タイトル

Zwiftレースの一歩進んだ小技集

ZWIFT BLOG「5 ADVANCED ZWIFT RACING TIPS」という記事より。

結構知らないテクニックとかがあったので自分用のメモとして。
以下、超意訳です。


■ ダートでアタックしよう

Watopiaにあるいくつかのダートセクションは、スマートトレーナーの抵抗を上げるだけでなく、砂煙を巻き上げて視界を妨げる効果がある。アタックを決めたいならダートを考慮に入れよう。

ダートの中では数台前のバイクしか視界に入らないため、集団の先頭からアタックすれば後ろにいる選手たちに気づかれない。逆に砂煙なしで集団の状態を見たいのならキーボードの「9」を押して視点を変えよう。

■ ドラフティングを振り切る

Zwiftのドラフティングはわずかに「粘着性」を持っている。前にライダーがいると、そこに吸い寄せられる効果がわずかに働く。
これは、ドラフティングしたい場合には便利だが、前のライダーを追い抜きたい場合は厄介だ。登りでスピードが落ちている時は特に顕著になる。

粘着性に打ち勝つ方法は、抜く時にパワーを大幅に(100ワット以上)増やすこと。そうすればZwiftはあなたがドラフティングしたくないと判断し、すぐに追い抜くことができる。

■ オーバーパワーに注意

Zwiftのドラフティングはわずかに粘着性があるので、実際は前のライダーに着いていけるワット数に幅がある。例えば、もしあなたが300ワットで牽いている人の背後にいるなら、250ワット出せば着いていけるだろう。しかし、225ワットしか出さなくても実は着いていける。

結局のところレースは体力の温存に尽きるから、ドラフティングの際は細心の注意を払い、集団内のポジションを維持するのに必要なだけの最低ワットを保つようにしよう。

■ ドラフティングの状態を知ろう

あなたが今ドラフティングしているかどうかに注意を払うことで、どれだけのパワーを出す必要があるかを知るのに役立つ。
Zwiftはあなたのアバターの「上体が起きている」という視覚的手がかりによって、ドラフティングしているかどうかを表現する。(単独で遅いスピードの時も上体が起きるが、レースの状況では当てはまらない)

あなたが33km/h以上で走っていて、アバターの上体が起きているのなら、あなたはドラフティングに入っている。ドロップハンドルを持ち背中を丸めて前傾姿勢をとっているのなら、あなたはドラフティングの外にあり、よりハードに踏まされているだろう。

Zwiftではグループライド中にランダム性を持たせてあり、集団内のポジションが左右へ自動的に調整される場合がある。この時にドラフティングが外れると、あなたのアバターは前傾姿勢をとる。
こうなってしまったら、またドラフティング状態に戻るまでは集団のペースを維持できるように少し努力しよう。

■ "SUPERTUCK"フォームで小休止しよう

長いダウンヒルセクションで集団内のポジションを維持したいなら、ペダルを踏んではいけない。あなたが58km/h以上で3%以上の傾斜を下っていて、10ワット以下しか出していないのなら、Zwiftはあなたを"SUPERTUCK"フォームに変化させる。

これは高速ダウンヒルを可能とするフォームで、ペダリングし続けている他のライダーたちにも着いていくことができる。集団内のポジションを下げることなく、少しの間脚を休めることが可能だ。

注意:"SUPERTUCK"フォームは平坦になったり減速すると元のフォームに戻る。その時点で集団のペースが非常に速いと、あっという間に千切れてしまう。だから路面に注意を払い、前方に平坦が見えたらすぐペダリングを開始しよう。



"SUPERTUCK"はこれですね。↓



でも3本ローラーでやると倒れるんだよなー(笑)
何かに捕まればいいんだけど現実に引き戻される感じがする。
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2017/09/06(水) 12:55:17|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ボッチおはサイとZwiftカスタムワークアウト | ホーム | 土曜、TTバイクに必死に着いていく練(2)>>


>■ "SUPERTUCK"フォームで小休止しよう

ローラー上で脚を止めることの罪悪感(?)のせいか、こんな機能があるのを初めて知ったw
  1. 2017/09/06(水) 18:03:40 |
  2. URL |
  3. Yas #-
  4. [ 編集]

>Yasさん
自分もこれ読むまで存在を知りませんでした。
というか、やってる人をまだ見たことない……。

  1. 2017/09/06(水) 20:16:32 |
  2. URL |
  3. puyan #U6MtqSYY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1526-47352a71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)