タイトル

BOSO クライムハイ

GWの最終日は内房レーシングの「BOSO クライムハイ」というチームイベントに参加してきましたよ。
房総の主たる山を全部制覇するという企画で、150kmで2500mを登るとのこと。
先に坂を登り切った人はUターンして最後尾まで下がり、頑張って登っているメンバーを応援しましょうというルール。(「マスタング方式」というらしい)

代車でお借りしているフラットバーでどこまで走れるかわからないけど、まあ最悪千切れても一人旅の心配はなさそうだし、いけるとこまでいってみよう。

ちなみにコースはこんな感じ。



7時にショップに行くとかなりの人数が。常代のローソンでまた何人か合流して、30人超か?
いろんな人に「自転車どうしたの?」とか、「あ、これが例の、アレねー」と言われる(笑)
自分としてはこのイベントに参加できてる時点でもう既に満足(笑)

常代ローソン

一発目は常代から鹿野山。先は長いのでかなり抑えて入る。5、6人がぴゅーんと飛び出していくのを見送って、淡々と。
マザー牧場の分岐点の先あたりでまささん、I田さん、H尾さんのパックに追いついたので、あとはその集団で平和に頂上まで。
そこからUターンし、最後尾の集団に着いてまた登る。
マザー牧場の牛さんの前で集合写真を撮ってから天羽に下り、今度は戸面原。

……の前に関尻のコンビニでトイレ待ちをしていたら、どうやら本隊は先に行ってしまったみたい。
トイレを諦めて追走グループで出発。この追走グループがなんかよくわからないけど速い人しかいなくて、高速ローテでかなりキツい。大集団に追いついたけど「まだ前にいるぞ!」という声が聞こえてきて、集団をパス。いやいやそんな頑張って追わなくていいでしょ……。
登り基調になってしばらく粘ってたけど、力尽きて千切れる。みんな速すぎ。

金束の交差点で一旦全員まとまり、会長から「Aチームはオプションでしいたけ登って白石峠から嶺岡に行ってください」と。いつの間にかチーム分けされてた。
しいたけはそこそこ調子良くて4番手くらいだったかな。下りはK保さんの1本引き。

お次は白石峠。sodefdさん、K保さん、F谷さんの3人に頑張って着いていって、ふと後ろを見ると誰もいない。なにーー。
なんとなく身の危険を感じたので早々に離脱し、単独で嶺岡林道へ。ここからぐっと斜度が上がり、39-23のファイナルギアが踏めなくなる。
すると面白いように抜かれまくって、ほぼ最後尾で小休止場所へ。やっぱり自分の脚力では漢のギアは踏めないな。ある一定以上の斜度になるとガクッとペースが落ちてしまう。

長狭セブンで大休止後、お次は清澄山。つなぎ区間はゆっくりペースなのが救い。
清澄は漢のギアでもいけるかなと思っていたけど、イメージしてたより序盤の斜度がきつくて、やっぱりバンバン抜かれる。
きーつーいー。
ここも頂上からUターンして最後尾へ。

小休止後、お次は大福山。老川十字路に向かう途中でフロント変速したら「バチーン!」という嫌な音がして、インナーに入らなくなる。
あら、フロントディレイラーのチェーンガイドが思いっきり割れてるよ……。
会長に見てもらって割れた部品を取り除き、とりあえずインナーに落としてもらう。変速操作でアウターには入れられるけど、その後インナーには戻せないという、事実上アウターが封印された状態。
というか、お借りしてる大事な自転車なのにやっちまった……申し訳ありません。

割れたチェーンガイド

大福山に行く組、ショートカット組と別れ、自分は行く組。しかしここのえぐい斜度こそ漢のギアが通用しない。
当然のように最後尾。とにかく踏めない。ギアの問題だけじゃないんだけど。
フラフラでなんとか頂上まで。
下りのダート区間ではF谷さんがコースアウトしてしまい、あわやというところでしたが、幸い大事には至らずほっとする。ダートは滑る感覚が苦手だなー。シクロクロスの人は全然余裕で曲がっていくのだけど。

最後から2番目は三石山。ここも微妙に抜かれつつも当社比ではまあまあの感触。しかし!なぜかGarminの計測を止めてた。途中で気づいて再開したけど、結局タイムはよくわからず。

よーし残りはあと一つ。

三石山

最後は房総スカイライン。F谷さん、sodefdさんがまず行ったのでまささんと二人で追う形。不思議なことにまだ脚が残っている。
しかしアウターが使えないので、下りはとにかく回すか超エアロフォームをとるしかない。というか本当にスピードが乗っちゃったら無理。
二人でピークを越えて、下りはまささんの強力な一本引きによりsodefdさんを吸収。すごい。

最後の平坦は、インナー固定でスピードが出なくて後続に追いつかれてしまい、その集団のペースにも乗れなくて微妙に千切れながらゴール。
やっと終わった……。
ミニストップのソフトクリームとコーラでようやく生き返る。

が、これで終わったと思ったら全然終わってなくて、最後に諏訪林道(2km/10%)を登って帰るとのこと。これもう絶対無理だろ、と思ったけど他の人たちが行くのでなんとなく着いて行ってしまい、また最後尾を蛇行しながらフラフラと。地獄だ。
すると後方から師匠が登ってきて、ペースを作ってくれたのでどうにか登り切る。助かった~。

大江戸温泉を下ってからは8人くらいの快速列車で。これまたメンバーが良くてペースも速く、インナーでは限界を感じたので、ついに禁断のアウターに入れる。もうここからは長い登りはないしいいだろ。
いや~アウターは楽だな~。150回転とか回さなくていいし(笑)
そのまま流れ解散になり、帰宅。
距離は174km、獲得標高は2,544mでした。

予想してたよりは走れたかな、という印象。もっとダメかと思っていたけど。
しかし何より、今回は登りに強い人がチーム内外からたくさん来ていたので、非常に良い刺激を受けられました。
次回はちゃんと自分のロードバイクで参加したい(笑)

それにしてもGW最終日にこのボリュームで明日から社会復帰できるのだろうか……。



走行距離:177.4km
走行時間:6時間59分38秒
平均時速:25.4km/h
獲得標高:2544m
平均心拍:141bpm
平均ケイデンス:77rpm
消費エネルギー:不明
AP/NP/IF/TSS:全部不明

【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2017/05/08(月) 00:46:02|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<3人でおはサイ 中袖インターバル×3 | ホーム | らーめん味覚で胃腸を鍛えるライド>>


えええええ、FDってそういう壊れ方するのか(滝汗)。


そーいえば、僕はRDを真っ二つにしたことがあったっけなぁ……
  1. 2017/05/09(火) 19:36:44 |
  2. URL |
  3. Yas #-
  4. [ 編集]

> Yasさん
リンク先見ました。これこそ、こんな割れ方するんだ~の見本じゃないですか?(笑)

しかしまあ、デュラエースでも割れる時は割れるんだなと。クランクも折っちゃう人もいますもんね。
  1. 2017/05/09(火) 21:58:13 |
  2. URL |
  3. puyan #U6MtqSYY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1481-e391c25c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)