タイトル

Carry-meの新たな活用法

Carry-me

さいたまクリテの観戦の日、会場近くの駐車場は空きがなさそうだから、ちょっと離れたところに停めてパーク&ライド(←もう死語?)で行こうと久々に引っ張り出したCarry-me。

もしかしたら1年以上乗ってなかったかもしれない。理由のひとつは、会社のオフィスが移転した関係で自転車が停められなくなったこと。折りたたんで持ち込んでしまえばできなくはないですが、やはり片道で2回も折りたたむのは面倒。
もうひとつは、単純に乗り過ぎて飽きてしまったため。ほぼ毎日これで通勤してたので……。

しかし、1年ぶりに指定空気圧までタイヤに空気を入れて、チェーンに注油して、フレーム磨いて、必死に手順を思い出しながら組み立てて乗ってみたら、やっぱり楽しい。
こんな小さい8インチのタイヤなのに、ちゃんと走る。

思うに、ハンドルの高さを無段階で調整できる構造になっているのが大きいのかなと。昔乗っていたDAHONの折りたたみはハンドルの高さを変えられず、いまいちポジションがしっくりこなかったのですが、Carry-meだとサドルより低くすることも簡単です。あまり下げると危ないですが。

先日ふと思い立って、上の子の自転車遊びにCarry-meを持っていき、初めて一緒に走ってみました。(これまでは自分は徒歩)
そうしたら速度的にちょうど良く、なかなかいい案配。ロードだと気合いが入り過ぎだけど、Carry-meのゆるさなら子供のスピードとぴったり合う。2台車に積んで遊びに行くこともできるし。

意外なところで活用法が見つかったかも?(笑)
【Carry-me】カテゴリーの記事

  1. 2015/10/29(木) 08:22:39|
  2. Carry-me
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<RooDol(ルードル)の分解できる3本ローラーがアップ用に良さげ | ホーム | さいたまクリテを観戦してきた>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1288-aea7f6e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)