タイトル

千葉競輪場が屋内板張り250メートルバンクに生まれ変わる?

バンクの最上段から

yashiroさんから教えてもらった記事ですが、期待を込めてエントリー。

<千葉競輪>廃止一転、存続も 千葉市、施設整備提案受け(千葉日報オンライン)

千葉競輪場は2018年度には赤字が予想されていて、存続するためには施設の大規模な改修を行なう必要があるのですが、主催者である千葉市がそのための費用を捻出できないという理由で2018年3月をもって廃止される予定でした。

しかし、ここにきて新展開が。
競輪場の運営委託先である日本写真判定から、同社負担で屋内板張り250メートルバンクに再整備するという提案があったようです。
もしこれが実現すれば、都内からもアクセスの良い場所に本格的な板張りバンクができることに。現在の千葉競輪場のようにレースのない週末に開放してくれたら……とか、いっそオリンピックも伊豆じゃなくてこっちで……とかいろいろ妄想が膨らみます。

ただ、おそらく一番問題になるのは競輪(ケイリンではなく)のルールかと。現在は333メートル、400メートル、500メートルという3種類のバンクのいずれかで行われていて、250メートルというのはないです。競輪で使うことを考えた場合、先行有利で逃げ切りばかりになり、捲りがほとんどなくなってしまったりすると興行的に厳しいという判断になるかも。

しかし考えようによっては、今までにないバンクでのレースは新しい駆け引きが生まれて新鮮かもしれないし、観る方は選手と近くて迫力も感じられるし、逆に今より人を呼び込めるようになるかもしれません。

バンクの規格を見直すのか、ルール改正になるのか、どういう落としどころになるかわかりませんが、存続の可能性が見えてきたことは個人的には嬉しいです。
たまにバンクを走らせてもらうとすごく楽しいし、身近でそういう場所がなくなってしまうのは寂しいので。

【関連記事】
バンク初体験 in 千葉競輪場(前編)
バンク初体験 in 千葉競輪場(後編)
2回目の千葉競輪場練習会
「第3回 弱虫ペダルカップ~春ノ体育祭2015」に行ってきた
【気になるニュース】カテゴリーの記事

  1. 2016/12/06(火) 12:12:00|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<木曜、氷点下おはサイ | ホーム | 日曜、久々のチーム練で撃沈>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1428-8c4bc70c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)