タイトル

負荷付き3本ローラーのスピードからパワーを計算するフォームを作ってみた

完全に自分用ですが、エリート社の「ARION AL13」でスピードからパワーを計算するツールです。

使い方:「W」のフォームに任意のワット数を入力して「計算」ボタンを押すと、それぞれの負荷でそのワットを出すのに必要なスピードが表示されます。

W 

負荷0  km/h
負荷1  km/h
負荷2  km/h

現在パワーメーターが使えないのですが、過去に使っていた時のデータはあるので、パワーと速度のセットでいくつかサンプルを拾えば式にできるんじゃないかと思ってやってみました。

やり方は、まずGolden Cheetahを見ながら、なるべく5分以上一定出力を保った時のデータを強から弱までまんべんなく10個ほど選び、エクセルにワットとスピードの平均値を並べて散布図にします。
そこに近似曲線を引いて方程式を出すと、以下のような式が出てきます。

f(x) = 0.2859750837x + 3.2999835076

当然ながら負荷によって式は変わってくるので、3種類の負荷ごとにサンプリングが必要。しかし、自分は負荷1(中間)をほとんど使わないので、そこだけは0と2の中間値で作りました。

これを使えば、例えば「250Wを○分維持する」というメニューなら、負荷2で31.5km/hになるように回せば良い、とわかります。負荷0でもできますが、74.8km/hなのでこれは騒音、振動ともかなりひどくなります(笑)

ただ、メーターを見ながら一定スピードを維持するのは難しいし、「3秒平均スピード」などという表示項目はGarminにはないでしょうから、「ラップ平均スピード」を表示項目に追加するのがベストかと。ラップを切ってこの数値になるように合わせればかなり精度は高くなるはず。

あとは冒頭に「自分用」と書いたように、ローラーの種類とか人&バイクの重量、タイヤの種類、空気圧など諸々の条件で数値は変わってくるはずなので、他の人にも当てはまるかどうかはわかりません。
でもローラーに貼ってある換算グラフよりは遙かにマトモかなとは思います(笑)

そんなことをやっていたら、チームのまささんから「ある(自作の)モノを使ってみませんか」という打診が。
ちらっと概要を聞いただけで凄そう。自分の環境で動くかわからないけど、ぜひ試してみたいと思ったのでお借りすることにしました。
使ってみるのが楽しみ。
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2017/05/16(火) 12:12:08|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ある日のおはサイ | ホーム | Zwift始めました & 土曜、バーチャルおはサイ>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1484-9ba7c97d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)