タイトル

くっついてしまったライドデータをGolden Cheetahで分割する方法

Garmin edge500を使っていて、前回のデータをPCに落とさないまま次のライドを始めてしまうと、別々の日のデータが一つにくっついてしまう事があります。

こんな風になっちゃう。

くっついてしまったライドデータ

2回目に乗る時にリセットすればいいだけなのですが、これを結構忘れがち。
くっついてしまったら端末内での分割はできません。しかし、一旦PCに落としてソフトで分割する事はできます。
Golden Cheetahで割と簡単に分割できたのでメモ。

まずV2.1から。くっついたデータを取り込んでから、[ライド] → [ライドを分割]。

V2.1 ライド分割メニュー

するとこんな画面が出てきて、中断時間から推測した分割ポイントにあらかじめチェックをつけてくれます。素敵。

V2.1 ライド分割指定画面

問題なければこのままOKボタンを押すと、二つのライドデータが生成されます。

次はV3.1。こちらはウィザード形式になってます。
メニューの[Activity]から[ライドを分割]を選択。

最初の画面は[Next]を押します。

V3.1 ライド分割画面1

次にオリジナルデータを保持するかを聞いてくるので、残したければチェックを入れます。分割位置を間違う可能性もあるので念のためチェックを入れておいた方が良いかも。

V3.1 ライド分割画面2 オリジナルデータの保持を選択

次にライドの境界線を判断するための閾値の指定。Minimum Gapはデフォルト1分ですが、これだと1分以上の中断で分割されてしまうため、任意の時間に変更します。この例では99分に設定。(100分以上の設定はできない)
その下はデフォルトのままで良いかと。

V3.1 ライド分割画面3 最短停止時間と最大セグメント数の指定

次の画面では閾値を元に自動的に分割ポイントにチェックが入ります。修正が必要ならここで付け直しを。ただ、指定方法がちょっとわかりにくい。

V3.1 ライド分割画面4 分割位置の指定

最後に分割結果が正しいか確認して、問題なければ[Finish]ボタンを押すとデータが作成されます。

分割結果を確認

という感じ。
V2.1の方がおまかせでやってくれるので簡単な気がします。

本当はedge500側で、指定した時間以上の中断後にライドが始まったら自動的にデータを分けてくれる機能があると嬉しいのだけど……。

【関連記事】
Golden Cheetah3.1正式版の新機能
【パワトレ関連】カテゴリーの記事

  1. 2014/09/10(水) 07:57:15|
  2. パワトレ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メーター捜索からのおはサイ | ホーム | 雨の暁星チーム練 [追記あり]>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1150-1f7628f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)