タイトル

Google Mapsで海外の自転車道がどれくらいあるか見てみたら半端なかった件

いつの間にかGoogle Mapsで自転車道を色分け表示できるようになっていたので(ただし日本は未対応)、試しにヨーロッパの国を見てみたら整備されすぎてて衝撃を受けた、という話。

見る方法は簡単で、まずGoogle Mapsでアメリカかヨーロッパの適当な都市を開きます。
ロンドン、パリ、ベルリン、アムステルダム、コペンハーゲン、サンフランシスコ、など大都市ならどこでも。おすすめはコペンハーゲン。

Google Mapsで適当に都市を開く

すると地図の右上にあるツールで「自転車」を選択できるようになるので、クリック。(新しいGoogle Mapsなら「関連ツール → 自転車」)

ツールで「自転車」を選択

そしたらまーあるわあるわ……。

コペンハーゲン
コペンハーゲンの自転車道

ハンブルク
ハンブルクの自転車道

アムステルダム
アムステルダムの自転車道

ミュンヘン
ミュンヘンの自転車道

パリ
パリの自転車道

ミルトンキーンズ(イギリスの地方都市/国家プロジェクトで道路網を整備している)
ミルトンキーンズの自転車道

ちなみに濃い緑の線は完全な自転車専用道で、薄い緑が自転車レーンのある車道、点線が自転車で走りやすい道、だそうです。
大都市で当たり前のようにこれだけ整備されているのがすごい。しかも各国で。やはり文化の違いなのかなー。
国別で言うとやはりダントツでオランダが充実しているように見えますね。

日本はこの機能はまだ使えませんが、使えるようになったとして、果たしてどれだけあるのかなと。スッカスカなんじゃないかという気がします。そもそも河川敷のサイクリングロードですら歩行者との共存型が大部分で、完全な自転車専用道ではないし。
なんとなく「ヨーロッパは自転車道が整備されてる」というのは知識としては知っていましたが、こうしてビジュアルで見せられるとその差が歴然とします。というか羨ましい。

【関連記事】
米Google Mapsで自転車ルート検索が可能に
Google Mapsの渋滞情報がVICSと違う点
Google Mapsを使った2Dドライビングシミュレータ
Google Mapsで都道府県・市区町村の境界線が出るようになった
【携帯・インターネット】カテゴリーの記事

  1. 2013/06/08(土) 12:17:08|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<斉藤コース単独練 | ホーム | 疲労回復にはビタミンBとクエン酸が効く!(※ただし個人差があります)>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1008-8ae631e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)