タイトル

路面ウエットで蒸し暑いおはサイ

先週の土曜はいつものおはサイへ。
寝ている間にかなりの雨が降ったようで、路面が所々ウエットな状態。
周回コースは水はけが悪いのでドロドロを覚悟する。

7時に集合場所に行くと今日は6名。
なんかメンバーが濃いな……。
スタート直前にananさんの自転車がパンクしていたのがわかり、修理の間に1周流すことに。

最近やっと涼しくなってきたと思ったのに、この日はかなり蒸し暑くて危険な予感。
スポットクーラーをガンガンに効かせたZwift生活に慣れてしまって暑さ耐性ゼロ人間になっているので、高温多湿環境に耐えられないかもしれない。

おはサイ

走り出すとやっぱり水溜まりが多かったけど暑さで乾くのも早かった。
そして案の定というか、普通に走ってるだけで辛くて、中強度はまだ何とか誤魔化せるが高強度が全然踏めない。
復路のスプリントもほとんど絡めずフリー区間はお見送り。

最終周は僅かな力を振り絞って集団に着いていってスプリント。復路が3分5秒296W。
一応最後まで走れたので良かった。
が、早く涼しくなってほしいなあ。

終わってから集まったメンバーとしばらくおしゃべり。
楽しいんだけど日陰が欲しい(笑)

全員リムブレーキ

走行距離:70.2km
走行時間:2時間21分35秒
平均時速:30.0km/h
平均/最大心拍:139/181bpm
平均/最大ケイデンス:75/109rpm
消費エネルギー:1082kJ
AP/NP/IF/TSS:127W/169W/0.637/103
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2022/08/29(月) 23:48:13|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Zwift】ペースパートナーの現在地を確認する方法

ペースパートナーB

Zwiftのペースパートナーが気がつくと11人くらいに増えていてだいぶ賑やかになりましたが、メニュー画面から各ペースパートナーの現在地を確認する方法があったのでメモしておきます。

参考:New Zwift Feature: See Pace Partner Locations Before Joining(ZWIFT INSIDER)

調べ方は、まずメニュー画面から調べたいペースパートナーを選択。

ペースパートナー選択画面

すると画面右側にペースパートナーのステータス画面が出てきます。

ペースパートナーのステータス画面

マップを拡大するとこんな感じですが、さらに拡大すると……

ペースパートナーのコースマップ

この黒い丸にペースパートナーのビーコンが書かれているマーカーが現在地です。

ペースパートナーのコースマップ(拡大)

リアルタイムでは動きませんが、一旦マップを閉じてから開くと移動しています。
上記の他にグレーとオレンジのマーカーもあり、こちらはアイテムがもらえるゲートなどで固定のようです。

最近のペースパートナーはダイナミック・ペーシングにより登りで出力を上げるので、ペースパートナーにJOINする時に、最初は足慣らしでいきなり強度を上げたくないといった場合には現在地情報が役立つかもしれません。
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2022/08/25(木) 23:40:54|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少人数でおはサイ、とXertのPolarity Ratioについて

先週の土曜はお盆休みを挟んで2週間ぶりのおはサイへ。
殺人的猛暑も落ち着いてきて朝晩はだいぶ涼しくなってきたけど、Zwift部屋にスポットクーラーを入れてから練習環境が快適になって、ますます実走の機会が減ってしまっている。
それでもやっぱり週に一度は実走で人と走って集団走行のカンを鈍らせないようにしたい。

集合場所に集まったのは4名と少なめ。
周回数は8周にして、往路復路とも普通のローテで2枚目の看板からフリーに。

おはサイ

人が少なくていまいち迫力に欠けるので集中線を入れてみた。(無意味)

おはサイ(集中線)

この日は順番的にリードアウトになることが多くて、しかも復路が微妙に向かい風なので結構しんどい。
リードアウトした周のログを見ると3周目が1分26秒322W、4周目が1分23秒349W、5周目が1分29秒360W、7周目が1分31秒371Wと少しずつ上がっていた。ていうかもっと早めに交代しても良かった気がするが、少人数なので長めに牽こうという意識が働いたということですいません。

7周目でゴッティさんが合流。このタイミングで強力な助っ人が来てくれたので周回数を伸ばそうかと一瞬考えたが、自分自身がめちゃくちゃ疲れていてその気力がなく予定通りに。
8周目はゴッティさんの長いリードアウトからスプリントしてフィニッシュ。

スプリントは6周目が22秒636W、8周目が26秒650W。K津さんが腰を上げてスプリントしているのを初めて見た。とにかくパワフルで後ろに着くタイミングを逃すともう追いつけない。
何ワット出てるんだろう……。
今日も楽しかった。

Xertのログ(クリックで拡大)はこんな感じで、Difficulty Scoreは79。Max Speedは8周目の58.4km/h。

チャート400

Xertと言えば、"Polarity Ratio"という指標があるのに最近気づいた。これはアクティビティ全体での「閾値以下と閾値以上の滞在時間比率」を表したもの。この日のログでは「90:10」となっていた。リカバリー走の強度なら「100:0」になる。

最近のログを辿っていくと、Zwiftも含めて閾値以上が「10」を超えることはほとんどない。最も閾値以上の比率が高かったのが日産スタジアムのレースで「85:15」。ただしこれはフィニッシュ後の押し歩きも含めてしまっているので実際はもっとありそう。
車でおはサイに直行した時(行き帰りの行程を除いた状態)が「86:14」だったので、つまりおはサイってほとんどレース強度に近いのかもしれない。

