タイトル

「例のポンプ」は何がすごいのか

例のポンプ

ここ最近ネットで話題をさらっている「例のポンプ」がどうしても気になってしまい、ついカッとなって買いました。
詳細はこちらを。というか必要な情報はほぼ全部ここにあります。

Oture 携帯ポンプ(サイクルベース名無し)

以下は、自分で実際に使ってみた感想などを書いてみます。
最初に言ってしまうと、「このポンプはすごい!」です。

そもそもなんで「例のポンプ」などというフワッとした名称で呼ばれているのかというと、姉妹製品がいくつかあり、「Oture」だったり「PRO STAR」だったり「BLACK BIRD」だったりと、モノはほぼ同じなのに製品名がバラバラなためかと。
自分はAmazonで買いました。紹介写真は「PRO STAR」だったのに届いたのは「BLACK BIRD」でした。この辺はよくわからず。

Amazonページへのリンクも貼っておきます。(アフィリエイトではないです)
注文したのが2/3、届いたのが2/15なので2週間近くかかりました。

ミニフロアポンプ  空気入れ 300PSI 米式/仏式バルブ対応(Amazon)

早速じっくり見てみることに。

パッケージの説明書きは中国語です。ちなみに発送は上海からでした。

例のポンプ 説明書き1

ブレちゃいましたが裏はこんな感じ。右上に「Dual-Chamber」(二重気室)と書いてありますが、この構造がこのポンプ最大のポイント。

例のポンプ 説明書き2

ボトルケージマウントとボール用アタッチメントが付属しています。

例のポンプ 付属品

「BLACK BIRD」のロゴ。

例のポンプ ロゴ

実測重量は105gで、カタログ重量の110gよりもわずかに軽い。

例のポンプ 重量

ヘッド部分はこんな感じ。普通の携帯ポンプと変わりません。

例のポンプ ヘッド

ポンプの底部には吸気口が。

例のポンプ 外筒底部

このポンプは米式・仏式に対応していますが、初期状態では米式にセッティングされているので、ロードで使う場合は仏式に変更する必要があります。
やり方は、口金を外して中に入っている黒いアダプターをひっくり返し、以下のように並び替えればOK。

例のポンプ アダプター

ここからがすごいのですが、こんな感じでヘッドの空気穴に指を置いてポンピングしてみると……。
なぜか、押しても引いても空気が出てきます。
すげえ。

例のポンプ ヘッドを押さえる

これは前述の「Dual-Chamber」という構造がミソで、詳細はリンク先に詳しく書かれているので割愛しますが、ポンプを引く動作の時にも空気が充填される仕掛けになっているため。

で、早速どれくらい入るのかテストしてみました。
テスト機材はホイールがWH-7900-C24、チューブがコンチネンタルのブチルチューブ、タイヤがコンチネンタルGP4000SII(23C)。
ポンピングしてみると、引ききった時にポコン、ポコンと吸気口からかわいい音がします。ポンプを持つ時にこの吸気口をふさいでしまわないように注意が必要。

200回ポンピングした時点で4気圧。これは特に優れているという訳でもなく、一般的なレベルだと思うのですが、ここからがすごかった。
普通ならこの辺からポンピングがかなり重くなってくるはずが、サクサク入れられる。
もちろん最初の方に比べたら少し重くはなってきているのですが、う~んと力を入れて押し込むほどではない。

そして、400回ポンピングした時点で空気圧を見てみると、

例のポンプ 7.5気圧

あっさり7.5気圧。
0気圧からここまでの所要時間はわずか3分11秒。途中で小休止も挟んでいます。

例のポンプ 400回ポンピングにかかる時間

いやー、びっくり。
普通の携帯ポンプでここまで入れるには相当頑張らないと無理です。ポンピング回数は同じでも重さが段違いなので。
自分の場合、そこまで入れるのは疲れるので原状回復を諦めて、「とりあえず走れる」レベルの5~6気圧入ればいいやと妥協していたのですが、これなら8気圧も余裕です。
こんな高性能なものが2,000円もしないなんて……。数多ある他の携帯ポンプを全部置き去りにしてますね。

ただ、自転車へのマウントで少し問題がありました。
付属のボトルケージマウントを取り付けてみたところ、横方向への出っ張りが大きく、しかもクランクの裏にはパイオニアのペダリングモニターも付いているので干渉してしまいました。
試しに以前使っていたマウントに戻してみたところ、例のポンプの方が太かったのですが何とか入り、クランクとも干渉せずうまく収まりました。

例のポンプ マウント

クリアランスはこんな感じ。

例のポンプ クリアランス

ヘッドは下向きだと下がってきてしまうので上向きが良いようです。

あと気になるのは耐久性と、定期的なメンテナンス(といっても簡単な注油)が必要というところですが、この辺はしばらく使ってみてまた追加レビューしてみたいと思います。(使う機会はないに越したことはないのですが)
久々にすごい製品が出てきたなと感心しました。

【関連記事】
「例のポンプ」のメンテナンス方法

【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2018/02/20(火) 12:55:01|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<水曜、Zwiftレースで悶絶 | ホーム | 久々の暁星チーム練(大周回2周からの小周回8周)>>


すごくよさそう!

http://amzn.asia/84egLq7
これと併用できるようなら買い換えてもいいかなー
どうも携帯ポンプ直で空気入れるのが苦手でして……

  1. 2018/02/20(火) 19:49:28 |
  2. URL |
  3. Yas #-
  4. [ 編集]

> Yasさん
グランジのポンプアダプターは、終端が仏式のものは残念ながら付かないそうです。終端が米式のものなら付くかもしれません。
http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=15590&forum=92&viewmode=flat&order=ASC&start=2
TNIのお助けチューブは付くみたいですね。
  1. 2018/02/20(火) 21:40:34 |
  2. URL |
  3. puyan #U6MtqSYY
  4. [ 編集]

お、僕のはモデルチェンジ前の米式の世代なのでイケそうです! 情報感謝~
  1. 2018/02/20(火) 22:56:14 |
  2. URL |
  3. Yas #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1605-486ed91e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)