タイトル

土曜おはサイと「ごくりっ」会

土曜はいつものおはサイへ。
この日は事前の予報でさんざん「暑さに注意」と言われていたので強力な日焼け止めを塗って出発。
7時の時点で既に日射しが強い。

集合場所に行くと今日は6名。
袖ケ浦のサイクルジャンボリーに誰か行ってるかと思ったら、人が集まらず中止(延期?)になったみたいで。
ニセコ、富士ヒルと大きなレースの翌週だったから時期が悪かったのかも、と聞いてなるほどと思った。

そしてこの日は暑いだけでなく南東方向からの暴風がひどい。
いつもと風向きが逆で、おそらく往路は軽く踏んでも40km/hは出るだろう。逆に復路は非常に向かい風がきついことが予想されるので早いローテにする。
あとはいつものように残り400mの目印からはフリーで。

おはサイ

始まってみると往路は確かに追い風だけど軽く40km/hは言い過ぎた。普通に流して35km/hといったところだが、最初のミーティングで40km/hとか言ってしまったせいか往路のペースが思ったより速くなってしまう。
それに加えて復路の向かい風は予想通りきつく、しかも人数も少ないので休めない。
ローテに入れる人数が減りそうだったので途中で往路のペースを少し下げてもらった。

7周目でI田さんのスプリントに着いていって、最後に横並びで差せるかと思ったけど差し切れず、そこでほとんど脚が終わる。
しかし8周目で休みを入れたら少し回復。

10周目の復路はペースが上がったため途中からananさん、I田さんと3人ローテになり、ほぼ限界近くでフリーゾーンに入ったが、(でかい)I田さんの後ろだったので最後に少し脚を残せた。

スプリントに参加したのは6、7、9、10周目で、それぞれ18秒637W、29秒639W、18秒607W、13秒613W。
暑さと強風でいつも以上にきつく感じる。クーラーのない暑い部屋でローラーを回しても外の暑さにいまいち順応できてない気がするのはなんでだろう。(暑熱馴化を狙ってクーラーをつけていない訳ではなく、ただ単に無い)

あまりに暑いのとやや脱水気味だったので、終わってからI田さんK安さんと海浜公園に行って日陰でだらだら過ごす。

デカビタC

この暑さだと9時を過ぎたらもう乗りたくないな……。
お疲れ様でした。

----

この日の夜は、久しぶりに自転車仲間3人との小規模な飲み会に参加。「ごくりっ」というお店。
前回はコロナが本格化する前の2年4ヶ月前だったみたいで、なんだか年月以上に遠い昔のような気がしてしまう。

オーダーを取りに来てくれた人がどっかで見たことあるな~、あの人に似てるんだよなぁと思っていたけどお互いマスクなので確信が持てず、3回目に来た時に思い切って聞いてみたらやっぱりよく知ってる人だった。
向こうも同じように思っていてこっちがマスク取るのを待っていたらしい(笑)
久しぶりに会ったけど元気そうで良かった。

お酒

料理もお酒も美味しくて大満足。
話題は尽きず、あっという間の時間だったな。

走行距離:72.9km
走行時間:2時間35分6秒
平均時速:28.2km/h
平均/最大心拍:138/179bpm
平均/最大ケイデンス:76/118rpm
消費エネルギー:1179kJ
AP/NP/IF/TSS:127W/175W/0.659/119

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2022/06/26(日) 23:40:48|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おはサイからのmaloloライド

土曜はいつものおはサイへ。
今週末はニセコ、富士ヒルと大きなレースが重なっているので参加者が少ないかも。どうしようか迷ったが、とりあえず開催してみて集まった人で練習しようということに。
結果的には7人集まってちゃんとした練習ができたので良かった。

おはサイ

メニューはオーソドックスに往路抑えて復路は速め、ラスト400m区間はフリー。
1周目はウォームアップでゆっくり走る。
前半の復路はローテ順でリードアウトが多く、フリー開始地点で50km/hくらいになるようじわじわ上げて離脱。
これはこれで仕事した感があって結構楽しい。

後半はもがき合いに参加できるタイミングもあり、7周目が28秒637W、8周目が25秒644W、10周目が27秒634W。
I田さんと競り合いになってちょっとイオンおはサイを思い出した。最近やってないけど。
あとK津さんが前回よりさらに強くなっていて、シッティングのまま1位とったりしてる。どういう脚力なのだろ……。

今回も楽しい(辛い)練習会だった。

----

帰宅後は知人のリハビリを兼ねてゆるいカフェライドへ。
午後から雨が降りそうだったので近場で、市原に最近できたばかりの「malolo」(マロロ)というカフェを目指す。
開店が12時なので有秋台の方に少し回り道をして開店10分前に到着。既に待機中の先客あり。

お店は広大な田んぼの中にカラフルな店舗がぽつんと佇むというロケーション。
360度田んぼに囲まれているのに中に入るとおしゃれなハワイアンというギャップが新鮮で、異空間に迷い込んだような気分になる。

まろろ(店内2)

まろろ(店内1)

ワッフルはアイスも付いて盛り沢山。(1,100円)

