タイトル

リボン作戦のおはサイ

リボンとマグネット

↑草ぼうぼうで反対車線が全く見えないので目印が設置された(笑)

先週のおはサイはお盆休みで木更津に来ていたFUNAさんが火・木と参加してくれて、濃厚な感じに。水曜は単独でのぞみ野周回、金曜は雨だったのでローラー30分、土曜は袖ヶ浦大周回をペースで4周、80kmくらい。
さすがに疲れが溜まってきたので日曜はノーライドにして、補助輪付き自転車を車に積んで上の子と二人で実家へ。といっても1時間ちょっとの距離ですが。
そしていつもように圧倒的摂取カロリーオーバーで帰宅。

今朝のおはサイは師匠と二人。目印のリボンが巻いてあったのでちゃんと合流できました(笑)
しかしそこから人数は増えず、しかもインターバル区間は強烈な向かい風。あ~これは一番キツいパターンだ……。
向かい風の中、下ハン持って限界まで姿勢を低くして40km/hペースでローテ。さすがに回転だけでは進まないのでトルクをかけるしかないのだけど、前に出たら350Wは出さないとペースを維持できない。
交代して後ろに入っても向かい風のため休み切れず、かなーりキツい。

#1:3分5秒 / 319W / 108rpm / 163bpm / 41.5km/h
#2:3分10秒 / 300W / 104rpm / 165bpm / 40.4km/h
#3:3分13秒 / 296W / 107rpm / 170bpm / 39.7km/h
#4:3分15秒 / 286W / 104rpm / 170bpm / 39.3km/h


予想通りタイムの割にワットは高め。それと本数が進むにつれ、わかりやすい感じで出力が落ちていってる。
今日はこれで十分でしょう!(というかこれ以上はムリ……)
そしてこれもわかっちゃいたけど帰り道の向かい風が極悪で、ママチャリくらいの速度しか出ず。いつもより10分余計にかかりました。

最近思うのは、走り出して「おっ今日は脚が軽いぞ」とか、「なんか脚が重いな~」といった感覚があんまり当てにならないということ。
軽いと思ったのに強度を上げたとたんに踏めなくなるとか、逆にだるすぎて途中で引き返そうか迷うような時でも、1時間くらい走っていると回るようになったりする。
結局はある程度走って何回か強度を上げてみないと本当の調子はわからないですね。(自分の場合)

それよりも、ストレスバランスの数値を見た方が実際の印象と近い気がするので、最近は「当日のストレスバランス」を意識するようにしています。
これがマイナス15以下とかだったら、客観的に見ても疲れているので休むか軽めのメニューにする。マイナス5以上に回復してきたらガッツリ上げてもOK。レースが近づいてきたら徐々に戻してプラス5~10くらいにする。という感じ。

並行してCTL(長期ストレス)の推移を見て、あまり急激に上がったり下がりすぎたりしないように調整しつつ、少しずつ上げていく。ストレスバランスとCTLを見ればかなり正確に自分の調子が測れると思います。
そういう点ではパワーメーターはとにかくデータを蓄積していかないと意味がないので、メーターなしで走る気がどんどん失せていく訳です(笑)

走行距離:39.1km
走行時間:1時間26分35秒
平均時速:27.1km/h
平均心拍:137bpm
平均ケイデンス:90rpm
消費エネルギー:637kJ
AP/NP/IF/TSS:122W/184W/0.726/78
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2015/08/18(火) 07:15:19|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<建設中の観覧車を見に行くライド | ホーム | 半年ぶりのチーム練で鹿野山へ>>


パワーメータを使ったトレーニングの重要性のひとつが、疲労管理ですね。TSB,CTLそんな感じで見てましたが、僕はトレーニング内容が甘くなってきてて、管理の必要がなくなってるw。最近は逆にパワーメーターに頭をおさえられている(自分でリミットを作っている)気がして、鹿野山にいくときも、あえてパワーメーターなしでいったりしてますw。
  1. 2015/08/19(水) 15:35:24 |
  2. URL |
  3. MIK #-
  4. [ 編集]

> MIKさん
ブログを拝見していると頻度・強度共に全然甘いようには見えないのですが・・・(汗)
ただ、TSBにしてもCTLにしてもFTPの設定が正確でないとずれてきてしまうという問題もありますね。大ざっぱに傾向をとらえる感じでしょうか。
あとやっぱりパワー至上主義だと本筋から外れていっちゃうんですよね。特にローラーやってる時は「とにかくmoreパワー!」(笑)になりがちで、その流れで実走でも無駄にパワーを出そうとしてしまったり。
なので自分も同じようにパワーを意識しないで楽に速く走ることに集中して、パワーはあくまで結果として見るようにしています。
  1. 2015/08/19(水) 16:01:11 |
  2. URL |
  3. puyan #U6MtqSYY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1268-5ce13920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)