タイトル

今年一年、どれだけCPを更新できたかをGolden Cheetahで確認する

一年を振り返るにはちょっと気が早いですが、Golden Cheetahでクリティカル・パワー(以下CP)の更新履歴がまとまっているところがあるので見てみました。
自分のようにほとんどレースに出られなかったとしても、日々の練習の中で出したパワーデータを蓄積していれば、数値の上で自分が今年どれだけ成長(あるいは退化)したかを確認することができるはず。

まず、過去2年分の記録と比べることで、今年どの領域を伸ばすことができたのか、逆に弱くなった領域がどこかを見てみます。
次に、それらをパワープロフィール表に当てはめて傾向を探ってみました。

以下は、Golden CheetahでCPの更新履歴を見る手順です。

メニューからDiary > Summaryを選択し、画面左上の方にカーソルを持っていくと「More」という文字が現れるのでクリックします。

More


以下のような設定画面が出るので、なるべく長い期間を指定します。少なくとも昨年から。今年だけだと過去データとの比較ができないので意味がありません。

Golden Cheetah - Settings


すると以下の「Athlete Bests」のところに、クリティカル・パワー(5秒、1分、20分など単位時間あたりの最大出力)のランキングが表示されます。

Golden Cheetah - Athlete Bests


ここで、今年の日付が1位になっているところがあれば、そこは伸ばすことができた部分ということ。
自分の場合だと、1分、5分でベストを更新していました。一方、20分は8位にようやく今年の記録が出てくるという、目をそむけたくなる結果。
ただ、5秒、10秒、60分はどれもベスト3以内に今年の記録が入っていたので、これは悪くない。

次に、このランキングを見ながら過去3年間のベストCPをパワープロフィール表にあてはめてみます。
パワープロフィール表はじてトレのページからダウンロードできます。

黄色が2013年、青が2014年、オレンジが2015年(今年)。

パワープロフィール

うわー、20分、60分が完全にへこんでるじゃないか……。
これはそもそも20分を超える長い登りが自走で行ける範囲にない、ヒルクライム大会に出ていない、ローラーでもインターバルばかりで20分走をほとんどやってないなど言い訳ばかりが浮かんできますが、結局のところ強化すべき部分をサボっていたということがはっきりわかる結果となりました。

逆に、1分や5分など短時間については前年を更新しており、これはおはサイの成果だと思われます。
ロードレースで重要と言われるのもこの領域。だからおはサイを続けてきた意味はあった。これを確認して安心するのが目的でした(笑)

まあパワーだけで勝敗が決まる訳ではないのはさんざん言われている通りで、全体のごく一部のファクターでしかないのですが、数値を見て自分の得意/不得意分野を掴んだり、強化できた領域を確認したりできるのはパワーデータの面白いところだと思います。

【パワトレ関連】カテゴリーの記事

  1. 2015/11/11(水) 19:04:13|
  2. パワトレ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Strava ライブセグメントを使ってみた | ホーム | おはサイ、袖ケ浦周回練>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1292-660e366a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)