タイトル

宇宙も見渡せるようになったGoogle Earth

Google Earthに宇宙を見られる機能が追加された模様。

Google Earthが宇宙を見渡す望遠鏡になる「Sky」ビュー機能を搭載 (INTERNET Watch)

環状星雲
Google Earthで宇宙を見る

Google Earthを最新バージョンの「4.2」にアップデートすると、写真のように宇宙を覗く事ができるようになります。

操作は今までの拡大・縮小・回転のほか、タイムラインの指定が加わっています。
これを変更すると惑星の軌道を確認できます。
また各種レイヤーが標準でついてきており、例えば「ハッブルショーケース」を選ぶとハッブル宇宙望遠鏡が捉えた銀河やブラックホールの高解像度写真を見る事ができます。

これはもう「Google Universe」ですね。
夏休みの自由研究にも役立つかもしれません。(今からじゃ遅いか)

宇宙ブラウザとは別にもうひとつ追加された機能は、KML2.2の仕組みを使った写真ビューワー。
こちらは通常のGoogle Earth(地球を眺めるモード)で、「特集コンテンツ」→「Gigapxl Photos」のチェックをONにすると使う事ができます。
要はGoogle Earthのインターフェースを使って写真を見られるというものです。

まだ北米にしか画像がありませんが、これがまた意味がわからないくらい解像度が高く、例えば以下のようにかなりの倍率までズームして隅々まで見る事ができます。

拡大前
この写真をズームしていくと・・・

                      

拡大後
こんなところまで寄れる (注:教会の扉の前に立つ男性)

人の顔や車のナンバープレートなどかなり鮮明に見えます。
個人的には面白いと思いますが、これもやはりGoogle Street Viewの時のようにプライバシー問題が再燃しそうですね。
【携帯・インターネット】カテゴリーの記事

  1. 2007/08/23(木) 15:32:20|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<強化された荒川の車止め | ホーム | イタ車ではなく・・・>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/118-ae1cb2c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Google EarthにSkyビュー機能

Google EarthにSkyビュー機能など、Googleのニュースをいち早くチェック!
  1. 2007/08/23(木) 18:32:07 |
  2. トピックスバーストβ2.0

ハッブル宇宙望遠鏡ハッブル宇宙望遠鏡(-うちゅうぼうえんきょう、''Hubble Space Telescope''、HST)とは地上約600km上空の軌道上を周回する反射望遠鏡である。長さ13.1メートル、重さ11トン、主鏡の直径2.4メートルのいわば宇宙の天文台である。大気や天候による影響を受
  1. 2007/09/29(土) 10:01:24 |
  2. 望遠鏡の知識