タイトル

3本ローラーで高ケイデンスは難しい

今朝は5:50起床で3本ローラー、40分。
本当は実走に行きたいところですが、実走するにはもう一段階上の気合いが必要です。どうもジャージとかボトルの準備とかが面倒に感じてしまう。
まずは、夜ダラダラ過ごしてないで早く寝る事からかな。

10分アップしてL5で5分。レストして再度5分のつもりが、集中力が続かず3分で終了。

L5: 5分 / 291W / 160bpm / 89rpm
L5: 3分 / 295W / 163bpm / 89rpm


それでも仕事で全然乗れていなかった1ヶ月前と比べると、5分276Wで心拍166bpmまで上がっていたので、心肺機能は最低の状態からは脱したのであろう……。

HR vs Power

ちなみにGolden Cheetah3だとこんなグラフが出せます。心拍数とパワーの二次元グラフ。(Anaylysis > 「+」ボタン > HeartRate vs Power)
ローラー程度の短いワークアウトなら、平面上で心拍とパワーの推移が視覚化できるので面白い。

残りの時間は適当に流しつつ、最後に下ハン持って高ケイデンス練を少し。
120回転くらい(←「高」じゃないだろという突っ込みは却下)で回す時、今までは上体を固めて押さえつけるようなイメージでした。しかし、今日は試しに細かく左右に振るようにしてみたらこれが結構うまくいきました。
押さえつけるのではなく「いなす」ような感じで、振るタイミングがうまく合えばもっと上げていけそう。

3本ローラーで高回転をやると、145回転くらいで自転車が暴れて怖くなってやめてしまいます。実走で200回転出した事はあるけど、それって速いだけのメチャクチャなペダリングを地面とのグリップが吸収してくれてたからで、3本でやると如実にダメさ加減がわかる。
地道に練習していくしかないけど、今日は上体の「いなし方」が少しわかったのが収穫かな。

【関連記事】
いつもの場所で新年走り初め
↑その後、どういう訳か3本ローラーで200回転回せるようになった。
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2014/07/29(火) 07:12:54|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Softbank 304SHでバッテリーの持ちを改善させるには | ホーム | 袖ヶ浦おはサイ ペース走&スプリント>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1134-d81a9f42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)