タイトル

200回のポンピングで6.8気圧入れられる「ポケットロケットDXII マスターブラスター」は優秀

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター

今まで使っていた携帯ポンプ(エヴァディオ ハンディーポンプテレスコープI)がいつの間にかどこかに消えてしまったので、5年ぶりに新調しました。

携帯ポンプは多くのメーカーからいろんな種類が出ているのでどれにするか迷います。
自分なりの基準としては、適度にコンパクトで軽量であること、しかしコンパクトさを追求するあまり実用性・信頼性が低いものでないこと、フレームにマウントした時に目立ちすぎないこと。

そもそも、パンクの頻度が2年に1回とかそれ以下なので、使用頻度から考えても最低限の邪魔にならない大きさが望ましいです。でも実際パンクしたらできるだけ迅速に修理したい。(そういう意味では「ハンディーポンプテレスコープI」は軽量に寄りすぎていました)
この相反する要求を満たすのは、たぶん100g前後でフットスタンドもホースも付かないオーソドックスな形のものだろう。

……という感じで絞り込んでいって、最終的にTOPEAKの「ポケットロケットマスタブラスター」が候補に挙がりました。
さらに調べてみると、その上位機種として「ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター」というものがあり、こちらの方がハンドルが太くて持ちやすそうだったのと、色味が気に入ったのでこれに決定。

それが届きました。梱包はこんな感じ。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター 台紙に付いた状態

取り外したところ。色は少し赤みがかったポリッシュで高級感があります。自分の自転車のフレームカラーが赤なので全体のトーンが崩れないのが良さそう。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター 全体像

重量は115g。なんとカタログ重量と1gの誤差もなし。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター 重量115g

長さは22.1cm。これまたカタログ重量と1mm単位まで同じ。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター 長さ22.1cm

アルミシリンダーを最も伸ばした状態。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター アルミシリンダーを伸ばした状態

サムロックもアルミ製でしっかりしてる。閉じると「パチン!」といい音がします。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター アルミ製サムロック

付属品はフレーム装着用のクランプ。ボトルケージと干渉しないようオフセットして取り付けられます。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター 付属品のフレーム装着用クランプ

ハンドルを上から見ると3角形。手の中でしっかりグリップされ、また底面がフラットなのでポンピングしても手のひらが痛くなりにくそう。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター 3角柱型のハンドル

早速エア注入テストを開始。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター エア注入テスト

100回ポンピングした時点での空気圧は、3.0気圧。
100回を超えたくらいから徐々にポンピングが重くなり、しっかりエアが入っている手応えを感じます。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター 100ポンピング後の空気圧

そして200回ポンピングすると、6.8気圧。いや~200回でこれだけ入れば上出来でしょう。
ちなみにテスト開始からの時間も計っていましたが、ここまでたったの1分10秒。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター 200ポンピング後の空気圧

さらに300回までやってみました。200回を超えるとさすがにかなり重く、筋トレっぽくなります。
気になる結果は、7.1気圧。頑張った割には少なめ?ここまでの時間は2分16秒。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター 300ポンピング後の空気圧

自分としては7気圧も入ってくれれば十分だし、しかも2分程度で終わるならば実用性も文句なし。
こんなに簡単に入っていいのか逆に不安になり、もしかしてチューブラータイヤだからかと思って念のためクリンチャーでも試してみましたが、やはり200回でしっかり6.8気圧入りました。
携帯ポンプは年々進化しているのかな。このサイズでこの性能は素晴らしい。

付属のクランプを使ってフレームにマウントしたところ。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター ダウンチューブにマウント

本当はシートチューブにつけたかったのですが、クランクにつけたマグネットと干渉しそうだったのでダウンチューブへ。(自分の自転車は訳あってマグネットを二つ重ねているので特殊だと思います)

さあ~これで外に走りに行けるぞ!

と思ったら、大雪……。orz
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2014/02/08(土) 16:52:20|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<サントリー『南アルプスの天然水Sparkling』を箱買いしてみた | ホーム | 一息ついて3本ローラー練>>


前バージョンの愛用者です。

http://www.cb-asahi.co.jp/item/34/60/item100000006034.html

的な延長ホースがあるとさらに使い勝手がいいですね。ちょっと荷物は増えますが、パンクからの復旧の労力がすごく軽減されます。このところ運がいいせいか、余り出番はないですけど(苦笑)。
  1. 2014/02/09(日) 22:56:30 |
  2. URL |
  3. Yas #-
  4. [ 編集]

> Yasさん
これ良さそうですよね。私のは仏式専用のため残念ながら使えませんが、探せばあるかもしれません。
いざとなればこのホースを使ってガソリンスタンドで空気を入れられるという使い道もありますし。
  1. 2014/02/10(月) 10:24:38 |
  2. URL |
  3. puyan #kY8WcqRU
  4. [ 編集]

ありゃ、買ったやつはフレンチ専用なんですね。失礼しました。
僕はまず延長ホースありきで選んでいるので、最低条件として「米仏両対応」にしてます。若干大きくなってしまいますが、いざというときにはいいかなぁ、と。せっかく買った便利道具を生かしたい、という思いが大半ですが(苦笑)。

仏式の延長ホースは見たことがないですねー。構造的に存在できないのかしら??
  1. 2014/02/10(月) 10:51:04 |
  2. URL |
  3. Yas #-
  4. [ 編集]

> Yasさん
そうなんです。ロードに特化しているのか、仏式のみですね。その分軽量になっているのかもしれません。
ホースを使用を前提にするならば、フットスタンドとT字ハンドルがあれば完璧ですね。おそらくTOPEAKのミニモーフとかあのクラスになるのだと思いますが、あそこまでいくとやはり大きさが気になってきてしまいます。
どちらにしても使う機会がないに越した事はないですね。
  1. 2014/02/10(月) 11:02:47 |
  2. URL |
  3. puyan #kY8WcqRU
  4. [ 編集]

ワタシはレザインのポンプを愛用しとりまっすー

http://www.diatechproducts.com/lezyne/pressure_drive.html

今はこれの赤を愛用。本体の中にホースが入ってるんで使いやすいっていうか・・・もうこれに慣れてしまってるんで今後もレザインを使うのであろうなという感じですw
  1. 2014/02/10(月) 18:39:50 |
  2. URL |
  3. ラガー豚 #-
  4. [ 編集]

> ラガー豚さん
あ、これも良さそうですね。このサイズでホース内蔵とはびっくり!
デザインも惹かれます。
  1. 2014/02/10(月) 22:40:48 |
  2. URL |
  3. puyan #U6MtqSYY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1079-29af8aa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)