タイトル

「Androidデバイスマネージャー」が行方不明のタブレットを見つけるのに便利だった件(追記あり)

今さらながら最近知ったのですが、Androidにも「iPhoneを探す」のような機能があって、たまたまタブレット(Nexus7)が家の中で行方不明になってしまった時に使ってみたらとても便利だったのでメモ。

そもそもあんなデカイ物はなくならないはずなのですが、1歳児は意味もなく(あるのかもしれない)見つけるのが極めて困難な場所に物を放置、あるいは放り込んだりするので、「置き忘れるとしたらここだろう」みたいな大人の常識を捨ててかからないと永遠に探し続ける羽目になります。

そんな時はこの、「Androidデバイスマネージャ~」(ドラえもんの声で)。

Androidデバイスマネージャー

使い方は簡単で、このページを開いてGoogleアカウントでログインし、見つけたい端末を選ぶだけ。
端末の位置が特定できたら、「着信音を鳴らす」「ロック」「消去」のうちどれかを選びます。
今回は家の中にあるタブレットを探すので「着信音を鳴らす」。
すると、タブレットから「♪ピロリンピロリン」(うろ覚え)と結構な音量でメロディが流れ、しかも5分間も鳴り続けるのですぐに場所がわかるという案配。

スマホだと単純に固定電話から電話をかけて探すという探し方が王道(?)と思いますが、それでもマナーモードだったりするとどこかで「ヴーン」と鳴ってるんだけどどこかわからなくてモヤモヤしたり、さっさと見つけないと留守電になってしまったり。
しかし上の方法であればマナーモードであっても音を鳴らしてくれるのでスマホを探すのにも便利です。

ただし、端末の電源が入っていて位置情報がONであること、通信ができる状態であること、端末側のセキュリティ設定で「リモートからのロックまたはデータ消去を許可する」にチェックが入っていること(これは大体デフォルトでONらしい)などが条件。
あとは端末側の位置情報の精度を省電力モードにしていると、デバイスマネージャーがなかなか位置を特定できないことがあるみたい。

[追記]
実験してみたら、端末の位置情報がOFFであっても、ネットワークを掴める状態であれば着信音を鳴らせました。つまり家の中で端末を探すだけの用途であれば、「位置情報を利用できません」と出ていても構わず着信音を鳴らせば鳴ります。
【携帯・インターネット】カテゴリーの記事

  1. 2016/08/15(月) 08:35:14|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イオンモールおはサイ 3人でペース走 | ホーム | 山の日おはサイ 鹿野山で自己ベスト更新>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1390-1d4db053
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)