タイトル

サイクリングに役立つ地理情報を共有できる「自転車大好きマップ」

先日のエントリーで、
「自転車から見た走りやすさというのは、地図を見ただけではわからないので、明らかに危険と思われるトンネルの場所を地図サービスなどを使って情報共有できるといいかもしれないですね。」
と書いたのですが、まさしくそんな用途にぴったりのサービスがありました。

自転車大好きマップ
自転車大好きマップ 全国版

これはGoogle MapsのAPIを使った地図サービスです。
自転車である場所を走った人が、「お勧めサイクリングコース」「自転車で走りにくい道」「きつい坂」「自転車店」「トイレ」「レストラン」といった情報を地図上にマーキングでき、さらにそれを誰でも閲覧する事ができます。
情報を「線」でも「点」でも登録できるところがミソ。
情報を書き込むにはユーザー登録(無料)が必要ですが、地図の閲覧は登録なしで行えます。

ちょっと覗いてみると、東京など一部の都市周辺に情報が集中しており、地域によって登録数の差が激しいなという印象を受けました。
それではという事で、まだ手付かずのエリアを中心に先日の牡鹿半島ツーリングで印象に残ったスポットを登録してみました。

松川浦と太平洋に挟まれた気持ちのいい道(眺めのいい所)
南側から入るとエライ目にあう仙台空港トンネル(注意箇所)
松島湾を眺めながら食事ができる展望レストラン(レストラン)
万石浦を一望できる絶景スポット(眺めのいい所)
牡鹿半島一周ルート(お勧めサイクリングコース)

牡鹿半島一周ルートには、「ゆるやかなアップダウンと気持ちのいいワインディングロードが続く」などと、いかにも自分には余裕といった感じのコメントが書いてありますが、実際は時速5km/hで蛇行しながら走っていたという事は秘密です。
いや、でも牡鹿半島は実際おすすめしたいサイクリングコースですよ。
特に半島東側の道は車もほとんど通らず、豊かな自然の中のワインディングロードを独り占めできますから。

このサービス、とても気に入ったのですが、難点を挙げるとすれば情報が集中している都市部(特に東京)で極端に画面表示が重くなることと、ルート情報の入力インターフェースが完全に手書きなので手間がかかることの2点でしょうか。
前者はある程度仕方ない面がありますが、後者はALPSLAB routeのように自動的に道に沿ってルートを結んでくれるようになると入力がだいぶ楽になりそうです。

お気に入りのコースなど、自分だけの情報をお持ちの方はこのサイトでぜひ共有してみてはいかがでしょう。
【携帯・インターネット】カテゴリーの記事

  1. 2007/08/10(金) 20:32:08|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<熱中症体験 | ホーム | デンジャラストンネル>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/111-1d0abb1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)