タイトル

Flecha走行会 Spring in フレンドリーパーク下総2019に行ってきた

連休の前半は家族で裏磐梯に行って春スキーを楽しむ……つもりが、前日の雨のせいで雪が重くて全然滑らない。まあでも春スキーってこんな感じか。
福島はサクラがちょうど見頃で、あちこちで満開。

グランデコスノーリゾート

磐梯山とサクラ

しかし帰宅後に体調がおかしくなる。連日の頭痛(なぜか朝だけ)が治まらず、風邪なのか疲れなのかもよくわからないがなんかシャキっとしない。
4日にはFlecha(フレーチャ)さんの走行会があるので脚を慣らしておかねば、と毎朝Zwiftをやったりしてみたものの、調子がいいのか悪いのか不明のまま当日を迎える。

今回、内房RCとおはサイメンバーからはH房さん、kobaさん、I田さん、F谷君、S木さん、サトシさん、自分と大勢参加。
このイベントは茨城県南部を中心に活動されているFlechaさんの主催で、趣旨としてはレースに出てみたい人、ステップアップしたい人に向けて実践経験の場を提供し、本番でケガをせずベストな結果を残せるようにする、また単独で走る人同士で知り合いとなり一緒に走るきっかけを作るというもの。

内房メンバーの大半は初心者ではないのだけど、自己流でやってるところもあるかもしれないし、基礎からしっかり教えてもらえるのはなかなかない機会なので参加してみた次第。
ちなみに朝から夕方まで盛り沢山のプログラムなのに参加費たった3,000円というのも素晴らしい。(しかも当日一人200円ずつ返金された)

Flecha走行会 Spring in フレンドリーパーク下総 芝生広場

Flecha走行会 Spring in フレンドリーパーク下総 ジュニアレース スタート前

Flecha走行会 Spring in フレンドリーパーク下総 ジュニアレース

まず最初に集団走行に慣れるため、サポートライダーの湾岸サイクリングユナイテッドの方々の先導で、全員で6周をビルドアップ走。30km/hから始まり35km/hくらいまで徐々に上がっていく。
普段から集団走行の練習はしているけど、公道では1列にしかなれない。レースのように、前後左右に人が密集した状態で走ったりコーナリングしたりというのはこういうクローズドコースじゃないとできないのでとてもいい練習になる。

その後はゼロスタートからの全力ダッシュを一人ずつ。これはダッシュ力そのものよりも白線に沿ってふらつかずにダッシュできるかどうかをチェックするためのもので、やはりレース中に周りに迷惑をかけないために重要。
それから二人一組になり、ゆっくり走りながら手で相手の肩を押し合う練習。慣れてきたら肩同士を当てて押し合いながら走る。

kobaさんとペアになり、自分は初めてやってみたのだけど、肩が当たったら思い切って押し返すと不思議と安定する。びびって自分も引いてしまうと二人とも倒れてしまうらしい。このやり方が合っているかわからないけど、身体の軸を傾けて完全に体重を預けてしまうより、上半身だけ曲げて押し返すとやりやすい。これは本番でパニックにならないためにも、普段から絶対やっておいた方がいいなあ。

午前の締めくくりはローテーションの練習と模擬レース。まず湾岸さん4名と内房メンバー4名が徒歩でのローテーションを実演し、その後何グループかに別れて2列ローテしながら4周する。ローテの回り方は1周おきに左右入れ替え。
全員がローテーションに慣れたところで、30km/h組と35km/h組に分かれて模擬レース。これは最初の5周を湾岸さんが指定速度でコントロールし、残り2周はガチレースというもの。自分含め内房メンバーは全員35km/h組に。

