タイトル

初めてのVR体験

VR ZONE

前から気になっていた、バンダイナムコの「VR ZONE Project i Can in お台場ダイバーシティ」に行ってきました。

これは何かというと、様々な種類のバーチャル・リアリティ体験ができるという、期間限定のアミューズメント施設のようなもの。利用するには時間枠ごとの予約が必要で、上限人数も決まっているので、何日も前に予約を入れておかないとなかなか取れません。
今回は会社の人たち2名と、19:30~21:00という回に行きました。

料金ですが、一つのVR体験につき700円~1000円とそこそこのお値段。さらに決済用のカードの購入に300円かかります。このカードに現金でチャージをして、それぞれのVR体験での決済はカードをかざして行うという形。

チャージ額が余っても払い戻しができないので、終盤はどのVRをやるか、いくらかかるかを見極めて慎重にチャージする必要あり。
ちなみに100円単位でチャージをする時は機械に1枚ずつしか入れられないのでかなり面倒です(笑)

1回の時間枠は90分で、この間に好きなVRを選んで遊んでいきます。人数が制限されているせいか、並ぶとしてもせいぜい一組待ち。どれも大体10分以内で終わるのと、人気のところは後回しにして先に並んでないVRに行くという選択ができるので、それほど待たされる印象はありませんでした。

以下、VR初体験の印象が薄れないうちに感想を。これから行く予定の人はネタバレもありますのでご注意ください。

・『ガンダムVR ダイバ強襲』

VR ZONE ガンダム

最初にやったのはこれ。予備知識なしで、何となくガンダムを操縦できるのかなと思ったら、そうではなくガンダムの手のひらに乗せられてガンダムとザクがバチバチやり合うのをメッチャ近くで見てる、という設定。
最初は立った状態からのスタートですが、VRゴーグルとヘッドフォンをつけるともう360度どこを向いても別の世界。すげえ。でも実際には係の人が腰紐をしっかり持って、あらぬ方向に行かないよう(犬のリードみたいに)支持してます。

手のひらに座ってからフワッと持ち上げられる時は思わず胃が縮む。あとザクが凶暴すぎ(笑)。やーめーろー。

いやー、こりゃすごいわ。

・『スキーロデオ』

VR ZONE スキー

スキーの滑降競技のようなVR。両手にストック、足はエッジを立てるような動きでターンができます。
開始前に、「非常に酔いやすいので『もうダメだ』と思ったらしゃがんでください」と言われビビる。
でもこれが個人的に一番没入できました。迫力、スピード感ともに申し分なく、本当に無人のゲレンデを滑っているかのよう。しかし、コースを間違えて崖から落ちる(笑)
この奈落に落ちる時が本当に怖い。思わず声が……。

終わったらこの数分で腕が筋肉痛に。すごい力を入れてたみたい。
あと一緒に行ったスキーヤーによると、細かな動きが違うので結構違和感があったとのこと。自分はボードしか滑れないのですんなり入れましたが。

・『高所恐怖SHOW』

VR ZONE 高所歩き

VRのお約束コンテンツ的なやつ。200メートル上空のビルの屋上からうっすい板が張り出していて、一番先っちょにいるネコを助けて戻ってこなければならない。(高いところ苦手なのになんでこれやったんだ)
最初にエレベーターに乗って屋上まで上がるのだけど、この時点でもう怖い。
屋上に出て下を覗くと、……あーもう無理。足がすくむ。

頭の片隅には「実際は踏み外しても大丈夫」という冷静な自分がいるにはいるのだけど、それでも視覚から入ってくる情報のパワーはすさまじく、やっぱり見ちゃうと怖くて踏み出せない。ヤケクソに頑張って歩きましたが。

怖いけどまたやってみたいような、みたくないような。

・『脱出病棟Ω』

VR ZONE ホラー

これだけは絶対イヤだと言い続けていたんですが……。(だってやってる人達が全員絶叫してるから)
二人がやるというので超イヤイヤやることに。「怖いものが苦手な方、心臓が弱い方は……」みたいな説明がかなり念入りに書いてある。完全に苦手なんですけどねー。

4人まで同時プレイができて、最初は仲間たちと一緒に動き出す。良かった、仲間と一緒ならまだ安心、と思ったら勝手に別々のルートへ……。あれー。

うわー!

やーめーろー!

「GAME  OVER」

なんかいつの間にか死んでいたらしい。
一人が死ぬと全員ゲームオーバー。でもなんで死んだのかよくわからず。

終わってぐったり。

いやー、結構楽しめました。(最後のやつ以外)
将来的にはゲームセンターもこういう方向にいくのかな。家庭用もそろそろ出るようだし。
料金は結構するのだけど、実際やってみると係の人の補助が必要だったり、VRゴーグル・ヘッドフォンだけでなくファンとかヒーターとか振動なども駆使してリアリティを演出しているので、終わってみれば納得の料金設定と思えてくる。

あと、自分はやらなかったけど、大観衆を前にステージで熱唱できるというVRもあり、カラオケボックスもこうなったら楽しそう。
いずれ自転車でツール・ド・フランスを走れる、なんてのが出てきたりして。あ、ダウンヒル競技の方がスリルあるかな?

【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2016/08/31(水) 12:06:28|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<金曜、イオンモールおはサイ | ホーム | 土曜、9人でおはサイ>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1396-317f4f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)