タイトル

Carry-meで息子と走る

月曜(祝)はチームの走り初めの日でしたが、家の都合で参加できず。でも結局悪天候で前日に中止の連絡が来ていました。
外は暴風雨だし日中は乗れないので、暗いうちに3本ローラーへ。メニューは、L4 10分を2本とL6の30秒+30秒インターバルを15本。

ところが、L4を終えてレストを入れるため、ARION AL13の負荷を0にしたのに、なぜか回転が重い。インナー×21Tくらいでゆっくり漕いでるのに100W近く出てるぞ……。妙に甲高い音もするし。
これは負荷装置が壊れたのか?と思ったけどよく見たら前輪がスローパンクしてました。(なんで?)

とりあえずその場でチューブ交換して練習再開。よくよく思い返してみると、そういえばL4やってる時になんかフワフワして感じがしていたのと、ホイールの回転に合わせてゴン、ゴンという音がしてたなあと。パンクだったのか(←気付けよ)。

これ、仮に速度ベースのワークアウトだったらすぐ異常に気づいたかもしれないけど、パワーベースだとパンクしていようが負荷装置が壊れていようが、どんな状況であれ狙ったパワーを出せればいいので非常に気付きにくいです。ただの言い訳ですが(笑)

その後は予定通りメニューを消化してトータル1時間20分、TSS90、NP208W、757kJ。

午後は天候も回復したので長男(4歳)を連れて袖ケ浦海浜公園へ。トランクには長男の自転車と久々のCarry-meを載せて。
長男は最近補助輪が取れてから自転車が楽しくて仕方ないらしく、しょっちゅう「自転車に乗りにいこう」と言ってくる。最初はジョギングで着いていってたのだけど、だんだんスピード的に厳しくなってきたので今日からCarry-meを投入。

Carry-me

Carry-meと息子

しかし、引っ張り出してきたのが久しぶり過ぎて空気圧がかなり落ちており、漕いでも全然進まない。
しまった、米式携帯ポンプも持ってくれば良かった……。Carry-meって適正空気圧(5.6気圧)だと滑るように軽く走れるのだけど、この状態(おそらく1気圧以下)だとただのタイヤが小さくて進まない変な自転車なんだよなあ。

と嘆いても仕方ないので、トレーニングだと思うことにして頑張って着いていく。でも子供の方が断然速く、「ちょっと待って~」とお願いしながら必死に追いかけるという情けない構図。変な自転車でしかも遅いという……。

冬の空

アクアライン

ちなみにこの公園は氣志團万博の会場にもなっている訳ですが、周囲にサイクリングロードが整備されていて子供と走るのにはうってつけ。
この他にも自転車専用の教習所のようなコースで交通ルールも学べる吾妻交通公園とか、潮浜公園、小櫃堰公園、袖ケ浦公園など、安全に自転車を楽しめる広い公園が近くにいくつもある。結構、環境は恵まれているかもしれないな。

帰宅後は速攻でCarry-meにパンパンに空気を入れて注油もして、リベンジを誓ったのは言うまでもありません(笑)
環境が変わって通勤では使わなくなってしまったけど、たまに乗るとやっぱりこの自転車は面白いなと思う。
【Carry-me】カテゴリーの記事

  1. 2017/01/10(火) 12:58:27|
  2. Carry-me
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<-3℃の木曜おはサイ(と冬期に速度が出ないことの浅い検証) | ホーム | 土曜おはサイ、くるくる練>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1441-3484f6d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)