帰り道はananさんとゆうたろう君と3人で話しながら帰ったのだけど、3人ともパイオニアが壊れてアシオマを買ったという共通点があった。
やっぱり壊れるよねえ。
1回は修理したのだけど、2回目(の修理費)で乗り換えを決意。アシオマは今のところ何回もペダルヒットしてボディを削りまくっているけど問題なく使えている。(←上手な人はそんな何回もヒットしない)

走行距離:58.7km
走行時間:1時間56分7秒
平均時速:30.5km/h
平均/最大心拍:不明(つけ忘れ)
平均/最大ケイデンス:76/122rpm
消費エネルギー:938kJ
AP/NP/IF/TSS:135W/186W/0.700/99

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2022/08/22(月) 23:57:53|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お盆休みは南房総で水遊び

久々に旅行エントリ。お盆休みは姪っ子家族と一緒に近場の南房総に行ってきた。
まずは定番の勝浦海中公園の近くで礒遊びをして、

勝浦

宿泊先の御宿でBBQ&花火。

BBQ2

朝はサーフィン……はできないので砂浜でボーッとする。

御宿海岸2

台風の影響で波が高いので内房の岩井海岸に移動してボディボード。

ボディボード

ボディボード、自分もやってみたけど全く波に乗れない(笑)
ちょっと早めに漕ぎ出すのがコツ?
子供の方が上手かった。
岩井海水浴場は水が温かくて、温泉みたいにずっと入っていられる。

久々に車で南房総を走ったけど、改めて信号が少ないなと感じた。89号線なんか20kmくらいないのでは。
なかなか最近はロングに行く時間がとれないけど、今度は自転車で来てみたい。
【旅行】カテゴリーの記事

  1. 2022/08/19(金) 19:10:01|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土曜おはサイとXertの難易度グラフについて

土曜はいつものおはサイへ。
ずっと酷暑が続いていたけど今週末はやっと涼しい!
これくらいの気温だと最高だな。

ちょうど7時ぴったりに集合場所に着いて、集まったのは9名。
往路抑えて復路は早いローテでラスト400mからフリーというのはいつもと同じだけど、今回はちょっとやり方を変えて、1枚目の看板から1列になり集団のペースを少し上げてもらうようにした。
なぜかというと2列の状態から各々スプリントに入ろうとするとラインが交錯して危ないので。
それに加えてフリー区間は必ず右から抜いてもらうようにする。

……という目論見だったのだけど、復路のペースが最初から速いために1枚目の看板を過ぎても長くリードアウトできる人が少なく、結果としてあまり変わらなくなってしまった。(若干の向かい風だったというのもある)
メンバーと相談して1枚目までは38km/hに抑え、そこから2枚目まで40km/h→フリーという形に。
これでイメージしていた通りになった。色々とアドバイスをもらえてありがたい。

おはサイ

今日は中学生のダイゴ君も来ていて、自転車もパナソニックからジャイアントの戦闘力高そうなやつになっていた。
フリー区間でもしっかり着いてきてたし、どんどん強くなりそう。
それにしても、もはやリムブレーキユーザーは少数派になってしまった。ホイールの選択肢も狭くなっていくんだろうな。

スプリントに参加したのは4、6、7、9、10周目。9周目はK津さんと競り合って26秒639W。K津さんずっとシッティングで自分が腰上げてスプリントしてるのになかなか差が縮まらないのはどういう脚力なのか。ギリギリ交わしたけどほぼ横並び。
10周目はいいポジションでフリー区間に入れるかなと思ったらヒデさん列車にかなりの速度差で抜かされ、頑張って追ったけどananさんに追いつけず。完全にやられた。27秒550W。

今週もありがとうございました。

最近またXertを少しいじっていて、MPAと難易度がわかるグラフを見るとなかなか興味深い。

おはサイチャート
(クリックで拡大します)

紫の線がMPAで、緑は速度、下の方の網掛けは標高ではなくDifficulty Score(難易度スコア)。
MPA(Maximal Power Available)はある特定の時間に対して出せるパワーの上限値を示す指標で、限界に近づくほど下がっていく。Golden CheetahのW'balと同じ類いのもの。

しかしここで注目したいのは難易度スコア。これは「繰り返されるハードな努力や持続的な努力の効果を捉え、定量化したもの」で、より高い難易度に到達することは運動能力の向上を示す一方、それはそのまま「疲労」の指標でもある。
タイムトライアルなどでは不必要に難易度スコアが上がりすぎないようにコントロールすることで、ペース配分に良い結果をもたらすと書かれている。

おはサイのグラフを見ると1周終えるごとに段階的に上がっていって、10周目で82まで上がっていた。
これを一つの目安とすれば、例えば同じ練習で70までしか上がらなかったら追い込みが足りないか疲れている、逆に90以上まで上げられればフィットネスが向上したと言えるのでは。

運動強度を見る指標としてはIF(Intensity Factor/NP÷FTP)があるけど、アクティビティ全体から算出すると体感強度とずれる場合がある。難易度スコアは時間軸で変動の様子がわかるところが良い。
ちなみにXertのダッシュボードでは各アクティビティサマリに「Difficulty Score」が表示されるので、グラフを開かなくてもその日の最大難易度スコアが簡単にわかるようになっている。
「この日、どれくらいの強度だったか」が直感的にわかるのでこれから定期的にチェックしてみたい。
【パワトレ関連】カテゴリーの記事

  1. 2022/08/08(月) 23:53:48|
  2. パワトレ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