タイトル

6人おはサイと省エネ走行の可視化

おはサイ

「日曜、周回練やるなら混ぜてもらえませんか?」と走りたくてムラムラしているI田さんから連絡があったので、FBの非公開グループ(練習掲示板)で募ってみたところ、5名の方が来てくれました。ありがとうございます。
もともと誰とも走る予定がなかったので自分としてもありがたい。

気温1℃の中、6時にいつもの公園に行くと1周目で離脱予定の師匠が来て、中袖インターバル3本やってきたと。マジすか。もうアップ完了ですか……。
牛久から自走のI田さんもムラムラしている感じで、とりあえず今日は自分が抑え役にならなければいけないと決意する。

あと二人遅れて来るかもしれないけど4人揃ったから出ましょうとスタート。すぐにS石さんが合流。
1周目からいきなり速い。速いよー。メーター見えないけど40km/hくらいか?
で、自分も結局合わせてしまう(笑)

師匠が離脱し、W辺さんが合流。その辺で皆に声かけてちょっと全体のペースを落とす。どうどうどう。
2周目以降は割と平和に、35~36km/hくらい。I田さん、W辺さんの引きが強い。

集団走行でいろいろ試してみるチャンスということで、「集団内でいかに無駄足を使わないか」を意識してみる。
できる限り惰性でペダリングして、最小限の力で着いていく。これで、後でパワーデータを見て平均ワットが低ければうまくいったと言えるのかなと。

これが、特に意識してやっていた時のログ。

省エネ時のログ

前半3分の1くらいまで先頭を引いていて、後半は下がってからのもの。平均ワットは前半が1分332W(向い風だったので高め)、下がってからが2分14秒124W。前走者にぴったり張り付いて、「これほとんど何も力を加えてないでしょ」っていうくらい脱力しても、120Wは出ているんだなあ。

心拍は167から1分半で140まで下がっているから、うまく回復できたのかもしれない。こういうのは意識しないと(特に緊張・興奮状態にあると)何となく全区間頑張って無駄脚を使ってしまうから、頑張るところと休むところをはっきり分けてメリハリをつけるようにしよう。コーナーの立ち上がりで必要以上に踏みすぎないのも重要。
パワーメーターって「パワーをどれだけ出したか」だけでなく「どれだけ出さなかったか」(エコノミー)を見るのにも使えるのが面白い。

3周目、S石さんが離脱して4人に。最後の直線はフリーにして、W辺さん、I田さんと3人になってからのスプリント。15秒836W。仕掛けが早すぎて最後失速……。もうちょっと持たせられればなあ。
でも周回中の平均ケイデンスは今回も98rpmで、最近そんなに回転を意識してないのに高めの数値が出る傾向。センサー壊れてないか?(笑)
最後まで集中して走れて、一人ではできない良い練習ができました。ありがとうございました。

走行距離:63.1km
走行時間:2時間7分53秒(周回1時間25分35秒)
平均時速:29.7km/h(34.2km/h)
平均心拍:142bpm(150bpm)
平均ケイデンス:93rpm(98rpm)
消費エネルギー:1129kJ
AP/NP/IF/TSS:147W/181W/0.713/115

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2016/01/11(月) 09:04:10|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バイシクルクラブ2月号付録の防水ウォレット | ホーム | 最終日は鹿野山へ>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1316-28db36ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)