タイトル

そでがうらサマーサイクルロードフェスタ2016 スポー ツ1クラス

そでがうらサマーサイクルロードフェスタ

先週に引き続いてまたレース。今回は、地元に近い袖ケ浦フォレストレースウェイで行われる「そでがうらサマーサイクルロードフェスタ」(長い)に行ってきました。
前回出たのはいつだったかなと過去記事を漁ってみたら、2013年。てことは3年前か。その時と同じように朝からものすごく暑い。

自分のクラス(スポーツ1)はスタートが14時台と遅いので、午前中はホイール交換したり荷造りしたりとのんびりして、お昼頃に会場へ。
チームではニセコクラシックに行っている人が多いためか、ピットも小ぢんまりした感じでなかなか見つけられなくて行ったり来たり。
今回はアップ用に3本ローラーも持参しました。キャリアカートにカバンと一緒に乗せれば何とか運べるな。ギリギリだけど。

たらさん、S田さん達にご挨拶して、フレッシュマンレースを見学してから3本ローラーでアップ。しかし暑すぎて強度上げる気にならず、20分ほど軽く流しただけ。
試走時間もあったのでたまたま来ていたK保さんとおしゃべりしながら3周。もうアップはこれでいいや。
レースを終えたおはサイメンバーとも会えたのでご挨拶。千切れてしまった人もいたけど、皆さんレースを楽しんでいる感じが伝わってくる。

スポーツ1(上級者)はエリートの40秒後にスタート。周回数はエリートと同じで、1周2.4kmを10周。
上位25人が決勝に進めるけどそもそも20人程度しかいないので、先頭から3分以上遅れなければ全員決勝進出らしい。でもこれはスポーツ1だといつものこと。

1周目は集団後方で様子を見て、2周目の最初の坂で前方へ。この周はave42.1km/hとペースが上がったけどしばらくして落ちつく。集団で目立っていたのは蛍光イエローのジャージがまぶしい真岡工業高校の選手たちで、積極的に飛び出しては逃げている。
やはり先週の40代クラスとは違う。高校生らしい、すがすがしい走りだな。

マトリックスの選手もいたけど積極的に集団コントロールする感じでもなく、どちらかというと逃げを誘発させるような動き。佐野選手の後ろを走ってみたら、やっぱりデカイ。そして黒い(笑)

自分の位置取りは、大体10番手以内はキープできていて、たまにローテにもちょっと入る、という感じ。先頭から下がる時も下がりすぎないように気をつける。
長い下りからの右コーナーでは、登り返しでペースが上がることが多く、コーナーの進入時に前が詰まって減速を強いられるとその後でかなり脚を使ってしまう。
なのでわざと車間を空けてからコーナリングで詰めるのだけど、たまにインが空いている時はインを差して上がったりも。状況によっていろんなパターンを使えるように練習しとこう。

3~7周くらいまではave40km/h台で落ちついていて、散発的な数人の逃げができては吸収、を繰り返す。このペースならいけそう、と思っていたら、8周目にガツンとペースが上がってまた42km/h台に。
やばい、結構苦しいぞ。
下りで息を整えて、ひたすら位置取りに集中。集団もピリピリした感じに。

9周目も同じペースで、ジャンが鳴りいよいよラストラップ。
と思ったら、なんと40秒前にスタートしたエリートのトップが追いついてきてフィニッシュしてる。マジか……。
集団内でも「速すぎるだろ!」と半ばあきれたような雰囲気がありつつ、人のことより自分のこと、と意識を戻してラスト1周。

ラストはやっぱり速く、位置取りも厳しく、登り返しで10番手くらい。大体ここの通過順位でほぼ決まってしまう気がする。最終コーナーでは先頭は既に遠く、入賞は厳しそうだけどとりあえず死にかけのスプリント。で8位でゴール。
ラストラップは44.4km/h、心拍は191bpmまで上がってました。ホイールはレース用なのでパワーは不明。

完全に出し切って、終わってからピットに入るまでの1周もフラフラで、気がついたら最後尾のオートバイが迫っている。
明らかに先週のレースより1~2段階強度高かったな。こんなに追い込んだのいつ以来だろう、というくらい。しかも30分後にまたレースとか……走れるんだろうか?

ピットに戻り、暑さと疲労でぐったりして座り込んでいたら、たらさんが冷たいメロン食べますか?と。いただきます!
そしてS田さんが氷の袋を貸してくださり、しっかり首を冷やす。この二つのおかげでかなり復活。本当に助かりました。
(続く)
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2016/07/11(月) 07:17:55|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<そでがうらサマーサイクルロードフェスタ2016 スポーツ決勝 | ホーム | おはローラー 5分×1本>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1375-a43dbe6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)