タイトル

10人で土曜おはサイ

土曜は恒例のおはサイへ。
暖かくなってきたので今週から30分早めて7:30スタートとした。数年前までは6時スタートでやってたけど、よく集まってたな……。
金曜日にかなり強めの雨が降ったので路面が心配だったが、午後からは晴れてくれたおかげで水溜まりは少なめ。

集合場所に行くと久しぶりのI田さん。その後も続々と集まって10名に。
今日は全体的に怖いメンツだ。ゴッティさんもいるしなー。
メニューはいつもと同じように往路抑えて復路は40km/hを目安に、2枚目の看板からフリーとした。
最初から速すぎると心が折れるので「1周目はウォーミングアップなのでゆっくりで!」と強調してスタート。

おはサイ

今日はK村さんがピストで参加。もちろんブレーキ付きなので普通に一緒に走れる。信号がなくて見通しが良いこのコースだからこそできると言えるかもしれない。ピストでおはサイ一度やってみたい。
往路は35km/hで安定していたが、復路は42、43km/hと上がっていって4周目で45km/h。フリー区間のもがき合いはローテーションの順番が良ければ参加、牽いて終わりそうだったらなるべく頑張って牽く、という感じ。参加した周は3周目が28秒606W、5周目が37秒543Wなど。

7周目くらいから復路の後半部分でイベント開催のため車線の間にパイロンが設置されてしまったので、集団に声をかけてもがきはおしまい。あとはローテーションで上げていくことに。
9周目はゴッティさんが50km/hくらいまで上げて長く牽き、次にK村さん、自分と回ってきたので速度を落とさないよう頑張って牽く。35秒516W。
10周目も50km/h超えのペースで早いローテを回して終了。
予想通りなんだけどきつかった。

終わってから数名で海浜公園に行って久々のドリンクタイム。
あ。自販機が電子マネー対応になってる!
もしかしてだいぶ前からかもしれないけど、これなら現金を忘れてもスマホがあれば水分補給できるので個人的にはかなりありがたい。

海浜公園の自販機

海浜公園で休憩

帰り道、路駐対策がなされた後でも一旦は路駐が戻ってしまった千葉フォルニアは、今日は1台も停まっていなかった。
パトカーが巡回に来ていたせいかも?

千葉フォルニア

おはサイ後は下の子のサッカーの試合の応援、帰ってから仕事関係のオンライン説明会とあれやこれや。
一瞬寝落ちしそうになった(笑)

走行距離:72.9km
走行時間:2時間21分16秒
平均時速:31.0km/h
平均/最大心拍:145/181bpm
平均/最大ケイデンス:79/116rpm
消費エネルギー:1175
AP/NP/IF/TSS:139W/189W/0.715/127
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2022/05/29(日) 23:43:48|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Zwift】ペースパートナーに新しく導入された「ダイナミック・ペーシング」とは何か

最近になりZwiftがペースパートナーを色々テストしていて、パートナーの種類が増えたりコースが変わったりしていますが、「ダイナミック・ペーシング」という機能が新たに追加されました。

Pace Partners Updated: Fresh Routes, More Bots, Dynamic Pacing(ZWIFT INSIDER)

これは簡単に言うと勾配に応じてペースパートナーの出力が変動するというもの。
ロードバイクでなるべく集団を崩さずに速く走りたい場合は登りを抑えて下りで飛ばすのが定石ですが、「ダイナミック・ペーシング」は逆です。
勾配が+3%以上になるとパワーは10%増し、-3%以上になるとパワーは20%減となります。

例えばA.Anquetilさんの場合、平坦区間では4.2W/kgで走っていますが、登りに入ると4.6W/kgに。

A.Anquetil(登り)

A.Anquetil(登りのパワー)

反対に下りでは3.4W/kgとなり、色までBペーサーと同じ緑に変わります。

A.Anquetil(下り)

A.Anquetil(下りのパワー)

ダイナミック・ペーシング機能が追加された背景としては、スマートトレーナーだと登りにさしかかると同時にペダルの負荷が上がり皆一斉に踏むので、ペースパートナーよりも前に人が出やすくなり、下りではその反対の現象が起きるため、集団をなるべくまとめるために導入されたとのこと。

走ってみると確かに以前よりも登りでバラけにくくはなっているのですが、それはいいんですが、登りがきつい(笑)
しかも自分はただの負荷付き3本なので斜度に応じた負荷変動がありません。従ってしっかり斜度の変化を見ていないと登りで置いていかれそうになる。
ということで以前より気が抜けなくなり、難易度が上がった気がしました。その代わりコースの難易度が下げられていて、バランスがとられているようです。(特にA)

今年の夏頃まではペースパートナーのテストが続き、その後安定したローテーションになる予定とのこと。
個人的にかなりペースパートナーにはお世話になっているので今後どんな改良が入るか楽しみです。
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2022/05/27(金) 00:03:44|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピーナッツさん合同練

土曜、いつものおはサイに行こうと支度して外に出ると、微妙~に雨がパラついている。
雨雲レーダーを見るとこんな感じで局所的に激しく降っていて、市原方面の人からは「雨がひどいのでお休みします」との連絡が。