まろろ(ワッフル)

チャーシュー丼は少し小ぶりだがご飯が見えないほどの厚切り肉が乗っていて、とても柔らかくて美味しい。(700円)

まろろ(チャーシュー丼)

ドリンク系もこの手のカフェでは良心的な価格設定だと思う。店員さんも感じが良かった。
後からどんどん客さんが来ていて人気があるのも納得。
ここはまた来てみよう。



走行距離:70.4km(49.3km)
走行時間:2時間13分54秒(2時間26分44秒)
平均時速:31.6km/h(20.2km/h)
平均/最大心拍:141/181bpm(120/151bpm)
平均/最大ケイデンス:79/126rpm(67/99rpm)
消費エネルギー:1173kJ(690kJ)
AP/NP/IF/TSS:146W/196W/0.739/127(78W/102W/0.386/39)

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2022/06/12(日) 19:01:08|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Zwiftの通信落車の原因と、ANT+ドライバーのインストール手順メモ

ひと月ほど前にZwift用のPCを変更したら、それまで通信落車は全然なかったのに急に出始めるようになりました。
環境は、Windows10 PCのUSBポートにANT+ドングルを差し、パワーメーターはAssioma DUO。
なんでだろうと思っていたのですが、よくよく見てみると、

Zwift ANT+のアラート

ん?

Zwit センサー接続画面(ANT+のエラー)

これって、ANT+で接続できてないのでは?

試しに、ZwiftalizerというZwiftのログ解析サービスに通信落車した時のログを解析させてみたところ、

Zwift Analyzer

やっぱりBluetooth接続になってた……。
前のPCもWindows 10で、ANT+ドングルを差すだけで普通に使えていたので、新しい方でも何も考えず差しただけで使っていました。

試しにデバイスマネージャーで見てみると、ANT USB Stick2に「!」マークがついている。

デバイスマネージャー

つまりANT USB Stick2のドライバーが入っていなかったために、(接続が不安定な)Bluetoothでパワーメーターも心拍計もつながっていたということか。
それならばドライバーをインストールすれば解決するはず。
ということでやってみたのですが意外と苦戦したので以下自分用メモ。

まずこのページにアクセスしてドライバーをダウンロードします。
右上の「↓」ボタンを押してデスクトップなど適当な場所に保存。

ドライバーダウンロード

次にANT+ドングルをPCに差してからスタートボタンを右クリック → デバイスマネージャーを起動。
「ANT USB Stick2」を探して右クリック → 「ドライバーの更新」 → 「コンピューターを検索してドライバーを検索」。

ドライバーの更新

次の画面で、普通に「参照」ボタンから先ほどダウンロードした「Driver_ant_usb2」 → 「x86」フォルダを選択すればいけるのかと思いきや、なぜか「インストールできませんでした」みたいなメッセージが出てしまう……。

そこで「コンピューター上の利用可能なドライバーの一覧から選択します」を選択。

ドライバーの参照

次の画面で「ディスク使用」を選択。

ドライバーの選択

次の画面で「フロッピーディスク」という単語が気になって内容が飛びそうになりますが、「参照」ボタンを押して、先ほどダウンロードした「Driver_ant_usb2」の下にある「ANT_LibUsb.inf」を選択。

フロッピーディスクからのインストール

前の画面に戻り、「次へ」を押したら無事にドライバーがインストールできました。

更新完了

Zwiftを起動してみたら、めでたくANT+のエラーも消えて、通信落車もなくなりました。

Zwit センサー接続画面(正常)

結局のところ、ただ単にANT+ドライバーを入れ忘れていて不安定なBluetooth接続になっていたのが原因だったというオチです。
手持ちのパワーメーターも心拍計もANT+とBluetoothの両方に対応していたため、気づくのが遅れました。(言い訳)
PCが変わったタイミングでまたやってしまいそうな気がします。
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2022/06/09(木) 17:56:31|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨入り前のハーフ&ハーフおはサイ

おはサイ

土曜はいつものおはサイへ。
今週は時間がとれず3日連続乗れなかった割に脚が軽い訳でもなく。
のろのろと集合場所に向かう途中でH房さんとスライドしたのでご挨拶。

集まったのは5名。今日はいつもと少しメニューを変えて、復路は前半5周を早いローテのスプリントなし、後半5周を普通のローテでスプリントありとしてみた。言うなればハーフ&ハーフおはサイ(ピザか)。
レースが本格化するシーズンなので密集した集団に慣れておくのと、最初から高強度だと後半タレてしまう場合もあるので前半は抑える作戦。

3~4周目で他のチームの集団が後ろから来たので左に寄ってパスしてもらう。
次の周回で一人降ってきて自分たちの集団に入る。
会長と何か話しているのが見えて、ははーん、これは遅れた人を前の集団まで運んであげる作戦だな、と思って先頭を頑張って牽いていたが、よく見たらサトシ君だった。久しぶりすぎてわからなくて敬語で話しかけてしまった。

