タイトル

【推奨スペックについて追記あり】MyWhooshがバージョンアップしたので7ヶ月ぶりに遊んでみた感想

【注】 本文中で動作の重さについて記載している箇所がありますが、その後コメントで「スペックが足りていないのでは」というご指摘を受けたため、最低スペック・推奨スペックについて使用端末と比較した結果を記事の最後に追記しました。ご指摘ありがとうございます。

MyWhoosh_event_live3

無料で遊べるバーチャルサイクリングアプリ、MyWhooshがバージョンアップしたらしいので7ヶ月ぶりに起動してみました。
7ヶ月前に遊んだ感想はこちら

バージョン3.4.0で新たに追加された機能は以下です。
UPDATE 3.4.0: CHECK OUT THE LATEST ADDITIONS TO MYWHOOSH!

・新コース(ベルギー)の追加
・画面上で操作できるステアリング機能
・イベント時のリーダービーコンの表示
・グループワークアウト機能
・沿道の観客が自分のアバターを注目する演出
・LOOK795 BLADE DISKなどのニューバイク
・2 x 6秒、30秒、3分、12分を組み合わせた包括的パフォーマンステスト
・画面レイアウトの見直し


まず最初のパワーソース選択画面から。ここは以前とあまり変わりませんが、スピードメーターの利用はまだ「COMMING SOON」のまま。

MyWhoosh_paring

次のペアリング画面ではステアリングが追加されていました。

MyWhoosh_paring3

デバイスを認識して接続完了するとメニュー画面へ。

MyWhoosh_main

ガレージに入ると、バイクはコルナゴのラインナップに加えてLOOKが追加され、アバター周りのカスタマイズはヘルメット、アイウェア、シューズ、ソックスの種類が増えているように感じました。(ただしフェイスは相変わらず4種類のみ)

Zwiftと同様、デバイス接続をスキップして他のライダーの見学をすることもできます。(リアルなプレイヤーなのかロボットなのかは不明)

MyWhoosh_event_live

設定画面の中にステアリング設定(?)があったのだけどいまいちよくわからず。

MyWhoosh_steer

とりあえずフリー走行モードで走ってみました。

MyWhoosh_ride

うーん……。
結論から言うと、7ヶ月前に初めて遊んだ時に気になっていたポイントが全部そのまま残ってしまっている感じ。

一番気になったのはスクロールのガタつきです。使用したPCのスペックはCore i5-1145G7、メモリ16GB、インテルIris Xeグラフィックスと内蔵GPUではありますが、一般的に見て低スペックではないはず。それでもスクロールのガタつきがひどい。
設定で「GRAPHICS QUALITY」をAUTOにしていましたが、これをLOWに変えてみてもガタつくスクロールのまま画質が落ちるという厳しい状況。

このゲームをやってみるとわかりますが背景がかなり緻密に描き込まれていて、それに加えて下のようにアバターの影もしっかり計算して描いているので、これで処理が重くなっているように思います。

影

その点Zwiftはうっすら影らしきものが見える程度で、パフォーマンスを優先してうまく簡略化しています。

影_zwift

もう一つは、漕ぎ出してからアバターに反映されるまでのタイムラグが長いこと。
これも前回と同様、体感で3~4秒は待たないと動き出さない印象でした。これだとレースなんかでは厳しい。
画面右上に1~6のゾーンがあって、出しているパワーに応じて表示が変化しますが、タイムラグが大きすぎて「さっき出していたパワー」を見るだけになってしまっています。
あと、プロフィールでFTPを設定してるのにL4レベルでもL6を指すなど、いまいちゾーン設定が正確でない気が。

zone

個人的に一番気になったのは上記の2点です。人が少なかろうがストレスなく走れるならいいのですが、スクロールの滑らかさとレスポンスは満足度に直結する要素なので、今のままだとZwiftの代替にはなり得ないかな、と。
あと前回もそうだったのですが心拍計が反応しない。ANT+のAssiomaは接続できて、同じANT+の心拍計が拾えていない理由はよくわかりません。これは自分のデバイス固有の問題かもしれませんが。

MyWhooshをやった後でZwiftをやったら、何これ、超なめらか!と感動しました(笑)
スクロール、もう少し何とかならないものか。正直、観客がこっちを注目してくれなくてもリアルな影がなくてもいいので、ストレスなく動くような最適化を期待したいです。

【2023/10/27追記】 動作環境(推奨スペック)について
コメント欄でご指摘があり、MyWhooshの動作環境を確認してみました。

WHAT DEVICES ARE COMPATIBLE WITH MYWHOOSH?
Minimum Specs for Windows
Processor: Intel i5 7th Gen, AMD Ryzen 5
RAM: 8GB
GPU: AMD Vega 64, Nvidia GTX 1080 Ti
Disk Space: At least 10GB
OS: Windows 10 or 11

Recommended Specs for Windows
Processor: Intel i9 10th Gen, AMD Ryzen 9
RAM: 64GB
GPU: AMD RX6900 XT, Nvidia RTX 3090
Storage: NVME M 2.0 SSD (Free space of 15gb at least)
OS: Windows 10 or 11

上が最低スペック、下が推奨スペックです。
ベンチマークスコアを自分が使っている端末と比較すると以下のようになりました。

CPU Cinebench R23(Multi-Core) Geekbench 5(Multi-Core)
最低スペック 2,828 2,900
自分の端末 5,583 5,489
推奨スペック 10,264 9,911

GPUが独立型か内蔵型かという要素もあるので、実際にはもう少し低めに見るべきかもしれませんが、CPU性能だけで言えば最低スペックは満たしているものの、推奨スペックにはだいぶ足りていない、ということがわかりました。
そうだったのか。

ちなみに推奨スペックを満たすPCを買ったとしたら、いくらくらいなのだろう。
と思って調べてみたら、いわゆる「ハイエンドゲーミングPC」というジャンルになってしまい、お値段も40万~50万くらい。
一例としてはこの製品など。

これは個人的な感想ですが、無料で遊べることを売りにしているバーチャルサイクリングアプリなのに、ハードウェア要件が高すぎるのはちょっと戦略がちぐはぐな気がしました。ユーザーを広げていけばその先の有料化も見えてくるかと思うのですが……。

【関連記事】
無料で遊べるZwiftライクなバーチャルサイクリングアプリ「MyWhoosh」で遊んでみた
MyWhooshが3.5.2にアップデート。エンデュランス・クライム導入とグラフィックスの最適化について
普通スペックのPCでもヌルヌル動く!MyWhooshの軽量版「MyWhoosh GO」で遊んでみた
βテスト版なのにやたらと完成度が高いバーチャルサイクリングアプリ「indieVelo」で遊んでみた
【携帯・インターネット】カテゴリーの記事

  1. 2023/08/23(水) 17:02:27|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

17人でおはサイとJリーグ初観戦

おはサイ

土曜日は2週間ぶりのおはサイへ。(先週は墓参りで行けなかったため)
今回は寝坊しなかった。まだまだ暑いけど、前回に比べたらだいぶましかも。

現地に向かう途中で後ろから二人来て、師匠とかなり久しぶりのS石さん。
(おそらく普通に一人で走っていたら師匠に拉致されたと思われる)S石さんがおはサイに少し参加してくれるみたい。
「着いていけないので~」とか謙遜してるけど走れるのは知っている。
おはサイ創設メンバーに今どんな雰囲気でやっているかを見てもらういい機会になった。

翌日のチーム練がなかったせいかこの日は大勢集まり、途中合流も含めると17名。たぶん過去最多。
個人的なわがままを言えばBenに来てもらいたかった。この日の夜がBenの送別会だったのだけど別の用事が入っていて行けなかったので。
メニューはいつもの通りで10周。脇道から出てくる車が多いのでスプリント時は車が出てきそうなら無理せず緩めてもらうようお願いしてスタート。

風向きは往路追い風、復路向かい風だが斜めなので2.3km/hと弱め。

MyWindSock

今回は初参加のS保さんという方が鴨川から来られていて、集団走行も未経験とのことだったので簡単にレクチャーしながら走る。
最初は最後尾でローテーションの様子を見てもらい、復路は着いていけるところまで頑張ってもらってショートカットで復帰。慣れてきたあたりで往路のローテに入ってもらった。
普段一人で走っているとなかなかこうやって走る機会がないので練習場所として使ってもらえたらと。

で、アナウンスしてなかったけど1周目の復路は流し気味かと思ったら、43km/hくらいまで上がってから普通にスプリントをバチバチやっていた。
後ろの方は早々に崩壊。
やばい、二度と来てくれなくなるパターンは避けなければと思って往路のペースを抑え目に調整。その後、ヒデさんの提案で2チームに分けることになり、後半の5周は後ろのBグループでローテーション練習を中心に行った。

Xert0818_400

いつもと違う展開で面白かったのは4周目で、自分が先頭で復路に入ってからI田さんがかなり早い段階で飛び出したので、ちょっと様子を見てから一人追ったのを使ってブリッジ。
I田さんに追いついてカウンターっぽく飛び出してみたけどまだ1km残ってるので、2、3人追いついてくるのを期待していたら、ダイゴが集団をほぼ全員連れてきてショックを受ける(笑)
そんなにタレてたかな。飛び出してから53秒で404W。

あとはグループを分けてからの7周目、復路のペースは抑えていたがI田さんが最後にスプリントに行きたそうな雰囲気を漂わせていて、やっぱり行ったので追ってみた。
後ろに着いてるのにきつい。
最後にまくろうとしたが横並びが精一杯で、30秒548W。よくあんなに長時間もがけるな。

Aグループとはだいぶ距離が離れてしまったようなので9周で終わりにして、最後にAのスプリントを見学して終了。
ご参加ありがとうございました。
帰りは同じ方向の人たちと最近定番になりつつあるセブンでガリガリ君。

----

その日の夕方は家族でフクダ電子アリーナへジェフ市原・千葉の試合観戦へ。
実はJリーグを生で観るのは初めてで、今回はたまたまホーム側自由席の親子チケットが2セット抽選で当たったので行ってみることになった。

フクダ電子アリーナ

ジェフユナイテッド市原・千葉

とにかくスタジアムの熱気がすごい。
フクダ電子アリーナは収容人数よりも臨場感を重視して作られたらしく、ピッチ以外は屋根に覆われているため応援の声がものすごく響く。
あと、最上段だともっと選手が小さいかと思いきや意外とよく見えた。

試合の方は藤枝MYFCを相手に3-0で圧勝の雰囲気となり、子供も疲れてきたので後半の途中で退場したらその後2点返されるという危ない展開だったらしい。しかし守り切って勝利。
最近は子供の試合もそうだけど地元の社会人チーム(房総ローヴァーズ木更津FC)の試合もよく観に行ったりして、サッカー観戦にハマりそう。

走行距離:65.0km
走行時間:2時間14分51秒
平均時速:28.9km/h
平均/最大心拍:137/176bpm
平均/最大ケイデンス:73/116rpm
消費エネルギー:923kJ
AP/NP/IF/TSS:114W/163W/0.614/91
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2023/08/20(日) 19:08:34|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

15人でおはサイとマザー牧場のジンギスカン&花火

先週の土曜はいつものおはサイへ……と思ったら、起きたら6時9分。
あちゃー、なぜかアラームが鳴らなかったみたい(それか無意識に押したか)。速攻で着替えて無理矢理パンを口に入れ、6:35に出発。

途中でH房さんと会ったのでおしゃべりしながら現地へ。着いたらまだ2人くらいで、時間も5分以上余裕があったのでこれならもっとしっかり食べてくれば良かった。
この日は大勢集まって総勢15名。過去最多かも? この暑さなので皆朝の涼しいうちに走りたいのであろう。(強い人が集まりすぎて自分はビビっていた)

0805おはサイ

風向きは往路追い風、復路向かい風だが斜めなのでそこまで強い印象はなく、MyWindSockによれば復路は2.7メートル前後。

MyWindSock

いつものように10周で、最初の1周はスプリントなし。往路でK保さんに「いろんな展開を作りたいので看板とか無視して早めに仕掛けてもらっても全然大丈夫です」と伝える。(後から考えればこれただの無茶振りのような……)
2周目で早速K保さんが早めに先行し、皆で追いかける。自分で言っておいてすごいキツい。

この人数なので先頭交代で最後尾まで下がった状態でフリー区間を迎えると位置を上げるだけで脚を使ってしまうな、と思っていたら、3周目あたりでO石さんが先頭から降りてそのまま集団の横で位置をキープしていたので二度見してしまった。なるほど。
スプリントはananさんが強すぎ。

自分はというとこの日は特に暑さが辛くて全然踏めない。ジャージも通気性が悪いやつを着てきてしまって熱がこもっている感じ。
こういう日は無理に追い込みすぎると危険かも、と思ってフラフラしないようにだけ気をつけて走った。
6周目と8周目はスプリントしたがあとはほぼ着いていくだけ。
10周目は3人が先行し、後続グループにいたがブリッジする気力もなく見送っておしまい。

Xertログ

ちょっとこの気温は厳しいな。
しかし大人数で走れたのは楽しかった。ご参加ありがとうございました。

----

その日の夕方は子供のサッカークラブのレクでマザー牧場へ。(もちろん自走ではない)
大きな食堂でのジンギスカンでラムと牛を食べまくる。運転があるのでソフトドリンクしか飲まなかったけど、飲み放題コースのソフトドリンクに牛乳があったのがマザー牧場らしかった。

食後はソフトクリームを食べつつ芝生に座って花火鑑賞。予想以上に距離が近く迫力があって、フィナーレの盛り上がりも見応えがある。これを毎日やってるのはすごいな。(追記:調べたら毎日ではなく7月の土日祝日だったようです)
子供も大人も楽しめる良いイベントでした。

マザー牧場の牛

マザー牧場入口

ジンギスカン1

マザー牧場の花火

走行距離:70.3km
走行時間:2時間23分24秒
平均時速:29.4km/h
平均/最大心拍:心拍計電池切れ
平均/最大ケイデンス:73/113rpm
消費エネルギー:1040kJ
AP/NP/IF/TSS:121W/175W/0.659/109
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2023/08/09(水) 14:53:43|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「あおぞらソーダフレッシュ」でシュワシュワ炭酸をキープしてみた

最近買って良かったアイテムはこの丸いやつです。

あおぞらソーダフレッシュ(パッケージ)

これは何かというと、炭酸ペットボトルのキャップの代わりに取り付けることで炭酸の抜けを少なくするというもの。
Amazonで2個セット1,200円くらいでした。

こんな感じで一般的なペットボトルであれば何にでも取り付けられます。

あおぞらソーダフレッシュ(閉めた状態)

この状態で丸いゴムボールのような部分を手で何回かつまむと、ペットボトルの液体がない空間に外気が注入され、液体が加圧されることで炭酸が抜けにくくなるという仕組み。
なので空間が大きい(=液体が少ない)ほどポンピング回数は増えます。

目安としては、「シュッシュッという音が出なくなるまで続ける」のがわかりやすい。ゴムボール自体は十分に空気が入ってもまだ押せてしまうので、やりすぎによる破損を防ぐためにも音で判断するのが良いかと思います。
回数で言えば500mlのペットボトルに半分残った状態で大体20回くらい。

加圧した状態で栓を開けると……

あおぞらソーダフレッシュ(開封)

「バシュッッッ!!!」とすごい音がします。
なんなら初回の開栓より音がデカい(笑)
それだけ加圧できているという証拠ですね。
飲んでみると、確かに炭酸がしっかり残ってる! これはいいな。

最近は暑くて炭酸水の消費量がすごいことになっているのでいい買い物でした。
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2023/08/07(月) 12:36:01|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『運動脳』を読んだ感想

『運動脳』

最近読んで興味深かった本。
結論を一言で言えば「運動は脳に良い効果をもたらす」というシンプルなものだが、最新の研究と様々な実験が後から後から出てきてそれを補強していくので、読み終わる頃には「とりあえず何でもいいから運動しよう」という脳筋野郎みたいになってしまう(笑)

1000億もの細胞を持つ脳は1日に10万個ずつ細胞が死滅していて、記憶を司る「海馬」も同様に年齢と共に萎縮していく。しかし実験でストレッチと軽い運動をするグループに分けたところ、1年後に前者は海馬が1%縮んだのに対し、後者は2%大きくなっていた。
同様にマウスを使った実験でも運動させたグループは脳細胞が増えていた。
マウスの実験でわかったのは、別に好奇心を刺激するような新しい遊びをさせる必要はなく、回し車で運動させただけで脳細胞が増えたこと。つまりただ身体を動かすだけで記憶力が向上し、ニューロンの結合が強化され、認知機能が高まることがわかっている。

運動すれば短期記憶と長期記憶が共に改善され、海馬の萎縮にストップがかかり、それどころか海馬が成長さえする。
ただし疲労を覚えるほど運動するとかえって逆効果になる。ウルトラマラソンなどの何時間もかけて行う過酷な運動は短期記憶の面ではマイナスの方が多い。(=脳が恩恵を受ける運動量には限度がある)

ストレスへの効果については、運動するとコルチゾールというストレスホルモンが一時的に増える(筋肉に負荷がかかるのは一種のストレスだから)が、運動を止めると運動前の元のレベルに戻る。それを繰り返していくと、運動以外でストレスがかかってもコルチゾールの分泌量はわずかしか上がらなくなっていく。つまり運動によってストレスに対する抵抗力が高まる。

また運動後にはドーパミンの分泌が増えることで感覚が研ぎ澄まされ、集中力が増し、心も穏やかになる。実験ではわずか5分の運動でADHDの子供の集中力が改善した。
ちなみに集中力の改善を目的として運動をするのであれば夜よりも朝が良い。

運動に様々な効果があるのは十分にわかった上で、ではどんな運動が適切なのかというと、筋トレよりも心拍が上がるような有酸素運動が好ましいとされる。ウォーキングよりもランニングやサイクリングの方が効果が高い。
1回20分、体力に余裕があれば30~45分。週に3回は心拍数が大幅に増えるような運動をする。長時間1回より短時間数回の方が良い。
たった4分の運動を一度行っただけで、10歳の子供の読解力と視覚的注意力が向上したという実験結果もある。
一方で、「脳トレ」のようなゲームをいくらやっても、そのゲームが上達するだけで記憶力は向上しないという実験結果も示された。

脳は1万2000年前に人類が狩猟生活を営んでいた頃から構造も大きさもほとんど変わっておらず、しかし環境は直近のわずか数百年で劇的に変化した。結果として移動を主体とする生活から「動かない」生活になり、脳と環境とのギャップが様々な身体の不調の原因になっているとしている。
運動によって脳が狩猟をしていた頃の「生き残るための活動をしている」と解釈するため、脳のコンディションが整えられると共に多幸感をもたらしてくれる、と筆者は締めくくる。

読む前は何となくサッカーのように常に頭をフル回転させる運動が推奨されるのかと思っていたが、ランニングやサイクリングのような単純な運動がむしろ推奨されていたのが意外だった。これは運動強度のコントロールがしやすいからかもしれない。
自分に当てはめてみると、確かに出社前におはサイをやっていた頃は身体の疲れはあっても頭は回っていた印象がある。(ただし眠気は来る)

運動の頻度については、今はずっと在宅なので平日夕方のZwift(1時間程度)と週末のおはサイ(2時間)で週3~4回といったところ。あとたまにボクシングとサッカー。一応この本の推奨レベルは満たしているか。
ただZwiftをやらない日は本当に歩かなすぎるのでちょっとまずい。

運動強度がさじ加減の難しいところで、あまりに追い込みすぎるのも逆効果のようだが、低~中強度で終わらせるというのが自分にはハードルが高い。(Zwiftでも毎回バカみたいに強度を上げてしまう)
これからは強弱のバランスを意識してみよう。
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2023/08/04(金) 19:15:53|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |