タイトル

日曜、過去最速?の袖ケ浦チーム練

袖ケ浦チーム練

おは鹿野山練の翌日は袖ケ浦チーム練へ。最近は家の用事と重なったり単純におはサイ疲れで行く気力がなかったり(笑)で、チーム練自体が久しぶり。
というか鹿野山のダメージが全然抜けてない……。

今回も盛況で20人くらい?強いメンバーが揃ってるなあと思っていたらとどめを差すかのようにH林さん登場。あ、なんか終わったかも……。
会長からの指示は、A/B分かれて4周で、速度のオーダーはなし。オーダーがないのが一番恐い。

案の定、1周目から40km/hオーバー。どうやら大集団を分断させようという動きがあったらしく、中袖復路でもアタックがかかる。
1周目が終わって集団は10人ほどに。このペースで最後まで持つんだろうか?(自分が)

2周目はさらに速く、H林さんの引きが強烈すぎ。自分はローテ順がH林さんの前で、先頭引きで力を使いすぎると交代のつもりが後退になってそのままサヨウナラの危険性があったので、着いていけるだけの余力を残して下がるようにする。
ドラクエ4で言えば【いのちをだいじに】。しかし周りは【ガンガンいこうぜ】の人もいて、もうこの時点で負けてる。

3周目で何人か脱落し、H林さん、ヒデさん、sodefdさん、K保さん、kobaさん、F谷君、自分の7人に。以降はしばらくこのメンバーで。
ただ、ペースは若干落ちてきていて、H林さんも加減してかそれほど長い引きはしなくなったので、何とか着いていくことはできそう。

4周目。前半は淡々といって、中袖往路でK保さんアタック。ヒデさんが反応し、集団は二人を追う形。先頭のF谷君が辛そうだったので「どんどん回していこう!」と声をかけたら、交代したsodefdさんがものすごい勢いで詰めて一気にブリッジ。さすがだ……。

復路もアタック合戦のようになり、自分は限界ギリギリで着いていくだけ。
酸欠で意識が遠のきそうになる中で、「パワーメーターがついてたら今何ワットかな……」などとのんきなことを考えていたので、たぶん本当にヤバかったんだろうと思います(笑)

最終的にkobaさんが単独逃げになり、集団で追走。じわじわ詰めて吸収し、最後の直線へ。ここでK保さんがアタック。うわー、これは単独逃げ切りもありうる。
気がつくとF谷君と二人で追う格好になっていて、お互いギリギリっぽかったので、細かくローテを回すように声をかけて追う。辛い。

2本目の橋を越えてもう少しで吸収……というところで後ろから来た(様子を見ていた?)H林さんとヒデさんだったか、二人にズバーンと抜かれ、3~4人の小集団に。
そこから絶妙のタイミングでF谷君がスプリント。必死で追ったけど無理そう。最後はkobaさんにも気持ち良くまくられて3位でゴール。

なんか、今までの袖ケ浦チーム練の中で一番キツかったかもしれない。
パワーデータはないけど速度だけ見ても、4周/66.6kmを走ってアベレージが40.3km/h。心拍160bpm。特に速かったのはやっぱり2周目か。
土曜日のおは鹿野山練と合わせて非常に良い刺激を受けられたけど、もうしばらく刺激なくてもいいかな(笑)

あ、でも水曜にまた恐いイベントが待ってるんだった……。

走行距離:81.1km
走行時間:2時間19分51秒
平均時速:34.8km/h
平均心拍:159bpm
平均ケイデンス:83rpm
消費エネルギー:不明
AP/NP/IF/TSS:不明/不明/不明/たぶん165くらい

【チーム練】カテゴリーの記事

  1. 2017/06/05(月) 07:57:28|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Japan Zwift Morning Raceに参加してみた | ホーム | 土曜、おは鹿野山練(逆ハンマー・チェイス方式)>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1493-4ba12028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)