タイトル

「北京へと続く瞬間」で自転車特集

日本テレビのスポーツドキュメンタリー番組、「THE MOMENTS 北京へと続く瞬間」で自転車が取り上げられます。
放送は11/20の24:29から。(今日の深夜です)

自転車といってもロードレースではなくトラックレースの方で、ナショナルチームに選抜された永井清史選手(岐阜・88期)を特集するようです。
もともとこの番組自体がKEIRINの提供らしく、北京五輪に出場予定のアスリートを取り上げつつもレギュラー企画としてしっかり自転車競技の紹介コーナーがあるという自転車色の濃い内容。

ただ番組紹介の「自転車永井時速100キロの“怪物”太もも70センチで夢見る金悪夢と闘う」 が気になります。
太もも70センチはいいとしても、時速100キロとは?
競輪選手でもMAX70キロくらいだったと思いますが・・・。(バイク誘導でも無理ですよね)

何かすごいトレーニングをしてるんでしょうか。
ちょっと気になるので見てみようかな。

[追記]
見ました。
100キロというのはやはりトレーニングマシン(ローラー台)を使っての速度でしたね。
それにしても他の選手が85キロで精一杯なのに永井選手はあっという間に105キロ・・・すごいです。(回転が速すぎて脚が見えん)

永井選手、寡黙だけど心優しく、一旦ダッシュしたら誰もついていけないほど強い。
なんだか「ギャンブルレーサー」に出てくるウリを思い出してしまいました。
アテネに出られなかった雪辱を北京で果たしてほしいと思います。
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2007/11/20(火) 21:30:47|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<足でボールを蹴ってはいけないサッカー | ホーム | 久々に乗った>>


久々の荒川いかがでしてか。
肋骨はすぐひび割れしますがなかなか完治しません。無理は禁物ですね。
さて、「北京・・・・・」は見逃してしまいましたが、トラック(四つ輪)でも100キロ/h出すのは容易ではないのに自転車のでのこのスピードはすごいですね。私もトラック競技ではなく運輸会社を一区切りつけて今度は別会社の役員として再就職いたしました。私の人生で転職は初めてです。スピードより確実さを最優先の再スタートです。今度の会社の周りはロードが似合うロケーションが何箇所もあります。休みの日に案内がてら夫婦でサイクリングコースを作ろうと考えております。
  1. 2007/11/21(水) 13:38:00 |
  2. URL |
  3. nebaneba #azQQZTT.
  4. [ 編集]

>nebanebaさん
本当に、肋骨(の軟骨)はなかなか治らないですね。3週間経ってようやく気にならない程度まで回復してきました。(それでも朝は痛みますが)
ブログの方にもコメントさせていただきましたが、再就職おめでとうございます!
有明・お台場近辺は広々していて走るのにいいかもしれませんね。水戸であれば那珂川にサイクリングロードがあるそうですよ。
  1. 2007/11/21(水) 23:31:08 |
  2. URL |
  3. puyan #kY8WcqRU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/172-37f50c46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)