タイトル

千代田区のコミュニティサイクル「ちよくる」を使ってみた

今日初めて「ちよくる」に乗る機会があったのですが、そもそも電動アシスト自転車自体が初めてで、いろいろ予想と違って楽しかったのでエントリー。
ちよくる自体の詳細についてはこちらをどうぞ。

ちよくる

経緯としては、会社の自転車部の活動としてコミュニティサイクルを使ってみようという話になり、自転車でちょっと足を伸ばして桜を見てランチを食べて帰ってくる、というゆるいイベントをやることに。参加者は4名。

ちよくるのポート(専用の駐輪場)は会社のビルに併設されていて、こんな感じでズラッと並んでます。モデルはブリジストンのBIKKE。

ちよくる

事前に登録は済ませてあったので、利用開始は操作パネルのSTARTボタンを押してモバイルSuicaをかざすだけ。これで最初の30分を150円で利用でき、専用ポートであればどこでも返却(乗り捨て)可能。

注意点としては、自転車を選ぶ時にバッテリーの残量を確認すること。ハンドル左側にあるパネルの電源を入れるとインジケーターにバッテリー残量が表示されます。どのみち短距離じゃ大して減らないので、「0」とかになってるものを避けておけばOKかと。

操作パネル

シフターはNexusの内装3段。手前に回すとシフトアップなので個人的にちょっと慣れが必要でした。

シフター

サドルの高さを合わせ、いよいよ漕ぎ出してみるとビックリ。加速が鋭い! 後ろから押されているよう。電動アシストってこんなに力強いのか。
坂道もぐいぐい登る。
体感で20km/hを超えるあたりからアシストはほぼ感じなくなるのだけど、そこまでの加速にほとんど力を必要としないので、ストップ&ゴーの多い都心部では本当に楽。これは楽しいなあ。

花見客でごった返す皇居の歩道を横目にちよくる4台列車でスイスイと。

ちよくるライド中

ブレーキもママチャリとは比較にならないほどしっかり効いてくれるから、ある程度速度を出しても安心感がある。
うーむ、正直電動アシスト自転車をちょっとなめてたけど、イメージ変わったな。これなら家用に1台欲しい。何といってもゼロ発進からの加速がちょっとクセになる気持ち良さがある。

ちなみにアシスト強度は3段階で選べるのだけど、フルパワーで30分弱乗ってもバッテリー残量は(インジケーター上では)まったく減る気配なし。回生ブレーキとかはないはずだけど、ずいぶん持ちがいいという印象。

逆に気になったところは、車体によってブレーキレバーの角度がまちまちだったりするのと、カゴが小さいこと。カバンなど入れることを考えるともう少し大きめだと良かった。あとは、やはり利用するまでの手続きがやや面倒、というか少し敷居が高い。
でも気になったのはそれくらい。

短距離の移動なら間違いなく電車より速いし、指定ポートに乗り捨てできる利便性もあるので、アイディア次第でうまく活用できそうな気がします。

靖国神社のサクラ

【関連記事】
千代田区コミュニティサイクル「ちよくる」が使い勝手良さそうな件
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2016/03/29(火) 18:19:08|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小雨のおはサイ | ホーム | 土曜おはサイ(8人) 先々週とのパワーデータ比較>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1342-2b2dbc44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)