タイトル

「箱ひげ図」でパワーとケイデンスの分布を見てみた

Golden CheetahのRチャートでちょっと面白そうなのがあったので落としてみました。
アクティビティ毎に、パワーとケイデンスを軸にした「箱ひげ図」(データのばらつきをわかりやすく表現するための統計図)を確認できます。

チャートの追加手順は以下の記事の「■手順」のところを見てください。
「Boxplot of power by cadence」というチャートですが、「Boxplot」で検索すると一番上に出てきます。

Golden CheetahでTRIMPポイントからTSSを推測する方法

早速見てみました。横軸がケイデンス(rpm)、縦軸がパワー(W)です。

これは最近のイオンモール練。

箱ひげ図(イオンおはサイ)

これは今年4月の暁星チーム練。

箱ひげ図(暁星チーム練)

これは先日のZwiftレース。

箱ひげ図(Zwiftレース)

自分の傾向としては、おおむねパワーが高くなるほどケイデンスも上がっているように見えます。イオン周回などの平坦コースやZwiftではそれが顕著で、重いギアよりもケイデンスでパワーを得ている印象。
一方で暁星のように起伏のあるコースでは、同じくらいのパワーでも斜度に応じてケイデンスを変えて対応している感じ。

ちなみにローラーでワークアウト(2分インターバル)をやった時はこんな極端な分布に。

箱ひげ図(ローラー2分インターバル×4)

ワークアウト中のケイデンスってあまり意識したことがなくて、強度に関係なく自分が一番快適なケイデンスでやってしまっていたけれども、実際は強度に応じてケイデンスも変えるべきなのかもしれない。
300Wを90回転で練習しても、実走行ではそれよりもっと高いケイデンスを使っていたとしたら順応効果が低いのでは?と……。

こんな感じで眺めてみると何か面白い発見があるかもしれません。
【パワトレ関連】カテゴリーの記事

  1. 2017/11/17(金) 12:16:54|
  2. パワトレ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日曜、袖ケ浦チーム練とサイクリング | ホーム | 火曜、Zwiftレース。WBR 1 Flat Lap #pst B>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1559-b8531b3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)