後半はスプリントありで強度が上がる。
6周目で21秒639W、9周目で25秒648Wなど。ローテ順でananさんがほぼ毎周リードアウトになってしまっていたが、10周目は自分がリードアウトできた。
K津さんも最後まで競っていて来る度に強くなってる気がする。たぶんすぐ抜かれそう。
あとそうだ、途中離脱だったけど会長が50km/hで先頭を牽いていてGarminを二度見した。自分があの年齢で同じことができるかどうか。(いやできない)

終わってから残ったメンバーで自転車談義で盛り上がる。本当に、同じ趣味の人同士だと話が尽きないなー。
楽しいひとときでした。

週明けは早くも関東で梅雨入り宣言があり、しばらくはZwiftの比率が上がりそう。今も十分高いけど。

走行距離:70.1km
走行時間:2時間15分41秒
平均時速:31.1km/h
平均/最大心拍:145/180bpm
平均/最大ケイデンス:79/114rpm
消費エネルギー:1181kJ
AP/NP/IF/TSS:145W/182W/0.686/110

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2022/06/06(月) 23:16:02|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マッサージガンで鋼鉄の肩こりをほぐしてみた

最近強烈な肩こりに悩まされていて、揉んでも叩いても、ストレッチしても全然楽にならないので、以前から気になっていたマッサージガンを買いました。
買ったのはARBOLEAFというメーカーの「J2」という小型のモデル。定価7,000円ほどですが、Amazonでセールになっていて4,000円で買えました。
これが予想以上に良かったのでレビューします。

正直、マッサージガンは種類がいっぱいありすぎてどれにしたらいいのかまったくわからず、見た目と直感のみで決定。

arboleaf J2 マッサージガン 本体

マッサージガンとは要するに電気の力で叩いてほぐすマッサージ器具の一種なのですが、ほかのマッサージャーと違うのは「ストローク量」が大きいという点。
動かしてみると目測で10mm以上はストロークしている。ここが従来のぶるぶる震える他の器具との大きな違いで、深部まで刺激を入れることで筋肉をしっかりほぐしてくれます。

arboleaf J2 マッサージガン ストロークの様子

アタッチメントは4種類あり、球形は肩や太もも、U字は腕、円錐は足裏、円形はふくらはぎといった使い分けがマニュアルには書かれていましたが、あまり深く考えず全部球形でやっちゃってます(笑)
脱着は簡単で引っ張って外し、差し込むだけ。

arboleaf J2 マッサージガン アタッチメント

バッテリーは充電式(USB-TypeC)で、2時間充電して最大8時間可動とのこと。
操作は、本体の底部に電源スイッチがあるのでそれを1.5秒押すと起動。起動後は1回押すごとに4段階で強さが上がっていき、1分間に1500回~3000回までストロークの速さが増していきます。
4回押すとAIモードになり、押し当てた強さに応じて速さが変わる(弱いと少なく、強いと多くなる)モードに。さらにもう1回押すと最初に戻る。

で、フル充電してから早速鋼鉄の肩に当ててみました。

お……おおおお~~~~

これ、レベル2くらいでもめっちゃ強力なんですけど。
従来の振動マッサージが「ヴ~~~ン」だとすると、こっちは「ズドドドドドド!」という感じ。
特に首筋なんか当てた日には奥歯ガタガタ言わせたろかい状態(?)になるほどで、正直なめてました。
強力なので一箇所に当てすぎず、数秒おきに少しずつ場所をずらしながらほぐしていくのが良さそう。
そして15分ほどやっただけで肩こりがいきなり消えている……。

何というか、今まで買った歴代の(クソデカ)フットマッサージャー、ネックマッサージャー、タイガーテールなんかが全部いらなくなってしまうくらいのインパクトがありました。
逆にやりすぎると揉み返しがくるほど。

特にいいなと思ったのは、本体がコンパクトなので手の届く場所に置いてちょっとしたすき間時間でマッサージできること、もう一つは普通のマッサージャーでは当てにくい部位にも使いやすいこと。例えば二の腕や肩甲骨周り、腰周り、大腿四頭筋など。要は全身どこにでも使える。
肩こりだけでなく筋トレやサイクリングの疲労回復にも効果ありそう。

個人的にはAIモードが気に入っていて、全体的にほぐしつつ、コリがひどい場所を見つけたらちょっと強めに押し込んでパワーを上げる、というのがスマートで使いやすい。(実際はAI要素はなくて可変モードと言った方が正確ですが)

という感じでざっくりとまとめ。

[Good]
・コンパクトだがパワーは十分
・AIモードが便利
・作動音は50dBと騒音にならない程度で静か
・電源スイッチが底部にあるので使用中に誤って押すことがない
・振動速度を上げても本体側はある程度抑えられていて、手がしびれにくい

[Bad]
・本体は400gありずっしりと重い
・コンパクトゆえに背中などは一人では当てにくい
・バッテリーの残量がわかりにくい
・ハードケースは付属していない(収納ポーチは付属している)

あとは耐久性とバッテリーの劣化がどうか、というところ。
構造自体は単純なので壊れにくいと思いたい。

数日使ってみて、自分は既にこれがないとキツい状態になってしまってますが、肩こりで悩んでいる人にはおすすめしたいです。
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2022/06/05(日) 18:43:10|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |