タイトル

Edge520の「事故検出機能」とはどのようなものか

Edge520Jのソフトウェアをアップデートし、バージョン10.00にしました。
更新内容はこちらに記載されています。

Edge 520J ソフトウェアバージョン 10.00(いいよねっと)

▼Ver.10.00で変更される内容(2017/01/19)
・事故検出の機能を追加
・ワークアウト中のデータ表示のデザインを変更
・階級の測定を改善
・ConnectIQ2.2のサポート

「事故検出」って何だろう?と思ったので、試しに動かしてみました。
(ちなみに「階級」も気になりますが、これはどうやら斜度のことらしいです)

■ 事故検出機能とは

簡単に言うと、Edge520をスマートフォンのGarmin Connectアプリと連携させることにより、万が一事故に遭った際にあらかじめ登録しておいた連絡先に位置情報とメッセージを送ってくれるという機能です。
上位機種のEdge820には既に実装されています。

■ 設定手順 その1(アプリ側の設定)

1. Garmin Connectアプリを起動します。(もし最新版でなければ最新版にアップデートしてください)

2. メニューの設定画面を開くと、以下のように「事故検出」という項目があるので選択します。

GC_設定画面

3. 事故検出設定画面になるので、住所情報と緊急時の連絡先を指定します。連絡先は端末の電話帳から選択する形式です。

当然ながら、連絡先はメールアドレスを含んでいる必要があります。また、連絡先を指定しないと事故検出設定を完了できません。

GC_事故検出設定画面

追加すると、追加された人には以下のようなメールが飛びます。

Mail_緊急連絡先通知メール

ここまででアプリ側の設定は完了。


■ 設定手順 その2(Edge520側の設定)

1. バージョン10.00に上げてからEdge520を起動し、設定画面を出すと、以下のように「事故検出」という項目が追加されています。
これをONにします。

520_事故検出設定

設定するとこんなメッセージが出るはず。(ちょっとうろ覚え)

520_事故検出設定後のメッセージ


■ 設定手順 その3(Edge520とアプリの接続を確認)

Edge520を起動した状態でアプリを立ち上げ、メニュー画面の右上にあるEdge520のアイコンをタップします。以下のようになっていればOK。

GC_Edge520接続中画面

あとは、この状態でライドの記録を開始すると機能が有効になります。


■ 動作テスト

※注意:実際にテスト行うと、異常事態を知らせるアラート音がかなりの音量で鳴り続けるため、くれぐれも職場や人が多い場所でのテストは避けてください

気になっていたのは、「何をもって『事故』と見なしているのか」ということでした。一番ありそうなのはスマホの加速度センサーかなと。それならぶんぶん振れば反応するかもしれないと思って試してみました。
事前準備として、上記1~3の設定後にGPS信号を受信できる場所に移動し、ライドの記録を開始します。
で、スマホを振る。思いっきり振ってみる。

……反応なし。
あれー、これだけやっても反応しないんじゃ、崖から落ちるくらいじゃないとダメなのか(それは違う意味でダメだが)、と期待外れ感が。
地面に落とすテストはやりたくないしなあ。

この時点では、Edge520には加速度センサーは付いていないと思っていたのでやってませんでしたが、まあダメ元ということでEdge520を力強く振ってみました。

……ホワンホワンホワン!!

うわっ鳴った!
かなり音がデカくてビックリ(音はスマホから出ます)。通行人が振り向いてる……すいません。
加速度センサー、ついてたのか。

この時、Edge520の画面はこんな感じに。

520_救助を要請

画面上部にはキャンセルボタンが表示されます。これを30秒以内に押すと以下のような画面に。

520_キャンセル

押さないでカウント終了まで待っていると、以下の画面になります。

緊急メッセージが送信されました

メールを送られる側はどうなるかというと、まず30秒以内にキャンセルすれば何も来ません。
キャンセルしなかった場合、以下のようなメールが来ます。

Mail_事故検出メール

この中にGoogleマップのURLがあり、クリックしてみたところ、かなり正確に鳴らした位置を指していました。

また、緊急メッセージを送ってしまった後でも、「私は大丈夫」ボタンが表示されていて、これを押すと以下のメールが飛ぶようになっています。

Mail_私は大丈夫メール

↑これが来ても全然安心できない気もする。

■ 感想

そもそもEdge520に加速度センサーが入っていたとは知りませんでした。
何度か試した感じでは、ちょっと振ったくらいでは反応しません。そういう意味では誤動作は少なそうですが、立てかけておいた自転車が風で倒れたらおそらく鳴るでしょう。

人気のない道を一人で走っている時、万が一のことがあって意識を失っても、誰かに緊急メッセージを送ってくれれば状況と場所は伝わります。そういう意味では保険になると思うので、自分は常にONにしておこうかと。
もちろんそれとは別に「緊急連絡カード」を携帯するのはマストですが。

あと、これを見て思ったのは盗難・いたずら防止の仕組みをConnect IQで作れないかなと。例えばアプリで「警戒モード」にすると、その間に加速度センサーが一定以上振れたら大音量アラートを鳴らして、スマホにも通知する、みたいな。
ただしBluetoothの範囲内となるのであまり離れたら検知できませんが。

……あ、でもやっぱりダメだ。メーターだけ盗まれちゃう(笑)
いいアイディアだと思ったんだけどなー。
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2017/01/23(月) 12:55:20|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日曜、強風の親子練 | ホーム | 土曜おはサイ 4人で早いローテーション練>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1447-fa7347de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)