タイトル

「はやま南郷ヒルクライムスプリント2017」に行ってきた

はやま南郷ヒルクライムスプリント バナー

はやま南郷ヒルクライムスプリント

日曜は「日本一短いヒルクライムレース」と呼ばれる「はやま南郷ヒルクライムスプリント」に参加してきました。

700メートルの坂(獲得標高ではなく、距離)を駆け上がるというイベント。
これ、いつエントリーしたんだっけな。そうだ、川崎マリンエンデューロが12分くらいでパンクして終わったのでついカッとなって……。
家族には迷惑かけてしまうけれども距離も短いしそこそこ近いし、午前中でパッと終わってサッと帰れるかなと思った、などと供述しているという。

エントリーしたのはチャレンジタイムトライアルの部。本当は勝ち抜き戦のチャンピオンシップに出たかったのだけど、申込み時点で定員に達していたので断念。結構人気あるのね。

タイムテーブルを見るとタイムトライアルは11時から。しかし8:30にはコースが車両進入禁止になり、駐車場がゴール地点にあるのでその時間までには駐車場に入っていないといけない。というのを一週間前の告知メールで知る。
そして閉会式の終わる14時までは出られないと。うーむ、パッと終わってサッと……みたいな感じにはいかなそう。まあ、車の中で寝てればいいか。

とりあえず時間通りに現地に入り、開会式の前に1回試走。
車で走った時も思ったけど最初から最後まで結構斜度がきつい。700メートルという距離のイメージから力で押し切れそうな気がしていたけど無理と悟る。平均斜度は7%だったか。
特に最後のストレートがキツイなー。ここを登り切れば左に曲がってすぐゴール。
開会式がすぐ始まりそうだったので試走はこの1回のみ。
機材はパワーを測りたかったのでパワータップ手組みの練習仕様のままで行くことに。

思ったよりハードな登りだったので待ち時間の間にしっかりアップをしたかったのだけど、失敗したのがローラー台を持ってこなかったこと。
どこか適当に走れるところがあるだろうと思っていたら、ない。公園内は試走禁止で、一般道に出るにはレースコースしかないので実質クローズドな状況。
持ってくりゃ良かったなー。(でもローラー回してる人は少なかった)
仕方なくグラウンドの回りをちょっとジョギングする(笑)

チャンピオンシップの予選ヒートなどを見学したりしつつのんびり過ごして、いよいよチャレンジタイムトライアル。
100人がゼッケン順に整列して下山し、10秒おきにどんどんスタートしていく。
ここで一番の懸案事項であったスタート方式(ホールドできるかクリートキャッチなのか、助走区間があるのかないのか)が明らかに。
結果は、助走なしのクリートキャッチスタート。しかも登り斜面から。

これ一番苦手だわ……。平地ですらキャッチできないのに。
思わず、去年のJCRC下総タイムトライアルでクリートキャッチ3回くらいミスってモタモタモタモタスタートした悪夢がよぎる。
見ていると自分の前にスタートしていく人たちは皆スタートと同時にカチャ!と苦もなくキャッチしていて、余計にプレッシャーが。

緊張感MAXでいよいよ自分のスタート。ひと漕ぎしてペダルめっちゃ見て……はまった!良かった~。
あとはダンシングしながらシフトアップ。ちょっと突っ込みすぎか?
と思った時にはもう手遅れで、じわじわタレていく。
最後のストレート。自分の前の人がDNSだったので20秒前に出た人ともう一人が視界に入り、一人はパス。
しかしほぼ限界。実況の人が「プッシュプッシュ!」と言ってくれたのにゴール直前で腰を下ろしてしまう。

キツイ……。終わってしばらく動けず。
トラックで1kmTTやった後みたい。
タイムは1分52秒884で、コースレコードが1分35秒と聞いていたので、あーこりゃ全然ダメだわと諦めて車で寝る(笑)

が、しばらくして貼り出されたリザルトを見ると、総合9位の年代別2位?とまさかの入賞で自分がビックリ。
しかし1位が1分32秒台って……たった700メートルで20秒の差がつくとは、次元が違いすぎる。
素直に凄いとしか言えません。

ログを見たら1分49秒で452W(7.1W/kg)とほぼ自己ベストの数値が出ていたので、一応出し切ることはできたはず。(タレたけど)
年代別優勝の人とは4秒差。
ここから縮めていくとしたら、ペース配分をもっと考えるのと、あと機材かなー。
来年は1.5kgくらい軽いバイクに乗っているはずなので、それで4秒くらい縮まないかな。(←自分を鍛えろ)

チャンピオンシップも見ていて楽しかったし、ちょっと出てみたい。
でもここを勝ち上がって4回登るのはやっぱり相当タフだよなあ。
走る前は「たった1本で終わりかー」と思っていたけど実際走ったら「1本でいい。1本で十分!」ってなったし(笑)

全体的には運営もしっかりしていて、雰囲気の良い大会という印象でした。
ひとつ要望を挙げるとしたら、タイムトライアルの待ち時間が長いのがちょっと気になったところ。ただ、これは道路封鎖の関係上、途中からの参加が難しいという理由もあるかも。

あと気になったのが、下山からスタートまでにビニール袋にウェアを入れて預けることができるのだけど、このビニール袋に何か入れたままハンドルに吊して下山している人がちらほらいて、巻き込むと大事故につながるので必ず下山後に入れるように注意喚起した方が良いかと。
以前それで意識不明になった人もいたので……。

良かったのは、キッズ向けの自転車教室があったり、小学校低学年からのカテゴリーがあって子供連れでも楽しめるプログラムになっていたこと。
来年は上の子も1年生なのでうまく誘えば来るかも?
ただ、あの坂はさすがにまだ厳しいかな。

いくつか気になるところはあったものの、和気あいあいとした感じで楽しい大会でした。参加費もタイムトライアルは1000円(!)と破格なので来年またチャレンジしようかな。

はやま南郷ヒルクライムスプリント 閉会式

賞状
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2017/11/06(月) 12:59:48|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<月曜、USMES Weekly Rideに参加 | ホーム | 久しぶりの土曜おはサイ>>


これは楽しそう!
普段練習で登っている1km上り坂にも近いし、ちょうどいいかも。



……体重落ちたら出ますw
  1. 2017/11/06(月) 19:50:22 |
  2. URL |
  3. Yas #-
  4. [ 編集]

> Yasさん
面白い大会ですよね。リピーターも多いそうです。
来年出ませんか?
  1. 2017/11/06(月) 20:27:19 |
  2. URL |
  3. puyan #U6MtqSYY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1553-cf7ac501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)