タイトル

Zwift Bペーサー100分と、ロボペーサー集団のランダム性について

Zwift Bペーサー

年明けから家の方で色々とあってしばらく乗れなかったけど、ようやく落ち着いてきたのでぼちぼち再開。

この時期はとにかく漕ぎ始めるまでの準備時間が寒い。3本ローラーだと乗りながら上着を脱ぐのが難しいので初期状態でガマン大会みたいな格好にならなければならず、身体が暖まるのも時間がかかる。最初だけファンヒーターを入れるか。
回し始めてしまえば暖かいんだけど。

いつものようにロボペーサーで、今回はマクリ40のB。先客は6名ほど。
前日は出社して帰宅後にボクシングを2コマ(2時間半)やって、あしたのジョーみたいに真っ白になっていたので脚が重く、特に合流してから10分くらいがきつい。
最初の30分は集団最後尾で脚を暖め、そこから徐々に先頭を牽いたり登りでペースを作ったりして強弱をつけた。

ロボペーサーの集団はカテゴリに関わらずその時々で「活きの良さ」が結構違う。簡単に見分ける方法としてはペーサーのいる位置で大体見当がつく。
ペーサーがずっと先頭にいればおとなしい集団で、その反対はペーサーが集団後方にいて常に引っ張られている状態。

場合によっては、ずっとペーサーが牽いているB集団よりも、次々に人が出てきて牽きまくるC集団の方が遙かにきついということも普通にある。(結果的にペーサーが遅れて複数の逃げ集団になり、ペーサー関係なしのライドになりがち)
ロボペーサーはこういったランダム性があるので面白く、飽きずにこればっかりやってしまう。

今回は比較的おとなしい集団で、じっくり100分、60kmほど走って終了。
Zwiftのアップデートでレベル上限が60から100になり、レベルアップのスピードも上がったので最近はすぐにレベルアップする印象。といってもまだ62だけど。

そういえば今年に入ってまだ実走してないな……。
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2024/01/21(日) 11:35:30|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |