タイトル

9人でおはサイ、と初の氣志團万博

おはサイ

3連休の初日はいつものおはサイへ。
ちょうどこの日からおはサイコースの近くで3年ぶりの氣志團万博が開幕。それに伴い海浜公園付近は通行止めになるけど、おはサイのコースには影響なし。ただし、シャトルバス利用者の駐車場がすぐ近くにあるので車や人の往来が増えるであろうということで、特にフリー区間は注意して走りましょうと事前に意識合わせをする。

現地に集まったのは6名と少なめなので周回数を減らし、8周にしてスタート。
すると2周目の往路の途中にTTバイク2台が。あれは……MIKさんとみえさんだ。
ananさんと相談して10周に変更(笑)
後からツッチーさんも合流して9名に。

メニューは往路・復路とも1列ローテで、往路は35km/h、復路は1枚目の看板まで40km/hくらい。2枚目までじわじわ上げて2枚目を過ぎたらフリー、といつもと同じ。
……の予定だったけど復路は追い風もあり速度が乗りやすく、普通に45km/hペースだった。
毎週走ってる息の合ったメンバーなのでこのペースでも安心して走れる。

この日はMIKさんがスプリントには参加しない代わりに復路で高速リードアウトをしてくれた。
後半は47、48と上がって9周目は51km/h。何人かは途中で遅れてしまったが、これを耐えて着いていけると楽しくなる。(きついけど)
普段より一段高い速度域で牽いてもらってしがみつくのはすごくいい練習になるな。(きついけど)
フリー区間は47秒477W。

10周目もMIKさんの50km/h列車を耐えてからのスプリント。
少し早めに飛び出したけどananさんにしっかりマークされ最後は綺麗にまくられて完敗。
最後にまた踏み直せるのがすごい。
終わってみれば周回中(51km)のアベレージも37km/h近くとかなり速かった。いい環境で練習ができてとてもありがたい。
ご参加いただいた皆さんお疲れ様でした。

----

翌日は初めての氣志團万博(DAY2)へ。
いやー、普段の閑散とした海浜公園しか知らない自分からすると、あそこにあれだけの人が集まっていること自体が衝撃的。
そしてあの巨大なステージセットをいつの間に建造したのか……。(楽屋の建物も)
出店も10個くらいかと思ったら想像以上にずらーっと並んでいて、アーティストや公演内容以前にまず普段とのギャップに圧倒されてしまった。
会場入りしたのは午後からだったけど運良く雨にも降られず、トリの聖飢魔IIまでしっかり楽しんで大満足。来年も行けたらいいな。

走行距離:70.5km
走行時間:2時間12分41秒
平均時速:31.9km/h
平均/最大心拍:142/176bpm
平均/最大ケイデンス:78/122rpm
消費エネルギー:1148kJ
AP/NP/IF/TSS:144W/186W/0.701/113

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2022/09/20(火) 23:40:25|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土曜おはサイと最近始めたスポーツのこと

土曜はいつものおはサイへ。
もう不快な蒸し暑さはなく、だいぶ涼しくなってきた。実走にはいい季節だな。
集合場所に行くと参加者6名。この日はしもふさクリテと重なっているので少なめかと思いきや意外と集まった。
いつものように往路抑えて復路でやや上げてラスト400mがフリー、を10周でスタート。

おはサイ

疲れているのか、どうもエンジンがかからなくて前半はフリー区間も流し気味に。
脚が回り始めた4周目はスプリントに参加して、25秒639W。
その後はリードアウトが続いて、若干の追い風もあってスピードが乗りやすく感じる。7周目で46秒446W、8周目で49秒398Wと発射台業務をこなし9周目はまたスプリントに参加して22秒641W。

これで結構疲れてしまったがもう1周ある。復路のペースが速くて3人になり、辛いので自分はすぐ先頭交代したがananさんが長く牽いてくれる。さすが。
スプリントまでの区間の1分30秒360Wで脚が残ってなくて、最後は10秒ももがけなかった。
今週もいいメンバーとしっかり出し切れて楽しい練習だった。ありがとうございました。

----

最近新たに始めたスポーツが2つあって、まず一つ目がボクシング。
これは市内にある交流センターの一室を使って、プロライセンスを持つ方が毎週水曜日の夜に1回500円で教室を開いてくれるというもの。
ボディや顔面への打撃はなし。グローブがない人は貸してくれて、基本的な構えや打ち方、ガードの方法から、先生の指示でのミット打ち、「マス」と呼ばれる参加者同士での模擬的なスパーリングもやらせてくれる。

教室の存在は知っていて以前から興味があり、試しに行ってみたら1回でハマった。(翌日から両腕が筋肉痛で上げられなかったけど)
参加者も小学生からお年寄りまで幅広く、和気あいあいとしている。(マスの時は真剣モード)
あと先生がなぜか毎回着ぐるみを着ていてとても優しい。

ミット打ちで「ワン・ツー・ボディ・フック!」とか急に言われると手の動かし方が一瞬わからなくなったりするのでもっと練習しないといけないが、マスはとても楽しい。性格が出るというか。

