タイトル

パワータップとペダリングモニターの出力値を比較してみた

ここしばらく、メインで使っていたエモンダをオーバーホールに出していたのでスペアのCT-1に乗っていました。
CT-1にはパワータップホイールを履かせているのでパワーデータは取れるのですが、体感的にどうもエモンダのペダリングモニター(両足計測)より低めな気が。
例えばZwiftで今までこなせていたワークアウトがやたらきつく感じたり、実走でもセグメントのタイムが自己ベスト近くなのにパワーはCPに全然届いていなかったり。

前から一度検証してみたいと思っていたので、エモンダが戻ってきたタイミングで実験してみることに。
やり方は単純で、エモンダの後輪にパワータップホイールを履かせ、ペダリングモニターと同時計測するだけ。パワータップはEdge520、ペダリングモニターはパイコン(SGX-CA500)とそれぞれペアリングさせます。事前にどちらもゼロオフセット校正済み。
各ゾーンのずれを確かめたかったので、150W30秒、30秒レスト、175W30秒……というようにレストを挟んで25Wずつ、400Wまで計測してみました。(目視に使ったのはパイコンの方)

エモンダにパワータップホイールを履かせた図。

パイオニア・ペダリングモニターとパワータップ

ちなみにエモンダのドライブトレインは11速なのに対し、パワータップホイールは10速用なので適合しませんが、まあリア変速しなければ問題ないだろうということで負荷調整は主にフロント変速を使用。
計測後、Stravaに両方上げようとしたら片方がなぜかアップされない。確認してみるとワークアウト時間が重複するログは競合するため上げられないみたいで、以下のようなエラーになります。

duplicate

仕方ないので片方は直接サイコンからUSB経由でダウンロードして、手動でGolden Cheetahにアップしました。最終的に二つともGolden Cheetahに取り込めさえすれば良いので、Stravaは抜けがあっても問題なし。

ということで、まずはラップデータの比較から。

 パワータップ  ペダリングモニター 
144W153W
163W172W
177W191W
205W223W
227W247W
259W276W
290W302W
320W327W
340W351W
360W365W
373W382W


おー、予想通りのずれ。10~20Wといったところか。

全体のアベレージは9W違う。

Golden Cheetahサマリー1

xPower(≓NP)とRelative Intensity(≓IF)はこれくらいのずれ。0.72と0.76ではだいぶ違うな。

Golden Cheetahサマリー2

もうちょっとビジュアル的に見てみたいので、Golden Cheetahで二つのデータを重ねる機能を使って比較してみる。

水色がパワータップ紫がペダリングモニター

Golden Cheetahグラフ(Ride)

これだとほぼ同じように見えるけど、CPグラフだともう少し差が見えやすい。

Golden Cheetah CP2

最もわかりやすかったのは、CPグラフをペダリングモニターを基準に相対値表示させたもの。

Golden Cheetah CP1

1秒未満はスパイクもあるので無視するとして、傾向としては長時間(=低出力)では10W程度、短時間(=高出力)になるに従って20W弱程度までずれが大きくなっているように見える。

ということで、結果としては大体予想通りな感じではありましたが、具体的な数値で確認できたのは良かったです。
チームメンバーに聞いてみると、ほぼ同じようなずれを認識している人が何人か。原因は駆動系のロスなのかもしれませんが、実走に比べてローラーではパワーが出にくいという定説と同じ考え方を当てはめるなら、ペダリングモニター用とパワータップ用でそれぞれに応じたFTPを使い分ける(例えば5%減らすなど)必要があるのかなと。

【関連記事】
Golden Cheetahでグラフを重ね合わせて比較を行う方法
【パワトレ関連】カテゴリーの記事

  1. 2019/09/01(日) 13:52:01|
  2. パワトレ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おはサイコース巡りからの野口製菓ライド | ホーム | 電動かき氷機でBCAAかき氷を作ってみた>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1749-96c5bdc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)