タイトル

帯状疱疹

帯状疱疹パンフレット

先週の木曜くらいから額の中央に謎の赤い腫れが出てきて、市販の軟膏を塗っても一向に治まらないので心配になり土曜に皮膚科にかかったところ、見た瞬間に「帯状疱疹」と診断されました。(診断は早いけど見てもらうまでに2時間半くらいかかってます笑)

帯状疱疹は、疲労やストレスで免疫力が低下すると、子供の頃にかかった水疱瘡のウイルスが活動を再開し神経や皮膚を侵す、というものらしい。

原因として思い浮かぶのは三つほど。
一つはここ2~3ヶ月の間、子供の送迎で生活リズムが変わったり、毎週末何かしらのイベントや家族サービス、病院付き添いなどで埋まっていて、心身を休める余裕がなかったこと。
もう一つはレースに向けて練習の頻度・強度を上げていったこと。

三つ目はちょうど発症の前日、上の子が友だちといさかいを起こしてちょっとした問題になり、心配のタネが大きくなったこと。
おそらく一つ目と二つ目で疲労が重なり、蓄積しているところに三つ目がとどめになったと思われる(笑)

なってしまったものは仕方ないので安静にして回復に専念するほかないのですが、周りの経験者に聞くと治ってからも神経のダメージのせいで痛みが残ってしまい、未だに薬を飲んでいるという人も多く、なかなか厄介な病気のようです。
ただ、早期発見・早期治療がカギらしく、自分の場合は発症から2日後に受診できたので、そこは素人判断しなくて本当に良かったなと。

症状としては、額と目の周りが赤く腫れ、時折チクッとした痛みとかゆみ。頭痛もあり。処方されたのは「アメナリーフ」という抗ウイルス薬と「ビダラビン軟膏3%」という塗り薬。
この「アメナリーフ」、新薬らしいのですが恐ろしく高く、薬代だけで6,600円もしました。orz
効いてくれないと困る(笑)

お医者さんによれば、顔面にある三叉神経のうち一番上の神経に出ていると。その後調べてみたら視神経や顔の神経にウイルスが感染すると視力の低下や難聴、顔面麻痺などの後遺症を残すこともあるとのこと……。

正直不安だらけですが、幸い仕事の方は今の時期は落ち着いているので、会社は当面休みにさせてもらってひたすら家でゴロゴロする毎日。ある意味夢見ていた生活のはずなのにちっとも嬉しくない(笑)
Kindle本ばかり読んで過ごしてます。

自転車はとても乗れる状態ではないし、変に無理して悪化させたら後々後悔しそうなので、週末のレースは見送ろうかなと。
今シーズンはまた一からやり直しのつもりで、元気になったらまた乗ればいい。CTLより身体の方が大事。当たり前だけど。(もともと大して積んでない)

ちなみに、「帯状疱疹かな?」と思ったらすぐに皮膚科に診てもらった方がいいです。処置が遅れるほど重症化して、治ってからも跡が残ったり痛みが残ったりするそうなので。
身体のどこにでも出る可能性があり、チクチクする赤い腫れが出てきたら要注意。

今回思ったのは、まだ治ってませんが、自分の身体が発する疲労のサインをもっとよく観察しないといけないなということ。
うっかりミスが多くなったとか、食欲がないとか、そういった些細なことも休養の判断材料にしていかないと、ある日突然ボーダーラインを超えてしまう。
特にメンタルの疲れは重視した方が良いのかなと。

いろいろ勉強になりましたが、まずはゆっくり休みます。
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2018/06/12(火) 11:03:09|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ようやくローラー再開 | ホーム | 水曜、Zwiftワークアウト「The Gorby」>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1655-bf891ec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)