タイトル

パイオニア ペダリングモニターの電池交換

先日ローラーを回していたら、サイコン(SGX-CA500)の画面に「右ペダリングモニターの電圧が下がっています」(←ちょっとうろ覚え)というメッセージが。
ついに交換時期がきたか。
パイオニアを使い始めたのが昨年12月中旬からなので、半年とちょっと持ったことになる。

走ってる時に突然前触れもなく切れたら困るなあと思っていたので、こういうメッセージで教えてくれるのはありがたい。
右が切れそうということは、左もこのタイミングで替えておいた方が良さそう。
さっそく次の日の会社帰りにCR2032を二つ買ってきて、初の電池交換にトライ。

パイオニア・ペダリングモニターの電池交換

といっても別に難しくはなくて、右ペダリングモニターの場合はおにぎり型のカバーをアーレンキーで外し、電池を入れ替えるだけ。
左はもっと簡単で、コインで電池ブタを開けて交換。
それぞれ交換後にクランクを回してみて、緑色のLEDが点灯するのを確認して終了。時間にして左右で5分もかからない。

なんとなく気分を変えたくておにぎりカバーを赤にしてみました。(以前はグレー)

おにぎりカバー

グレー基調の車体の中でアクセントになりなかなかいいかも?

電池交換してみた感想としては、まず専用工具が不要で、電池がコンビニ等でどこでも入手可能なCR2032だという点が大きなメリットかと。今さらと言われそうだけど、以前使っていたパワータップは専用工具がないとカバーを開けられず、さらに電池もSR44という入手性が悪くてしかも高い電池だったので、格段に楽になった印象がある。(G3世代のパワータップはCR2032になったようですが)

とりあえず予備として一つか二つ、サドルバッグに電池を忍ばせておくようにしよう。

【関連記事】
パワータップの電池交換
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2018/06/26(火) 19:18:23|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<水曜、Zwiftカスタムワークアウトで30+30インターバル | ホーム | 久々の土曜おはサイ(12人)>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1658-5e1503a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)