タイトル

チューブラータイヤの微妙な空気漏れの原因

レース用車輪としてイーストンのEC90 Aeroにハッチンソンのカーボンコンプを履かせています。
が、どうも前輪の空気の抜けが早い気がして、試しに後輪と比べてみると1日経ったあとで後輪はカッチリなのに前輪は指でつまめるほどに減っている。
レースなら1~2時間程度で終わるのでそれほど影響はないのですが、何となく気持ち悪い。

もしかしてスローパンクか?シーラントを入れてみれば塞がるかもしれない、とこんなの↓を注文して、

NOTUBES

シマノホイールに付属するニップルレンチでバルブコアを外してみました。

シマノのニップルレンチ

ん?あれ、そうか。すっかり忘れてたけどバルブエクステンダーを入れていたんだった。

バルブエクステンダー

ということは、スローパンクじゃなくてもしかしてあれか、シールテープを巻いていなかったからエクステンダーとの接合部から空気が漏れている?
うーん、その可能性大。そもそもスローパンクだったらもっと早く抜けるだろうし。
ていうかなんでシールテープ巻いてなかったんだ>自分

とりあえずエクステンダーの接合部にシールテープを巻いて様子を見てみよう。
何事も経験ということで……。
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2015/07/21(火) 07:25:01|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<月曜(祝)、おはサイで鹿野山へ | ホーム | 土曜、合同おはサイ>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1259-56ce3fc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)