タイトル

タイヤキーで固いタイヤを楽にはめてみた

巷で話題になっているタイヤキー。タイヤキではなくタイヤキーです。
これはタイヤをリムにはめこむ最後の工程をアシストするツールで、自分はつい最近までその存在すら知りませんでした。

そもそもの購入の動機は、手持ちのホイールとタイヤの相性が悪すぎるから。
ホイールは完成車付属のボントレガー・アイオロスプロ3で、チューブレスレディ。タイヤはコンチネンタル・GP4000SⅡ(25C)のクリンチャー。つまりチューブレス対応のホイールにクリンチャーを履かせている訳ですが、この組み合わせがとにかくはめるのに苦労する。

以前使っていたシマノのWH-7900-C24CLであれば、最後までタイヤレバーを使わず素手で押し込むことも容易でした。しかしアイオロスプロ3はそんなの絶対に不可能と言わんばかりの絶望的な長さの未装着部分が残る。
当然タイヤレバーを使って無理矢理押し込むしかないのですが、あまりに固すぎてタイヤレバーが「く」の字になり、そのままポッキリ折れそう。タイヤレバーが折れるだけならまだしもカーボンリムが破損でもしたら泣くに泣けません。

チューブレス対応のリムは外径が大きめに作られているのか?
リムの中央の溝にビードを落とすなど、あれこれ工夫してみても固いものは固い。
怖いのは、遠出した先でタイヤレバーが全部折れてしまうとか、無理した結果チューブを噛み込んで切ってしまうといったこと。
なのでいつも不安を抱えながら走ってます(笑)

……という経緯があり、藁にもすがる思いで買ってみた次第。

タイヤキー

こんな形状をしています。

タイヤキー

裏には使い方の説明が。

タイヤキー マニュアル

ということで早速使ってみました。

まず、タイヤキーにはタイヤを外すのとはめるのと二通りの使い方があるようなのですが、残念ながら外す方は実用レベルとは思えません。なぜならタイヤキー自体に厚みがあってリムとタイヤのすき間に入れることがそもそも困難なため。
なので外す時は普通のタイヤレバーを使いました。まあ、主に使いたい機能は後者なのであまり気になりませんが。

いつものように手でできる範囲までタイヤをはめた状態。ここからが厄介。

ボントレガー アイオロスプロ3&コンチネンタル GP4000SⅡ

早速タイヤキーを使ってみます。

タイヤキーによるタイヤインストール①


カギ型になっている部分をビードの内側に引っかけて、タイヤキーを反対側に倒していきます。

タイヤキーによるタイヤインストール②

む……

タイヤキーによるタイヤインストール③

むむ~

タイヤキーによるタイヤインストール④

いけるか……

タイヤキーによるタイヤインストール⑥

もう少し……

タイヤキーによるタイヤインストール⑦

はまった!

タイヤキーによるタイヤインストール⑧


無駄にGIFアニメにしてみた。

タイヤキー GIFアニメ

結構あっさりはまりました。
これは確かに便利かも、というかすっごい便利。
あの、タイヤレバーが折れるか折れないかという恐怖感を味わわなくて済む。

注意点としては、いきなりど真ん中から攻めるのではなく、未装着部分の端に近いところから何回かに分けて上げていくようにすること。最初はいきなりど真ん中に引っかけて一発で終わらせようとしましたが、固すぎて挫折しました(笑)
このツールはあくまで「力がかけやすくなる」だけであり、「力がいらない」訳ではないです。ただ、端の方から刻んでいく方が少ない力で済みます。

また、これを使えばチューブを絶対噛み込まないかというとそんなこともなく、噛み込むリスクは普通にあります。これは通常の交換手順の通り、しっかりタイヤの中にチューブが収まっているのを確認してから慎重に上げていく必要があるかと。

私見ですが、使う時のフォームというか体勢は、ホイールを脚の間に挟み、効き手でタイヤキーを回しながら反対の手で以下のように押し上げるようにサポートしてやると安定感が出てやりやすかったです。

指でサポート

何となく使えそうだというのはわかったものの、あとはパンク時に備えて持ち歩くことを考えないといけない。
長さを測ってみると14.5cmほどあり、今使っているサドルバッグには入らないサイズ。

タイヤキー 長さ計測

これは後でまた考えるとして、当面はポケットに入れておこう。
ちなみに実測重量は19gでした。

使ってみた感想を簡単にまとめると、

[良い]
・ 力をかけやすい
・ 固いタイヤでも確実にはめられる
・ リムに負担をかけない材質と形状
・ 軽量でそこそこ持ち運びやすいサイズ

[悪い]
・ 高い
・ タイヤインストールツールとしては優秀だがタイヤレバーとしては使いづらい
・ 従って普通のタイヤレバーも必要になるので単純に荷物が増える
・ すぐにコピー品がたくさん出てきそう(笑)

という感じです。
お値段に関しては、1,800円はやっぱり高い。でも山の中でパンクした時の安心感を買えると思えば……。

ちなみに普段使いのタイヤレバーはマルニ一択。

マルニ タイヤレバー

携行性と機能性のバランスから言えば、これ以上のものには出会ったことがない。どこにでも売ってるかと思ったら意外と見つからなくて、以前わざわざ会長にお願いして取り寄せてもらいました。
マルニのレバー2~3本とタイヤキーがあれば「鬼にプラ棒」というところでしょうか。
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2019/05/20(月) 19:09:15|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久々のイオンおはサイ | ホーム | おはサイからのTマートライド>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1736-ce0f6e33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)