タイトル

耐え忍ぶ暁星チーム練

先週の金曜は真舟おはサイ。人数も4人になり、だんだん増えてきて嬉しい。でも結構な勢いで家が建ち始めてきているから今のうちだけかな。
土曜は上の子の卒園式のためおはサイはお休み。3年なんてあっという間に思える。子供たちの成長ぶりを見て、先生たちには本当に頭が下がります。(先生が一番泣いてたけど笑)

日曜は先週に引き続きチーム練へ。相変わらず花粉がやばいけどジェネリック薬品の「アレルビ」が大活躍中。朝晩飲んでおけばだいぶ楽になる。
1分遅刻くらいで集合場所へ。今日も盛況で20名ほど?
メンバーも濃いし、着いていけるか不安。

先週と同じくA班は5周、下宮田5~6倍、それ以外の坂6~7倍、ラスト1周はフリーという感じでスタート。
ダムの下りからいきなりF谷君の牽きが強くて、登りはK保さんがペースを作るけどこれまた速くて、率直に言って先週の2割増しくらいでキツい。

先に行かれても4周目までは待ってくれるはずという目論見で、登りでは自分のペースを刻むようにしてあまり無理しない。(レースだと終わってしまうんだが)
下宮田のペースは、1周目から順に1分56秒330W、1分46秒360W、1分45秒362W、1分44秒358Wという具合で3周目からは一定。でも先週より速く、5.6倍といったところ。

チビ坂も先週よりペースが速く、7倍前後。
ここで何となく調子が計れる気がする。今日は踏めているし悪くはないはず。
そういえばネモッティはどこにいるんだ。集合場所には普通にいた気がしたんだけど……。

5周目に入って最初のダム坂でK保さんアタック。先頭牽きのタイミングが良くなく、置いていかれるかと焦ったものの、何とかF谷君とI田さんにしがみつく。そのまま3人で回してK保さんとの距離を縮め、また集団一つに。

5人で下って平坦をローテしてたらF谷君が先頭に出ると同時に意表突くアタック。登りの前のこれは効く。番手にいたMIKさんがしっかり着いていってくれて、またペースが落ち着くが、I田さんが再びアタック。全然気が抜けない。

そのまま集団最後尾で下宮田に突入して、じわじわとポジションを上げていく。
K保さんが先行し、少し間を空けてF谷君。F谷君まで追いついてペースを合わせ、二人で差を詰める。どうにか頂上付近でキャッチ。1分41秒374W。
キツい。

そこからは3人でローテしながらアップダウンをこなす。といっても自分はほとんど牽く元気なく、数秒で交代。
チビ坂も限界ギリギリで着いていって下りへ。徐行してる車がいたのでスローダウンが入ったけどまだ後続は追いついてこない。

平坦はK保さんがずっと牽いてくれて、最後のダム坂はF谷君の異次元アタックを追いかけるもどんどん離されていく。10メートルくらい差をつけられて2位でゴール。
家の用事があったのでそのまま挨拶して帰路へ。

チーム練(暁星大周回×5): 1時間13分0秒 / ave214W / NP269W / 166(184)bpm / 94rpm / 502m / L48.4% - R51.6% / 34.4km/h

最後のダム坂は23秒638W。5周目のダムの下りからチビ坂までの7分が281Wと、数値的にも十分追い込めた。
とはいえ、やっぱりまだまだ力不足なのは明らか。ほとんど待ってもらってたし。
一つだけ良かったのは苦手なダム坂のアタックに反応できたこと。これもかなり他力本願的ではあるのだけど……。

このコースはまだ楽しいと思えるレベルに達してないけど、少しずつやっていこう。順応するには30秒~2分のインターバルかな。しかしもれなくどれもキツいからやりたくない(笑)

【チーム練】カテゴリーの記事

  1. 2018/03/26(月) 19:33:45|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おはサイからのお花見ライド | ホーム | Zwift2部練、グループライド&ミニレース>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1623-3ed7f68e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)