雨雲レーダー

しかし袖ケ浦は何とか10時くらいまでは持ちそうだったので、多少降られるのは覚悟で出発。
しばらく雨続きで実走できていなかったし。
集合場所には何ヶ月かぶりのK山さんと、他のチーム(ピーナッツさん)の方々が。ここはエルサレムのように複数のチームの集合場所が重なっているのでいつも賑やかなのである。

しばらく待っていたらK村さんとO石さんが来てくれた。師匠もいたけどこれからあづみのセンチュリーライドに行かれるとのことでお別れ。
結局4人だけということになり、それならばピーナッツさんの練習に混ぜてもらえないかな……と交渉したら快くOKしてくれた。ありがたい~。

お話を伺うと、いつも中袖を4周していて後半の2周はペースを上げていくとのこと。ピーナッツさん側に初参加の方もいたのでローテーションは1列で、前半は抑え目でいきましょうと話し合ってからスタート。

ピーナッツさん合同練

思いがけず9人の大集団で走れることになった。
風向きがいつもと逆で、往路が追い風、復路が向かい風。往路は踏まなくても35km/hは出る。復路はもっとペースを落とすかと思いきや同じくらいの速度を維持していて、どっちのチームかわかんないけど先頭がかなり頑張っている様子。

2周目に入るUターンで集団後方にいたら先頭が遙か彼方に離れていってしまい、慌てて追走。そうか、いつものおはサイだと立ち上がりは緩やかに加速というのが暗黙のルールになっているからそれに慣れきってしまっていた。

2周目で既に往路・復路とも38km/hくらいで、ここからさらに上げていくのか……と不安になる。
3周目で往路42km/h、復路40km/hくらい。4周目で45km/h。徐々に牽ける人が減って3人くらいになるが、最後のUターンで車両の通過を待ったためまた大集団に。
立ち上がりから先頭を牽いて、この辺で既にだいぶきつかったけど少人数で回してゴール。

いつもより周回数は少なかったけど強度が高くて、かなりきつかった。ラスト1周は7分30秒で290W。
負荷のかかり方がおはサイとまったく違うので新鮮だったし、毎回同じメニューでやっててはいけないなと痛感した。
無理なお願いを聞いていただきありがとうございました。<(_ _)>

一緒に走ってみて良かったのは、「宗派」の違い的なものはあるけど、それも含めて良い刺激になったこと。
たまに他チームと交流しつつ刺激をもらったり参考にしたりしてお互いにレベルアップしていけたら理想的かなと思う。
またよろしくお願いします。

走行距離:44.3km
走行時間:1時間32分38秒
平均時速:28.7km/h
平均/最大心拍:140/184bpm
平均/最大ケイデンス:77/105rpm
消費エネルギー:714kJ
AP/NP/IF/TSS:128W/177W/0.668/71
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2022/05/22(日) 20:53:19|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NeokyoでAペーサーと走ってみた

最近Zwiftのメニュー画面が新しくなって、それと同時にペースパートナーもワトピアに加えてマクリ島のコースが常設になったっぽい。

マクリ島常設コース

先日Bペーサーと「Neokyo All-Nighter」を走ったらワトピアより楽に感じたので、それならAペーサーもちょっと楽になってるんじゃないかと期待して久々にジョインしてみる。
そしたら全然楽じゃなかった(笑)
先客が二人しかいないし。

Aは「Rooftop Rendezvous」(屋上でランデブー)という名前からして嫌な予感しかないコースで、下界の滞在時間は一瞬だけ。
4分弱の登りと2分ほどの下りを延々繰り返すというストイックなコース。

Aペーサー

最初はきつかったけどだんだん慣れてきて、5回目の登りでアタックしてみたらKOMジャージがもらえた。(走ってる人が少ないので狙いやすい)
計8回登ったところでログアウト。結局ランデブーできたのは3人くらいとAペーサーらしい閑古鳥だった。

しかし個人的にはワトピアの長い登りよりもこっちの方がまだ着いていきやすく、インターバル的な練習にはなるので、たまに刺激を入れるのにいいかもしれない。
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2022/05/12(木) 23:20:10|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

URC 白浜ロングライド

5月5日の子供の日はURCのロングライドに参加。
連休はこの日のために家族サービスを頑張って一日外出券(©️カイジ)をGETした。
しかし当日、微妙に遅刻してしまい集合場所の矢那川ダムに8時4分に着いたら既に誰もいない。
急いで追いかけてアカデミアパークの登りで集団に追いつく。

大井戸ミニストップに20数名が集まり、会長からは「今日は練習ではなくサイクリングなので4チームに分けてA相当の人が後ろを確認しながら牽いてください」との指示。
自分はO石さん、会長と、初対面のA山さん、(お名前聞き忘れのため)コルナゴさんというチームで最後尾からスタート。
A山さんとコルナゴさんの走力がわからなかったので最初はかなりゆっくりペースだったが、会長から「走れる人たちなのでもっと上げていいよ」とのことで登りは3.5倍に。