30km/h組を見学してから35km/h組がスタート。最初の5周は予想してたより湾岸さんの牽きが速い気がして、これ40km/hくらい出てそうだなーと思ったけど後で見たらave36km/h台でほぼ指定通り。フリーの前の周が少し上がって38.9km/hで、そこから笛の合図でフリー周回に入る。
6周目は前半まとまっていたが野球場の左カーブのあたりでI田さんがアタック。それを二人が追って、その後ろに集団。スタート/ゴールラインを過ぎたあたりで吸収し、ラスト1周。

なるべく前方に位置取りして最後のスプリントに備える。テニスコートの下りから数名飛び出すが、野球場の左カーブでうまくインに入れて先頭に追いつく。そこから最後の登り。アウト側から踏んでいったけどLink TOHOKUの方とFlechaの高校生が強く、この二人の後ろでゴール、で3位。

模擬レース: 16分14秒 / ave235W / NP346W / 130(187)bpm / 96rpm / 38.3km/h

5周目までは余裕あったんだけどラスト2周が4分3秒343Wでアベレージも44km/hを超えていきなり強度MAXになった感。ラスト25秒は639W。
I田さんが何回かアタックしたり積極的に動いていたのですごいなと。

ここからお昼休憩を挟んで午後はジュニアロードレースとウィラースクール。

Flecha走行会 Spring in フレンドリーパーク下総 ジュニアレース

Flecha走行会 Spring in フレンドリーパーク下総 ジュニアレース

Flecha走行会 Spring in フレンドリーパーク下総 一本橋

ジュニアレースは小学生から高校生までが一緒に走るので、ヘルメットカバーやビブで判別できるようにしているみたい。
距離も21kmとこのクラスにしてはかなり長く、いい経験になりそう。
ウィラースクールは一本橋渡りや8の字走行を皆でやるのだけど、この辺でまた頭痛がひどくなってきたので芝生に横になって休む。ほんとこれ何とかならんかな。
参加した人に聞くと勉強になったという意見が多かったので次回はぜひ参加したい。

最後の締めくくりは15時からの2時間エンデューロ。
体調的に厳しそうだったら途中で止めようと最初から弱気。スタートしてとりあえず様子見してみるが、やっぱりなんかきつい。
しばらく走っていたらなぜか前の方に出てしまい、ローテーションにも何度か入る。というかここで頑張りすぎたのが明らかに失敗。
50分経過くらいで、先頭牽いて下がったタイミングでF谷君を先頭にした列がサーッと抜いていき、あれよあれよという間に離れてしまう。しまった。

第2集団になり、またしばらくローテに入ったりして30分ほど走るが、どうにも辛くなってしまい残り30分で降りる。
あーなんか予想通りだったな。ま、しょうがない。

個人的には何とも締まらない感じではあったけど、朝から夕方までしっかり走れる上に講習も受けられてこのお値段というのは非常に良心的だし、レースで安全に走るためのスキルを学びたい人には最高の機会だと思うので、ぜひ多くの人に参加して欲しいと思う。ちなみに次回は1月開催だそうです。
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2019/05/05(日) 18:46:51|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<久々Zwift、からの体調悪化 | ホーム | Zwift新コース偵察と30+30インターバル>>


ご参加ありがとうございました!
今後、走行会に参加を考えている方の参考になればと、参加者の方々が書かれたブログ記事のリンク集を作ろうと考えております。
そちらにリンク貼らせて頂きたいのですが、よろしいでしょうか。
ご検討よろしくお願い致します。
  1. 2019/05/16(木) 19:26:40 |
  2. URL |
  3. Flecha南野 #-
  4. [ 編集]

> 南野さん
先日はとても良いイベントに参加させていただきありがとうございました。
なんとなくやっていた部分を基本から見直すことができて、大変有意義なプログラムでした。
これからレースを始めたいという人が身近にいたらぜひ勧めたいと思っています。
リンクの件ですが、もちろんOKです。参考になるかわかりませんがご自由にお使いください。
  1. 2019/05/16(木) 19:47:05 |
  2. URL |
  3. puyan #U6MtqSYY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1732-b3745856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)