タイトル

MyWindSockで風向きから標高グラフを描く謎機能がリリース ※体験版は今日まで

mywindsock_0

以前、走行ログから風向きを可視化できるmyWindSockというサービスを紹介したのですが、

Stravaと連携してコース上の風向き・風速を確認できる「myWindsock」を使ってみた

そのmyWindSockから、「向い風が丘だったら」というよくわからない新機能がリリースされました。
ざっくり言うと、向い風が登りのようにきついのなら、実際の標高データに上乗せして「本当はこれだけ登ったに等しい」というのをグラフで表現してしまおうというもの。当然、追い風なら下り坂として描かれます(実際は平坦だったとしても)。

実際のサンプルを見た方が早いのでいくつか載せます。
確認方法は、myWindsockとStravaの連携が終わっている前提で、まずアクティビティ画面を開きます。

mywindsock_1

下の方に「Feels Like Elevation」というエリアがあります。
これは、実際の獲得標高は61mだったが、向い風を考慮すると218.5mに匹敵した、という意味。

mywindsock_2

「View the Chart」をクリックするとこのようなグラフが出てきます。
黒い線が風向きを加味した標高データ。
これは5kmの平坦コースを10周回したものですが、どんどん上昇していってるのは追い風で楽ができるおいしい区間が少なかったから?

mywindsock_4

これは鹿野山を登った時。序盤はほぼ無風で、短い丘を越えてからが向い風、その後も楽になる区間はなかなか現れず最後に追い風に乗って帰宅。

mywindsock_7

これは真舟おはサイ。家を出てから周回コースまで追い風で楽々。周回コースは向い風で、帰りは収支が逆転するほどの向い風を食らって帰宅。

mywindsock_9

この高滝湖に行った時のも結構ひどい。行きも帰りも向い風って都市伝説じゃなかったんだ!

mywindsock_11

おはサイ後に富津でかき氷を食べて帰ったライド。帰りの16号の鬼の向い風が標高に反映されると、普通にでかい丘になる。

mywindsock_13

という感じで、全行程の風向きが仮想的な標高データに反映されるので視覚的にもわかりやすく、ユニークな機能です。
が、しかし。
この機能、プレミアム会員限定で、今だけ特別にオープンにされているとのこと。
いつまでかというと、今日(9/20)まで(笑)
試したい方はいまのうちに見ておきましょう。

おまけで、前から気になっていたZwiftデータにも風向きがある件について。

mywindsock_15

これってつまり、Zwiftも現実のどこかの地域にルートをマッピングしているので(例えばワトピアならサンタクルーズ諸島にある無人島など)、全世界の気象データを基にすれば必ず風は発生しているというだけのことですね。
実際にバーチャル世界の中で風が再現されている訳ではないです。
【携帯・インターネット】カテゴリーの記事

  1. 2020/09/20(日) 18:46:16|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久々のチーム練 中袖10周 | ホーム | 第14回Zwiftミートアップおはサイ(モンヴァントゥはやっぱり長かった)>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/1806-aa07a250
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)