タイトル

フラットバーで鹿野山へ

九十九谷公園

師匠に代車を借りられたおかげでGWに自転車がないという、メンタルがやられそうな事態は避けることができました。
ただ、タイヤとチューブとペダルだけは自前なのですが、このタイヤ(GP4000S)が結構使い古しのやつで、「緊急用」と書かれたガムテープが貼られていたりして、正直使うのがためらわれる。
ま、でもスリップサインはまだ出てないし大丈夫か。

GW初日は、1ヶ月乗れなくてどの程度体力が落ちたのかを現状把握するため、7時出発で鹿野山へ。
フラットバーのポジションも3回ほど乗ったらだいぶ慣れてきた感じ。やはりこのフレーム(RHM9)はよく進む気がする。乗り心地もとても良い。
50分ほどで大井戸ミニストップに着いて、イートインで優雅に朝食をいただいてから福岡口へ。ちなみにここは土日祝日9~17時は下りの一方通行になるらしいので、9時までに登り切らないといけない。

いよいよ鹿野山。パワーメーターはないので、昔やってたように心拍を見ながら一定強度を保つ。平坦はなるべく踏んで、斜度がきつい所は無理しないように。
フラットバーの中央部に手を置くと、ドロップの上ハンを持つのに近いので、登りでもそれほど違和感はない。
しかし、開始5分も経たず呼吸が荒くなり、キツくなる。これ最後まで持つのか?

やっぱりというか、後半はかなりペースも落ちてしまい、ヘロヘロになりながらゴール。タイムは17分10秒。
ん?18分半くらいかと思ってたけど予想より良かったので意外。
地味にランだけはやってたのでその効果か?いや、でも心肺が楽という感覚は全然なかったし……。
機材に助けられたかな。

九十九谷公園で少し休憩してから下ろうとしたら、道路脇にロードを停めて困ってる感じの人が。
「大丈夫ですか?」と聞くと、どうやらチェーンがチェーンウォッチャーの下に落ちてしまったみたい。「六角レンチありますか?」と聞かれたので携帯工具をお渡しする。

見ているとちょっと手つきが不慣れな様子だったので(あと工具を携帯していなかったこともあり)、もしかしてまだ乗り始めて日が浅いのかな、と思って途中からサポートに。チェーンウォッチャーを外してチェーンを掛け、フロントディレイラーを固定して、とりあえず自走はできる状態になりました。すごく感謝されて逆に恐縮したけど、でもすんなり直って良かった。

遠方からの方でしたが車を置いている場所はすぐ近くとのことだったので、それなら安心、とお別れする。
またぜひ遊びに来てください。

帰りは最短ルートを追い風に乗ってスムーズに帰宅。GWで交通量が増えるからいつも以上に気をつけないと。なんせ借り物の自転車だし。

----

午後は二家族で潮干狩りに行ったのだけど、これがまた見事にどこ掘ってもさっぱり採れない。去年が富津海岸でザックザクだったから余計に落差が……。
今年はどこもこんな感じなのかなあ。



走行距離:55.5km
走行時間:2時間7分17秒
平均時速:26.3km/h
平均心拍:146bpm
平均ケイデンス:79rpm
消費エネルギー:不明
AP/NP/IF/TSS:全部不明

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2017/05/04(木) 18:29:53|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジロ・デ・イタリア2017 ネットライブ | ホーム | 27日ぶりのおはサイ(代車で)>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1478-64576c6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)