タイトル

Golden CheetahのCPグラフで自己ベスト達成率を見える化する

おなじみのGolden CheetahのCPグラフ。

CPグラフ

過去の最大パワーとは別に、指定したアクティビティでの各時間単位ごとの最大パワーについても赤い線でグラフ化してくれます。
しかし、このグラフから「時間帯ごとに自分のベストに対してどれだけパフォーマンスを出せたか?」を読み取ろうとすると意外と難しい。

CPグラフとアクティビティグラフが近ければ近いほど良いパフォーマンスが出せたというのはわかるのですが、互いに曲がりくねったライン同士の距離を見比べるのは直感的でないし、仮にベストを更新できたとしてもそれが「何分から何分までなのか」を読み取るのは至難の業。
もっと均一に全体を見渡せるようにはできないものか。

……と思ったら、ありました。

マウスカーソルを画面上部の「CP」の辺りに持っていくと、こんな隠しメニュー(?)が現れます。

隠しメニュー

ここで、「Percentage of Best」にチェックを入れると、

達成度グラフ

このように、自己ベストに対する達成率が一目瞭然。
ちなみにここで注意が必要なのは、このグラフの軸は左側のワットではなく右側のパーセンテージであること。決して1分1400W出た訳ではありません(笑)
逆に言うとこのグラフでは実際の出力値はわからないので、出力値を見たい場合はチェックを外して通常のCPグラフに戻しましょう。

アクティビティ内で自己ベストを更新するとグラフは上限に張り付くので、何分何秒から何分何秒までの時間で更新できたのかも簡単に調べられます。

100%

ところで、もう一つの「Show Heat」にもチェックを入れてみると、

show heat

こんな曲線面グラフが追加されました。
これは過去のアクティビティ(CPグラフの日付範囲と同一)のうち、「自己ベストに対して上位10%以内のパフォーマンスを出せたアクティビティ数」を示します。

つまり、ベストに近い強度を何度も出している時間帯とそうでない時間帯がわかると。ここから得られるのは、自分の好みやコースなどにより、「得意な時間帯ばかり熱心にやっていてそれ以外がなおざりになっている」(←自分で書いてて耳が痛い)という事実。
このグラフがへこんでいるところこそ重点的に鍛えていかないと、いつまでも苦手分野をつぶせないかもしれない。

ただ、別の見方をすれば、突出した記録を持つ時間帯は上位10%に入りにくいのであまりやってないように見える、というのもあるかも。
自分の場合だと、3年前にどこかの坂でトチ狂って1分584Wというのを出して以降、それに匹敵する記録をさっぱり出せていないのでグラフ上では全然やってないように見えますが、1分前後は割と日常的にやってたりします。

なので多少イメージとのずれはありますが、それでも自分の傾向が可視化できるのは意外な(いや、順当な?)発見があってなかなか楽しいもの。
CPグラフは他にもいくつかパラメータがあるので興味のある方はこちらをどうぞ。
【パワトレ関連】カテゴリーの記事

  1. 2018/05/18(金) 12:50:18|
  2. パワトレ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<火曜、イオンおはサイとスプリント練 | ホーム | XertのAdaptive Planner>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1645-d1b0758d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)