タイトル

撮影モデル、その後

先週、私の自転車をグループ会社の方に撮影用として貸し出しましたが、担当の方から「写真ができたよ~」とメールがありました。

○○さん(注:私のこと)、ご自慢の自転車、あんまり写ってなくてごめんなさい。
やはり女性が乗るにはかなり厳しく、現場判断でこんな構図にさせていただきました。

ふーむなるほど。確かに、時間がなくてサドルも下げないまま渡しちゃったしなあ。
メールにはURLが載っていたので早速サイトをチェックしてみると・・・






マスターXチョット
  ↑ココ

ほんとにちょっとだ!(笑)

前日の夜、かなり気合いを入れてフクピカで磨いただけに、この露出度には思わず笑ってしまいました。
ま、自転車がメインではないですからね・・・。
【Master X light】カテゴリーの記事

  1. 2007/12/18(火) 08:59:42|
  2. Master X light
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雑誌の目次情報をRSSでチェックできる「Fujisan RSS」 | ホーム | ヒヤリハット事例:脇道から飛び出す自転車>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/189-064c6f4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)