タイトル

Golden CheetahでTRIMPポイントからTSSを推測する方法

TSS vs TRIMP

つい先日、パワーメーターの電池が切れた状態でチーム練に行くことになり、TRIMPポイントに(かなり雑な)係数を掛けるとTSSをざっくり計算できるという話を書いたのですが、たまたまGolden Cheetahでその用途にぴったりのチャートを見つけたのでメモ。

その前にちょっと補足で、TRIMPというのは「トレーニングでどれだけ体に負担がかかったか」を心拍数を基に定量化したもの、TSSは心拍数ではなくパワーデータを基にしたものです。

TRIMPからTSSがわかると何が便利かというと、パワーデータがなくてもTSSを手入力すればCTLやTSBといった統計情報が歯抜けにならないということ。パワータップユーザーの方ならこの気持ちがわかるのではないでしょうか(笑)

あとはランやスイムなど他のスポーツを並行してやっている場合、複数種目のトレーニング負荷を一本化して管理できるメリットもあります。
要は(ちょっと懐かしの)パワーキャルですね。

以下に手順を記載しますが、前提としてパワーデータと心拍データがある程度蓄積されている必要があります。これは自分自身の統計情報を基に係数を生成しているため。

■ 手順
Golden Cheetah(3.4以降)を起動し、[Trends]メニューを選択。
[参照] > [Download Chart]を選択。
チャート選択ダイアログが出たら、右上の検索ボックスに「TRIMP」と入力し、[Reset Search]ボタンを押す。(エンターキーを押すとダイアログが閉じてしまうので注意)
検索結果が出たら、「TSS vs TRIMP」を選択し、[Download selected chart(s)]ボタンを押す。

すると[Trends]画面に「TSS vs TRIMP」チャートが追加されます。
もし画面の端に隠れて見えない時は、以下の矢印アイコンをポチポチ押すと出てきます。

▲ボタン

ここで冒頭のチャートが出てきますが、計算式を拡大してみるとこんな感じ。

TSS vs TRIMP 計算式

この式に従えば、例えばTRIMPポイントが300なら、(0.5425 × 300) + 24.3853 = 187.1がTSSの近似値となる訳です。

これはあくまで近似値ですが、自分自身の全データをサンプリングした結果なので精度は高いです。試しにTSSがわかっているアクティビティを使って答え合わせをしたら、かなり近い数値が出ました。
ただし、散布図を見てわかるように、TRIMPが低い(50以下)ほどTSSは実際より高めに、高く(100以上)なると今度は実際よりやや低めに算出されてしまうようです。この辺は個人差もあると思いますが。

このチャートは公式なものではなくGolden Cheetahのユーザーが作成したものですが、アップ日時を見たらつい2週間ほど前に追加されたみたいで、意外にもできたてホヤホヤでした。やはり海外にもパワーメーターの電池切れで悲しい思いをした人がいたのかな、なんて想像をしてしまいます。

そういえば以前紹介した有料のパワーデータ解析サービス「Xert online」で、XSS(意味的にはTSSとほぼ同義)のマニュアルエントリーができないのが残念と思っていたら、やっぱりそういう要望が強いみたいで、ユーザーフォーラムに「マニュアルエントリーはできないのか」といった書き込みがいくつも並んでいて、創業者のMastracci氏が「Comming soon...」と繰り返し回答していたので何だか可哀相になりました(笑)。でもそこさえ実装されれば文句なしなので期待したいところです。
【パワトレ関連】カテゴリーの記事

  1. 2017/03/02(木) 12:38:14|
  2. パワトレ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<9人でおはサイ | ホーム | リハビリライド・・・ではなかった居残り練>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1461-670586f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)