽に
・バルブへの固定方法がレバー式からねじ込み式に
・本体がカーボン柄になって見た目が良くなった


気になったところとしては、
・若干の値上がり(500円くらい?)
・アダプターの開口部にふたがないので雨水などの浸入が気になる


という感じ。
試しに7気圧の状態から空気を増し入れしてみたら、相変わらず押し引きが軽い。この軽さはやはり強みかなと思います。

【関連記事】
「例のポンプ」は何がすごいのか
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2021/09/27(月) 08:02:30|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒデさん練で再びポルシェ周回へ

祝日の木曜は自主練が開催されるというので再びポルシェ周回。今回はBに逃げることは許されない雰囲気がありAで。
相変わらず股ずれが治ってなくてワセリンを大量投入。
10名ほど集まり、Aは7名。10周回で最終周はフリー、下宮田は5周目まで4.3倍、6周目から4.5倍というオーダー。

この日は日射しが結構強くて暑い。あと下宮田から先がずっと向い風なので先頭を牽いてると消耗する。
ポルシェ エクスペリエンスセンター前の舗装は綺麗になって道も広がったけど、スピードの乗る下りの途中なので右左折の車に注意しないといけない。ブラインドカーブの先にエントランスがあるので慎重に下った方が良さげ。

ペースは1周15分台くらいで、久々のAなのであんまり余裕なし。リズムを掴もうとするけど微妙に回復が追いつかない。
途中で内房練習ジャージの見慣れない人を吸収したと思ったら、何年ぶり? かの再会のK原さんだった。しばらく乗っていなくて最近また始めたとのこと。ブランクを全然感じさせない走りはさすが。

9周目でもうだいぶキツくなってきて、10周目のダム坂でのK保さんのアタックには反応できず。先頭にいたので脇にどこうとしたら逆に邪魔になってしまった。(すいません)
そこから先は完全にペースも落ちて単独サイクリング。弱いなー。
単純に普段の練習以上のことはできないという話。でも強い人たちと走って刺激はもらえたかな。

ヒデさん練

それにしても暑かった。
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2021/09/24(金) 06:52:42|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中袖10周リカバリー

中袖周回

3連休最終日。昨日の暁星の疲れをとるため6時台に出て中袖を流しに行く。
股ずれが気になるけど、ワセリン大量に塗っとけば大丈夫だろう(大丈夫ではなかった)。
風は北から弱く吹いていて、往路31km/h、復路33km/hくらい。

誰か知ってる人がいたら一緒に走ろうと思ってたけど誰もいなくて、9周目に知らないビアンキの方がいたのでご挨拶して追い越す。
そしたらしばらく一定距離を保って着いてきていたようで、せっかくだからちゃんと勧誘しとけばよかった。
中袖始点の工事はまだ終わっていない。長い。

10周走って千葉フォルニア(もうなんか正式名称として定着したらしく、Googleマップにもこれで記載されている)で写真を撮っていたら、偶然ananさんに遭遇。お話していると今度は師匠が。
走りやすいコースには人が集まるらしい。

チバフォルニア

その後、海浜公園のいつもの海が見えるベンチでボーッとする。
このひとときを得るために走っていると言っても過言ではない。知らんけど。

そういえばここ数日、左のクリートが(完全固定のLOOK黒なのに)やけにフレキシブルに動いていて、アシオマに変えたばかりだからペダルのせいかと勝手に思っていたけど、クリート見たらネジが1本どっかいってた。

クリートのネジがない

右はしっかり固定されてたのでちょっと考えればわかりそうなんだが、これに気付かないって相当かもしれない。
しかし原因がわかったので良かった。

あとこの日のライドで股ずれに止めを刺してしまったみたいで、もう完全に痛くて乗れない状態に。
困ったな。
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2021/09/23(木) 19:24:35|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3連休の暁星チーム練

3連休初日は台風の影響で雨だったのでZwift。90分ほどのグループライドで淡々と回す。
翌日は久々に暁星チーム練に参加。あ、今はポルシェ周回だっけか。
会長が不在だったので、(Aの面々の厳しい突っ込みをかわしながら)Bチームに混ぜてもらって、なるべく最終周までまとまっていけるようにペースを作る作戦。

Bは7名で8周、最終周はフリー。下宮田の坂は3.5倍、ダム坂は4倍くらいで、登りで上げすぎの人がいたら落としてもらう。
先頭牽きは意識して長めに、登りを抑える代わりに平地と下りはある程度踏んでいく。
途中で一人遅れてしまったが余裕ある人がレスキューに行ってくれた。自分も経験あるけどなかなか引導を渡してくれないのはありがた迷惑の場合もあり(笑)
集団内で明らかに力がありそうなのはショーマ君。

7周目で先にスタートしたAチームに追い抜かれ、平地で追いかける形になったが下宮田で離れる。
Aからこぼれた人を拾いつつ、ほぼまとまって8周目。フリーなのでダム坂で少し上げてみたけどこんなのでは当然ばらけない。

下宮田からもう1回上げて、一旦後ろは離れたけどポルシェ エクスペリエンスセンター前の下りでショーマ君が追いついてきた。
そこから二人で回し、チビ坂でショーマ君がアタックしたので何とか反応。最後のダム坂まで牽いて脚が終わる。
ショーマ君強いな。次からAで全然いけそう。

最後の下宮田が1分48秒381W。登りのペースを抑えていたので少し余力があったけど、Aの4.5倍とかだとじわじわ脚削られてまず残らなそう。
ほんとこのコース苦手だ。

終わってから楽しくおしゃべり。

暁星チーム練

帰り道で撮った、完成したばかりのポルシェ エクスペリエンスセンター。
マラソン大会が開催されるようだけど自転車のイベントもやってくれないかなあ。

ポルシェ エクスペリエンスセンター

久しぶりに100km走ったせいか、股ずれができてしまった。
いててて……。
【チーム練】カテゴリーの記事

  1. 2021/09/23(木) 18:56:47|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒラメポンプアダプターのゴムパッキンを交換

ヒラメ横カム

定番のヒラメ横カムですが、しばらく使っていたらレバーを締め付けても空気が漏れるようになってしまったので、ゴムパッキンを交換することにしました。

今回はパッキンと一緒にシールゴムリングも交換します。
シールゴムリングは溝に埋まっていて素手では取り出せないので、先の尖ったもの(安全ピンなど)でほじくり出します。

パッキンとシールゴムリング

新旧を並べて見てみると、ゴムパッキンの方は穴が広がっていました。空気漏れの原因はこれでしょう。
シールゴムリングは見た目の違いはわかりませんが、年数も経っているので交換。(パーツ自体も安いので)

KUWAHARA ヒラメ ゴムパッキンとシールゴムリング

交換したら空気漏れもなくなり、めでたく元の性能に戻りました。

ちなみにうちにはなぜかレザインのまったく同じ型のポンプが2本ありまして……。

Lezyne Classic Floor Drive ABS2 Track Pump Black

1本はABS2ヘッド、もう1本はヒラメがついています。
ABS2も使い勝手はいいのですが、やはり経年劣化で空気漏れが起きます。分解してみましたがヒラメのように簡単にはいかなそうで、結局しばらく使ってまたヒラメに戻りました。
定期的にゴムパッキンの交換だけやっていれば半永久的に使える、のかもしれない。
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2021/09/15(水) 23:38:05|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