タイトル

「そでがうらサマーサイクルロードフェスタ」は本当に暑かった

LOOK586 決戦仕様

内房テント

グランプリ予選

8ヶ月ぶりのレース参戦という事で、「そでがうらサマーサイクルロードフェスタ」に行ってきました。
暑い。とにかく暑い。チームテントに荷物を運んだだけで汗が噴き出ます。
前日の土曜も相当な暑さだったけど今日も同じくらいヤバイです。

自分のレースは10時過ぎからなので、まずは仲間のレースを応援。
ユニークな種目としては「グランプリ」というのがあって、予選は30分間のタイムアタックでベストラップにより順位を決定、上位の選手のみ決勝のロードレースに進めるというもの。ちょっとF1っぽい。
ドラフティングはOKなので、チームでまとまっていくのか、速そうな列車に着いていくのかといった戦略もいろいろありそう。(ただ、見ていた感じでは自然と脚の合う小集団が形成されていたようでした)

スタート1時間を切ってから持参したローラー台でアップ開始。暑いので心拍がいきなり高い。もうアップする必要ないんじゃないか、と思ったけど一応心拍160まで上げて、あとは軽く流して終了。
こういう時にやりがちなのはスタート前に気づかないうちに熱中症になっちゃうパターン。なのでとにかく水分、塩分をこまめに摂取して、極力日陰にいるように。
招集直前にエアを入れていなかった事に気づいて慌てて入れる。あぶね~4気圧くらいで出走するところだった。

自分が出走するロードレース上級クラスの予選は2.4kmのサーキットを7周する16.8km。
本来であれば上位25名が決勝ラウンド進出なのですが、どうも上級はエントリーが少なかったみたいで22名しかいない。つまり完走さえすれば決勝進出です。ラッキー。
スタート前のアナウンスでも、「ここで頑張る意味はまったくないのでゆっくりでいいです。助け合いの精神で全員完走してください」と言われ笑いが起きていました。

が。ローリングが解除されレースが始まってみると全然ゆっくりじゃない。(まあ予想はしてたけど……)
今回レース用ホイールだったのでパワーは取れていないのですが、ラップタイムだけ見るとこんな感じでした。

ロードレース上級 予選
1周目 4'39 30.9km/h(パレードラン)
2周目 3'15 44.3km/h
3周目 3'13 44.7km/h
4周目 3'25 40.9km/h
5周目 3'28 40.4km/h
6周目 3'26 40.7km/h
7周目 3'25 40.9km/h


オープン参加のマトリックスとベルマーレの選手を含む先頭交代ローテにとりあえず入って、なるべく集団前方をキープしていたのですが、暑さでジワジワ体力を削られていく感じ。
ボトルの水を飲んだらお湯だったし(笑)
1コーナーを登って下った後の登り返しからペースがガツンと上がる場面が多くて、これまたキツイ。

暑さで周回数もよくわからなくなってきたところで、ホームストレートに入って先頭数名がモガキ始めたので、あっもう終わりなのかな、それなら最後頑張ろうかなと踏んでいったらジャンが鳴りました。あと一周かよ~。
途中まで粘ったけど最終コーナー手前くらいで集団から千切れて単独ゴール。15位くらいか。とりあえず完走はしたぞ。
レース後、ベルマーレの内山監督(たぶん)に「ずっといい位置にいましたよね。何着でした?」と聞かれ、「千切れました……」と残念な回答をしていたら本当に残念な気持ちになりました。決勝は頑張ろう。

いよいよ殺人的な暑さになってきたので、お昼はサーキット奥にあるレストランに避難。ここは涼しくてメチャクチャ快適です。しかもテーブル席から最終コーナーの様子も良く見える。なぜかガリガリ君まで売ってました。
I橋さん達と4人で涼んでいたらバイシクル21の取材を受けて、その後テント前で集合写真も撮影。来月号に載るかな?

そういえばこんな消防車の放水サービスもありました。涼しそう。

放水

14:55、中級と上級の勝ち上がり組による決勝ラウンドに出走。これはたった2周(4.8km)という超・超ショートレースで、最初から最後まで強度MAXとなる事は誰の目にも明らか。
それがわかっているだけに、招集かかってからスタートまで緊張しまくりでした。並んでからスタートまでの5分がやたら長く感じる……。

スタートして、一発でクリートもはまり、いい位置をとるべく集団前方へ。決勝はローリングがないので最初から速い。
何とか5、6番手くらいに入って様子を見ているとマトリックスの選手がスーッと前に出て先頭引き。そのまま2周目に突入して、ここでもまだ4番手くらいをキープ。ほぼ狙い通りの展開。でも脚を溜める余裕は全然ナシ……。
いけるぞ~と思いながらも限界ギリギリ。

最終コーナー手前のちょっときつめのカーブの立ち上がりで、前の選手が右ペダルをこすって一瞬宙に浮く。(火花が見えた気が)
ぎゃー、ここで転ばれたら絶対巻き込まれる、と焦ったけどどうにか持ちこたえてくれました。良かったー。
でもその減速で先頭の二人と間が空いてしまい、フルもがきで追いついたものの、そこでほぼ終わり。ホームストレートに入ってスプリントしたけど最後まで持たずにタレて、まー抜かれるわ抜かれるわ気持ちいいくらい。
最終的に10位くらいかと思っていたら、オープン参加の選手も結構いたようで、7位でした。

ロードレース中級・上級 決勝ラウンド
1周目 3'34 39.9km/h
2周目 3'07 44.8km/h


2周目はたぶんCP1~3分更新してたんじゃないかな。やっぱりパワーデータ取りたかった。
入賞はできなかったけど、自分の出せる力は全部出し切れたと思うので満足です。

内房レーシング的には、ゴッティさんが登録者の部で6位入賞、H矢さんが1時間エンデューロで2位、師匠チームがオープン2時間エンデューロで2位と活躍。おめでとうございます。
次のレースはいつになるかわかりませんが、今年中にあと1、2回は行けたらいいな。でもまずは家族優先。

参加された方々、スタッフの方々、暑い中お疲れ様でした。

チーバくん
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2013/08/11(日) 23:43:56|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3人で袖ヶ浦おはサイ | ホーム | ツアー・オブ・ユタ2013のネットライブを見られるスマホアプリ>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1030-827429c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)