タイトル

疲労回復のタイミング

1/28 ログ

先週末から疲労なのか風邪なのか、ずっと体調が優れず、休み中はほとんど家で寝て過ごしてました。
月曜の朝はローラーに乗ってみたものの、まったく力が入らなくて軽ーく30分くらい流して終わり。火曜はノーライドにして、夜は2XUのコンプレッションタイツを履いて寝る。

水曜、5時半に起きてみるとようやく少し乗る元気が戻ってきたので、久々におはサイの準備。自転車を外に出し、さてどこに行くか、と思ったら雨……。なんだよー。
仕方なくローラーへ。

3本ローラーの負荷レベル0で10分アップ後、レベル2にしてからL3で3分、L4で2分を4回繰り返すメニューをやり、また負荷レベル0に戻して30分エンデュランス走。トータル1時間やって終了。
しっかり休んだせいか体調も戻ってきました。

個人差はあると思いますが、自分の場合いわゆる「積極的な疲労回復」を狙ってもあまり効果がなくて、例えば回復走であったり温冷交代浴、マッサージなどを試してみても、目に見えて疲れが取れたという実感が湧きません。
それよりもただゴロゴロして何もしない方が早く回復する気がする。確か栗村さんの本にも似たような話が書いてあったような。
唯一、コンプレッションタイツは効果を感じるかな。

やはり疲労が残った状態でダラダラやるより、しっかり回復してから質の高い練習をしたい。
そのためには身体が発するサインに耳を傾けつつ、適切なタイミングでしっかり休みを入れるのが大事なんだろうな。それが休日の昼間であっても。
GoldenCheetahのストレスバランスも最近あまり見ていなかったけど、今度からちゃんと見るようにしよう。
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2015/01/29(木) 00:03:30|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<山本元喜選手のツール・ド・サンルイス参戦記が面白い | ホーム | エリート ARION/ARION MAGが自主回収へ>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1201-928f411f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)