410号に入り、ここから次の休憩場所までは一本道なのでロマンの森からは各自のペースでとなり、登り4倍くらいでO石さんと走っていたら一つ前のチームに追いつく。そのまま君鴨トンネルをくぐって長狭セブンで小休止。
ここで偶然先日の赤城山一周でご一緒したB場夫妻と遭遇。こっち側も赤城山メンバーのほとんどがいたので局所的に盛り上がった。

ここからまた4チームに分かれ、今度は1番手スタート……と思ったらO石さんがいない。貴重な機関車がー。
酪農のさとまでまとまって登り、千倉に向けて下り基調のアップダウンを牽く。
あれ? いつの間にかO石さんが追いついてきていた。

URCロングライド 往路

千倉海岸に出てからもO石さん・会長の牽引でいいペース。
途中、海岸沿いに壁画がいくつも並んでいるスポットがあり、映える写真を撮りたいということでその撮影風景を撮る。

URCロングライド 千倉海岸の壁画

URCロングライド 千倉海岸

そしたら後続組にパスされた。内房トレインてなんか客観的に見るとガチっぽいな。

URCロングライド 他のチーム

無事に白浜のおどやに着いて、お昼ご飯を買い込む。腹ペコなのでソースカツ丼とフルーツゼリー。
ここまでで80km。
おどやのソースカツ丼、作りたてなのか暖かいしカツもサクサクで美味しかった。

白浜

おどやのソースカツ丼

しばらく休憩してから復路スタート。復路は安房グリーンラインからフリーで、下った先のコンビニで一旦集まり、そこからはまとまって平群クラブハウスまで。
安房グリーンラインは後方から登り始め、トンネル先からはネモッティと二人になる。自分のペースに合わせてくれたけどまあまあきついペース。

いろいろおしゃべりしながら走ってセブンに着き、この辺りでいつもより脚を残せている感触があった。以前は大体グリーンラインを超えたくらいで脚が終わっていたけど、今日はまだいける……かも。

URCロングライド 復路

平群クラブハウスは、久々に来たけど前とすっかり変わっていて驚いた。

平群クラブハウス

なんかおしゃれなカフェみたいなのができてる!

HEGURI HUB Deli & Café

平群クラブハウスのショーケース2

平群クラブハウスのショーケース

あとこのガチャ。なんのガチャかと思ったらサイクリングコースが出てくるらしい(笑)
「ソフト」(40~60km)と「ハード」(60~80km)の2種類がある。
この辺りの地形的に、距離だけでは伝わらない辛さが間違いなくあると思うがそこはあえて何も言わず送り出すのかな。

平群クラブハウス ガチャ

ここからの帰りが辛くて、今までの4チームはなくなり、Aチーム相当はしいたけ村、戸面原を超えてから鹿野山更和口を登り、福岡を下ってミニストップに行くという鬼ルートが提示される。
えー。
こっそりBに入ろうとしたらなぜか自分がAのリーダーに指名され、逃げられず。
もう腹をくくって行くしかない。

何年ぶりかの(最近こればっかり)しいたけ逆走はのぶさん、まささんと一緒に登り、既にかなりきつかったが何とか千切れず登頂。
次の戸面原も3人で。これまたギリギリで着いていく。
戸面原の下りは一応前に出て牽いたりしてみるが、鹿野山登る脚はもうないかな、という心境。

関尻の三叉路を直進し、鹿野山へ。こっちから登るのも何年ぶりだろう。
途中までまとまって、斜度がきつくなってからはさすがに二人のペースに着いていけなくなり、マイペースでフラフラと。暑い。
それにしても後続のヒデさんやO石さん達はなかなか現れない。もしかして登ってないのか。

何とかマザー牧場まで登り、宝竜寺口へのT字路からの激坂で前方にのぶさんかまささんのテールライトが見えた。
そこから福岡口を下って待っていたのぶさんと合流。あれ? まささんがいない。
もしかして宝竜寺口から帰ったのかも、と話していたら秋元口を下っていたみたいで、ミニストップで無事合流できた。
ヒデさん達は用事があったためやっぱり鹿野山はスルーしていたみたい。結局3人しか登っていなかったのか。

そこからは流れ解散で。KONさんのシフトワイヤーが切れてしまい、トップギア固定でアカデミアの激坂をSFRで登っていたので二度見してしまった。(自分なら押してる)

走行距離は168km、獲得標高は1820mとここ最近では結構頑張った。
今回は前半にうまく脚を残せて、補給もうまくいったおかげか当社比ではまあまあ走れたように思う。100km超えたら脚が終わるジレンマ(ジレンマというか単に弱いだけ)を少し乗り越えられたかも。

「サイクリング」とは何だったのか? という疑問は残ったものの、久しぶりに会う人ともお話できたし、お天気も最高で良かった。また次のイベントを楽しみにしていよう。
お疲れ様でした!

白浜 集合写真



走行距離:168.4km
走行時間:6時間28分26秒
平均時速:26.1km/h
獲得標高:1820m
平均/最大心拍:135/183bpm
平均/最大ケイデンス:81/118rpm
消費エネルギー:3145kJ
AP/NP/IF/TSS:135W/174W/0.654/294

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2022/05/05(木) 23:36:31|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