そんな感じで数回通って、気づいたら水道橋でグローブを買っていた……。

WINDY 8オンスグローブ

もう一つはサッカーで、これは子供の影響。
メインで行っている小学校のクラブチームの送り迎えで練習を見学しているうちに自分もやりたくなってきたところに、たまたま3つ目の掛け持ちの別の小学校チーム(←どんだけ掛け持ちしてるんだ)が少人数のゆるい雰囲気で、お手伝い兼ミニゲーム要員として混ぜてもらえることになった。

ほぼ未経験なのだけどやっぱりやってみたら面白くて、毎週土日の午後に子供たちを連れて参加している。(子供は午前も別のところで3時間やってからまた行くのでおかしい)
ボクシングもそうだがサッカーも運動量が半端なく、終わった後は全身筋肉痛。
小学生といっても積み上げてきたものが違うので全員自分よりうまい。そして走れる。それを相手にこっちも本気でやるのでものすごく白熱する(笑)

そして気づいたら派手なシューズが(以下略)

サッカー用シューズ

自転車ももちろん楽しいけど、違う種類のスポーツもやってみたら色々発見があった。
ボクシングは自転車であまり使わない上半身の動きが中心で、普段の生活ではまずやることのない「力いっぱい殴る」という動きを合法的に(?)できる。これによりストレスが一瞬で発散する。
サッカーはダッシュとストップ&ゴーにより骨に刺激が入るので、自転車だけだと弱くなりがちな骨密度の維持に良さそう。

偶然だけど自転車では鍛えにくい部分をうまくカバーするような組み合わせになった。
問題はこれ全部やって体力が持つのか? というところ。まあ適度に休みながらやっていこう。

走行距離:70.0km
走行時間:2時間16分52秒
平均時速:30.7km/h
平均/最大心拍:140/178bpm
平均/最大ケイデンス:79/115rpm
消費エネルギー:1128kJ
AP/NP/IF/TSS:137W/178W/0.673/107
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2022/09/13(火) 00:02:58|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Zwift】ペースパートナーのアップデートで何が変わったのか

ペースパートナーA(Constance)

Zwiftのペースパートナーがテストフェーズを「卒業」し、正式運用フェーズに入ったようです。

Pace Partners Graduate Out of FutureWorks(ZWIFT INSIDER)

正式運用になって変わったところを書き出してみます。

1. ペースパートナー全員が体重75kg、身長175cmで統一された
→今までは65kgの人もいれば82kgの人もいたりとバラつきがありましたが、全員75kgに統一されました。これはせっかくW/kgという指標があるのにペースパートナーの体重によって強度がぶれてしまっていたのを修正したものと言えます。
結果として、以前と同じW/kg設定でも体重が重く(または軽く)なればパワーの絶対値が高く(または低く)なるため、平坦区間のペースが変わったように感じるかもしれません。

2. ダイナミック・ペーシングの適用
→変更点というか前からなのですが、ペースパートナー全員、登りで最大10%まで出力が上がり、下りで最大20%まで出力が下がります。これはスマートトレーナーの負荷変動によりペースパートナーと参加者とのギャップが生まれるのを防ぐため。(参考:ペースパートナーに新しく導入された「ダイナミック・ペーシング」とは何か

3. ほとんどのペースパートナーの名前が変わり、ファーストネームだけになった
[2022.11追記] その後、イニシャルが復活しました。
 Taylor – 1.1 W/kg
 Bernie – 1.5 W/kg
 Miguel – 1.8 W/kg
 Maria – 2.2 W/kg
 Coco – 2.6 W/kg
 Yumi – 2.9 W/kg
 Jacques – 3.2 W/kg
 Genie – 3.7 W/kg
 Constance – 4.2 W/kg

→Cocoだけが生き残りました(笑)。以前は「D.Diesel」や「A.Anquetil」などイニシャルを見ればカテゴリが推測できましたが、今回からは規則性はないみたいです。
ランニングペーサーもリニューアルしていますが今回は割愛。

4. コースリストが公開された
・ワトピアルート
 Volcano Flat
 Three Little Sisters
 Tick Tock
 Tempus Fugit
 Watopia’s Waistband
 Flat Route
 Big Foot Hills
 Volcano Circuit
 Triple Flat Loops


・マクリ島ルート
 Temples and Towers
 Neon Flats
 Castle to Castle
 Railways and Rooftops
 Neokyo All-Nighter
 Suki’s Playground
 Sprinter’s Playground
 Wandering Flats
 Flatland Loop

→コースは判明していますがローテーションの内容はまだわかりません。切り替わりのタイミングは毎週月曜UTC 7:00ということで、日本時間だと月曜16:00前後でしょうか。
Epic KOMやAlpe du Zwiftなど長い登りを含むコースはないようですね。

9人もいるので、4人しかいない時に作った「今日のペースパートナーのコースがわかるページ」をアップデートできる自信がまったくありません(笑)
でも一応チャレンジしてみるか……。

ペースパートナーとは別の話ですが、冬頃にはマクリ島の拡張コース(沖縄をイメージしたもの)や自分自身のゴーストアバターと走れる機能もリリース予定のようで、今後の機能追加も楽しみです。
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2022/09/09(金) 19:19:51|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |