タイトル

BSC300でStravaのルートを取り込んでナビ機能を使ってみた

先日のマグロライドでBSC300のナビ機能を初めて使ってみたのでやり方をメモ。

まず最初に、BSC300にルートを取り込むところから始めます。
今回はStravaからルートを落として取り込みました。Stravaのルート作成は有料会員のみの機能ですが、有料会員が作成したルートのダウンロードは無料会員でもできます。
まずStravaのルート画面を開き、「^」ボタンからメニューを出して「TCXをエクスポート」をクリック。
これはPC版もモバイル版も同じ操作です。

①StravaからのTCXエクスポート

この時非常に紛らわしいのですが、「☆保存」ボタンを何回押してもルートはダウンロードされません。これはStrava上のお気に入りルートに追加されるだけ。
.tcxファイルをダウンロードできたらスマホに保存します。

次にIGPSPORTアプリを立ち上げ、BSC300も起動します。アプリがサイコンと接続できたら、「マイページ」の「マイルート」をタップ。

②IGPSPORT_APP_メイン

「ルートを取り込む」をタップ。

④IGPSPORT_APP_ルート取り込む

何もない状態だと以下のような画面ですが、右下の「+」をタップ。

③IGPSPORT_APP_マイルート

ここで先ほど保存しておいた.tcxファイルを選択し、「確認」を押します。

⑤ルート保存

アプリに取り込み中の画面。

⑥保存中

これでアプリに取り込めました。

⑦保存完了

次にBSC300本体に転送するには、ルート詳細画面右下にある「GPS自転車コンピュータにダウンロード」を押します。

サイコンへの取り込み

「BSC300発送完了」というメッセージが出たら準備OK。

ナビを開始するには、BSC300のメニューから「ナビ」を選んで「ルートナビ」を選択します。

⑨BSC300_ルートナビ1

ナビしてもらいたいルートを選択。

⑩BSC300_ルートナビ2

「ナビスタート」で開始します。

⑪BSC300_ルートナビ3

実走時の画面はこんな感じ。(ピントがボケてしまった)

⑫BSC300_ルートナビ4

地図はノースアップにしていますが設定でヘディングアップも可能。また最終地点までの残り距離が常時表示されます。
地図上ではナビルートは緑の線で示され、これから通過するルート上には一定間隔で「<<」マークが描かれるのでわかりやすい。
またルートを外れるとリルートコースを赤い矢印で示してくれます。(ややざっくりですが)

時々画面を見てルートを外れていないか確認しながら走れば、ほぼミスコースすることはなさそう。
ただし、曲がるべき交差点の○メートル手前で案内を出すといった機能はないようでした。
代わりに、ナビの設定で「自動縮尺」というものがあり、これをONにしておくと曲がるポイントに近づいたら一時的にズームインしてくれます。(この辺は細かく確認できなかったので、改めてテストしてみる予定)

また、地図の拡大/縮小は電源ボタンでのズームアウトのみで、最大縮尺までいくと最小に戻る仕様なので、ちょっとズームインしたいだけなのに何度もポチポチ押さなければならなかったりして若干使いにくいです。
それでもやはり地図上でルートと現在地を確認しながら走れるというのは非常に便利で、特に未知の土地を走る時には心強い。
怪しくなってきたら一旦停まってスマホを取り出して……という手間もないですし。

まだ1回使っただけですが、知らない土地でのサイクリングには十分役立ちそうです。

【関連記事】
IGPSPORT BSC300を使ってみた感想(追記あり)
BSC300でアクティビティを保存してもStravaに自動連携されない時の対処法
BSC300のオートラップでカウントがずれる問題の対処法
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2023/12/27(水) 19:48:33|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

黒船に乗ってURCマグロライド

水曜日は代休が取れたのでURCマグロライドに参加してきた。
木更津から金谷まで走り、東京湾フェリーに自転車ごと乗せて三浦半島に渡ってから三崎で美味しいマグロをいただいて、半島を一周してまたフェリーで戻ってくるというライド。
同じようなコースを十数年前にも走ったことがあり、その時は会社の自転車部のイベントだった。確か城ヶ島で海鮮丼を食べた記憶が。

朝の通勤ラッシュで市街地を抜けるのに一苦労だったが、木更津を3人でスタートして途中で松戸組も合流し、5人で金谷を目指す。ずっと会長の先頭固定。
フェリーの出発まで少し時間に余裕があったので、会長の案内で竹岡の手前にある「灯籠坂大師の切り通し」に立ち寄った。こんなところに素掘りのトンネルがあるとは全然知らなかった。

パワースポット的な感じ。

マグロライド_素掘りトンネル

金谷で師匠夫妻とH本さんと合流。乗船チケットを買ったら自転車往復で2,700円。前回よりだいぶ値上がりした気がするけど、燃料費も高騰しているし仕方ないのだろう。ちなみに交通系ICカードやQR決済にも対応していた。

いざフェリー乗船!

マグロライド_フェリー乗船

車載デッキの様子。

マグロライド_車載デッキ

手すりに自転車を固定してもらえる。

マグロライド_自転車

キャビンは基本ガラガラなので眺めの良い最前列に座れる。

マグロライド_しらはま丸キャビン

ペリー来航170周年ということで、船内はペリー推し。

マグロライド_黒船来航170周年

しばらくすると船長さんからアナウンスがあり、「左前方に全長約300メートルの大型貨物船が航行中です。オーストラリア籍で鉄鉱石を積んでいます」とか、「右前方は海上自衛隊の潜水艦が航行中です」といった案内が。
何回か乗ってるけどこんなアナウンス初めてだな。

潜水艦を間近で見たのは初めてで、ものすごくテンションが上がった(笑)

マグロライド_海上自衛隊の潜水艦

ちなみに帰りの船では海上自衛隊の護衛艦「きりしま」も間近で見ることができた。

マグロライド_海上自衛隊護衛艦「きりしま」

久里浜で下船して、みさとさんと合流。改めて黒船ラッピングされた「しらはま丸」を見ると非常にカッコいい。
もう170周年以降もずっとこれでいいのではないでしょうか(笑)

黒船ラッピングされた東京湾フェリー(しらはま丸)

海岸線を南下し、

マグロライド_海岸線を走る

三崎町の「七兵衛丸」(しちべえまる)に到着。ちゃんとサイクルラックもある。

七兵衛丸

どーん。天然三崎まぐろ海鮮丼!

七兵衛丸の天然三崎まぐろ海鮮丼

驚いたのが、注文してから料理が運ばれるまでが異常に早くて、ファストフードより早い。
入店してきた時の顔つきとか雰囲気で頼みそうなものを造り始めていたのだろうか。

丼は赤身、中トロ、大トロのマグロに白身魚やエビも入って盛り沢山で、とても美味しくてあっという間に完食。
さらに会長に分けてもらったマグロのサイコロステーキがほとんど「肉」かと錯覚するような弾力があって、これまた非常に美味しかった。ご馳走様でした。

その後は134号を北上し、途中から26号に逸れて横須賀中央方面へ。交通量が多く、工事渋滞もあったりしてなかなか進まず。

マグロライド_三崎市街地を走る

次の目的地は三春町の「中井パン」。ここで帰りのフェリーで食べるパンを買う。いろいろ迷った末にカレーパンとアゲクリームを注文。
本当は地元のソウルフード(?)であるポテチパンにいくべきだったが、海軍カレーへの未練があったのと、アゲクリームと目が合ってしまったので今回は泣く泣く見送った。
カレーパンも良かったがアゲクリームが個人的にはヒットで、かなり好き。コーヒーにも合う。でも運動した後じゃないと食べちゃダメなやつ。

マグロライド_中井パン店

お土産に「まぐろうま煮」も買ってしまった。

マグロライド_カレーパンとまぐろうま煮

帰りはH本さんと会長の快速列車で帰宅。
久々に水曜ライドに参加したけど、やっぱり美味しいもの食べてのんびり走るグルメライドは楽しい。
また都合がつけば参加しよう。
ありがとうございました。

マグロライド_集合写真



走行距離:119km
走行時間:5時間16分50秒
平均時速:22.8km/h
平均/最大心拍:122/165bpm
平均/最大ケイデンス:72/103rpm
消費エネルギー:1828kJ
AP/NP/IF/TSS:96W/124W/0.467/132
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2023/12/22(金) 18:09:08|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EvernoteからUpNoteへ移行してみた

evernote_upnote

メモツールとして長年Evernote(無料プラン)を使ってきたのですが、最近になって大幅な制限がかかり、ノートの上限数が10万から50になってしまいました。
つまり50個以上のノートを作成できないということになります。これもうメモアプリの要件を満たせてないでしょ……。

ちなみに自分のノート数はいくつあったっけと確認してみたら、

evernote_8410のノートブック

8410でした\(^o^)/

なのでもうこれ以上ノートを作れません。
というかそれ以前に、新規ノートを作ろうとしただけで有料プランへの誘導画面が毎回出てきたり、インストール端末の上限が2台と非常に厳しかったり、アプリ自体も重くて使い勝手が悪かったりとイマイチな状態で、良い乗り換え先がないかとずっと探していました。

いくつか調べた中で良さそうだなと思ったのがUpNote。Evernoteの機能は全部押さえつつ、有料ではあるものの月100円または買い切りも選べて、Evernoteからエクスポートしたデータ(.enex)もそのままインポートできる。
もうこれにしよう。

まずはEvernoteからデータをエクスポートしなければいけないのですが、最新版のEvernoteアプリやWeb版だとエクスポートできません。
本来なら「ノートブック」の右クリックメニューにエクスポートが出てくるはずが、出てこない。

evernote_右クリックメニュー

ここでいきなりつまづきましたが、「Evernote Legacy」という古いバージョンを入れればエクスポートできるという情報が。
公式からは既にダウンロードできないので、以下のサイトから落としました。(クリックすると.exeのダウンロードが始まるので注意)
Evernote Legacy(web.archive.org)

Evernote Legacyをインストールし、再度「ノートブック」の右クリックを試すと、無事にエクスポートメニューが出てきました。

legacy_右クリックメニュー2

これで.enexファイルをローカルに保存して、第一段階終了。
ちなみにノート数が多かったためか2つのファイルに分割され、合わせて2.5GBほどでした。

次にUpNoteをインストールしてユーザー登録します。
先ほど保存した.enexファイルをインポートするには、まず右上の設定アイコンをクリック。

upnote_設定アイコン

設定メニューの「一般」→「Evernoteからインポート」をクリック。

s-upnote_Evernoteからインポート3

下のような画面が出ますが、ここで注意しないといけない点があります。
「Evernoteからタグを変換する」を必ず設定しましょう。
この設定をしないままインポートすると、Evernoteでつけていたタグ情報が移行されません。(タグを使っていないのであれば関係ありませんが)

upnote_evernoteからインポート2

初期状態は「なし」になっていて、「ノートブック」か「ハッシュタグ」を選べます。
「ノートブック」はタグの名前がついたノートブックに分類され、「ハッシュタグ」は本文中に「#」がついたタグに変換されます。
個人的おすすめはハッシュタグ。理由は一つのノートに複数のタグがついていてもその情報を保って移行されるので。(ノートブックだとどこか一つに分類されてしまう)

upnote_タグ変換メニュー.

ただし、いずれの場合もEvernoteでタグにツリー構造を持たせていた場合はフラットに配置されてしまいます。これはインポート/エクスポートの仕様が複雑化するので仕方ないのかも。
ちなみにエクスポートは早かったですがインポートは結構時間がかかり、半日がかりでした。
ひとまず無事にUpNoteに移行完了。

upnote_移行完了

使ってみると動作も軽快だし、機能的にも申し分ありません。
自分の用途は、ちょっとしたメモならGoogle Keepですが、家電製品の説明書など記録しておきたい紙資料はスマホのカメラで撮り、その場で画像をEvernoteに放り込むという使い方をよくしていました。
同じような使い方はUpNoteでも問題なくできました。ただし、保存した画像にOCRをかけてテキスト検索に引っかけるようにするのはEvernoteだとできましたが、UpNoteではできないみたい。ここだけは残念。

UpNoteは少し使ってみて良さそうだったので、早々に買い切りプランに切り替えてしまいました。
長年ありがとうEvernote。
【携帯・インターネット】カテゴリーの記事

  1. 2023/12/16(土) 19:05:39|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々に袖ケ浦チーム練に参加

先週の日曜はサッカーの送迎がなかったので久々にチーム練に参加してきた。
現在、長男(6年)と次男(3年)がそれぞれ別々のサッカークラブに入っていて、6年生は最後ということで試合ラッシュ、そして次男も自分の学年の試合に加えて上の学年の人数が足りないので助っ人参加がマストになりつつあり、結果としてほぼ毎週どちらか試合があるという状態。
いつの間にこうなった……。来年は少しは楽になるかなあ。

この日も寒いので冬用ジャージにウインドブレーカー、あとあずみのセンチュリーライドで買ったマヴィックのオーバーソックスという完全冬装備で向かう。
9名が集まり、会長の指示でグループは分けず、スキルアップ練として一定ペースで大周回を3周することになった。中袖だけは2列ローテ。
K保さんからは、ローテのテンポを早めにするのと、2列の時に横に広がらないようにしましょうとの注意喚起がなされる。

風向きは北風が強めでいつも通り。

チーム練121203Mywindsock

チーム練121203

集団で大周回を走るのはかなり久しぶりで楽しい。「3周」というのも含めて立ち上げ当初のおはサイとまったく同じフォーマットなので、懐かしい感じがする。
中袖のローテも事前の打ち合わせ通りコンパクトで、それでも慣れている人ばかりなので安心して走れた。
やはり冬場はこういう練習が大事だな。
3周目も最後まで隊列を崩さず走って終了。

チーム練121203チャート

終わってから公園で楽しくおしゃべりしていたら、ようやく陽が差してきた。
お疲れ様でした。

走行距離:63.9km
走行時間:2時間3分53秒
平均時速:31.0km/h
平均/最大心拍:138/170bpm
平均/最大ケイデンス:81/104rpm
消費エネルギー:1223kJ
AP/NP/IF/TSS:142W/162W/0.66/90
【チーム練】カテゴリーの記事

  1. 2023/12/06(水) 19:56:55|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |