タイトル

久々の暁星チーム練(大周回2周からの小周回8周)

日曜はチーム練へ。楽しかった袖ケ浦も終わり(笑)、今週から暁星に場所を移しての開催。
とにかく登りがキツいイメージしかない。
でもこれやらないと強くなれないからな~。

気になっていたBB付近からの異音は……おお、消えてる!
良かったー。
やはりプロに見てもらうのが一番。会長ありがとうございました。

これでいくらか気分も良くなり、鼻歌交じりで集合場所へ向かう途中、ふと下の方を見るとボトルケージに何もささっていない。
あーボトル忘れたよ……。粉飴大量投入したやつをちゃんと作っておいたのに。
まあ寒いから飲み物なくても大丈夫か。いや大丈夫じゃないな。強度高いし。
これで上がっていた気分がまた最低レベルまで落ちる(笑)

集合場所にはかなりの人数が。さっそくF谷君に「ボトルなしですか!ストイックですね~」みたいにいじられる。
本当は飲みたいんだよ!(笑)
ていうかよく見てるな~。

いつものようにAチーム4周+4周でスタート。会長からは、「下宮田の登りはハンドル握らず添えるだけ、なるべくまとまっていくように」というオーダー。
1周目の下宮田はのぶさん先頭で、結構速い。しかもハンドルを引けないから上体を使えず、脚にかなりの負荷がかかる。
なんというか固定ローラー(もう何年も乗ってないけど)を回してるような感覚。
これは効くな。

下り区間は道路脇の斜面で木の伐採作業をやっていたので最徐行で。
2周目の下宮田はF谷君先頭。何とか着いてはいけるけど、余裕はナシ。
下って3周目に入るところでBチームが待機していてストップがかかる。伐採作業で危ないのでコース変更するらしい。
暁星小周回を8周、登りはハンドル握らず、下り~平坦区間は流してまとまるようにと。
棚倉商店まで行って折り返すので、正確には小周回よりも大回りになるのか。

ここの登り(1.2km/3%)は斜度が緩めなので体重があってもパワーがある人なら押し切れる。
なので下宮田とは顔ぶれが変わってくるはず。
とりあえず手放しで登ってみたら、案外いけそう?
と思ったのは最初の数本だけで、そこから先は手放しはムリ。手を添えて、ひたすらハンドル握りたい誘惑と戦う。

キツいんだけど、大勢でまとまって登るのは刺激を受けられるし、Zwiftのグループワークアウトみたいで楽しい。
千切れても平坦区間でまとまれて、ショートカットもしやすいから最後まで集中して走れる。
これは実はうまい練習なんじゃないかなと。

最後の8本目は余裕しか感じられないネモッティとF谷君に必死に着いていって、2分21秒323W。
二人ともハンドル持ってすらいないから、やっぱりおかしい。
「登りはハンドルいらないですね」って話してるのが聞こえたけど、いるよ!(笑)
その後、流して帰ると見せかけてヒルスプリントもあり、もう燃えカスなので一瞬でタレてじゃんじゃん抜かれて終わる。9秒905W。

チーム練(大周回2周+小周回8周): 55.7km / 1時間45分34秒 / ave192W / NP265W / 143(181)bpm / 95rpm / 31.3km/h

今日はまずまずの感触で登れた気がする。
あの斜度までなら何とか着いていける気はするんだけど、下宮田がなー。

走行距離:84.5km
走行時間:3時間4分13秒
平均時速:27.1km/h
平均心拍:134bpm
平均ケイデンス:88rpm
獲得標高:673m
消費エネルギー:1726kJ
AP/NP/IF/TSS:156W/221W/0.82/204

【チーム練】カテゴリーの記事

  1. 2018/02/19(月) 01:10:14|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「例のポンプ」は何がすごいのか | ホーム | 土曜おはサイ、またまた中袖ローテ練>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1604-e8759955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)