タイトル

自転車のヒヤリハット

ヒヤリ・ハットとは、重大な災害や事故には至らないものの、直結してもおかしくない一歩手前の事例。文字通り、突発的な事象やミスにヒヤリとしたり、ハッとしたりするもの。(Wikipediaより)

自転車に乗っていると、車や歩行者と接触しそうになったり、あるいは自分ひとりでも「ヒヤッ」とするような経験に出くわす事があります。
このカテゴリーではそういった事例を書き残していく事で、重大事故の予防に役立てていこうと思います。

なお、「高価なパーツを買って奥さんに黙っていたがレシートを見られそうになってヒヤッとした」とかそういった話は対象にはならないですがたまにあるかもしれません。
【自転車のヒヤリハット】カテゴリーの記事

  1. 2007/05/12(土) 01:32:59|
  2. 自転車のヒヤリハット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ヒヤリハット事例:ポールに気をつけろ! | ホーム | 悪質自転車、一斉取締り>>


こんにちは。
このシリーズは(笑)一番じっくり見てしまいました。
たった2回しかロード乗っていないのに
危険と感じる場面に何度か遭遇~
よく見て先に「こんな危険もある」事を意識しつつ事故に注意したいと思います。
  1. 2008/08/17(日) 16:38:41 |
  2. URL |
  3. Ray #-
  4. [ 編集]

>Rayさん
コメントありがとうございます。このカテゴリは最近はあまり更新してないですが、自分でヒヤッとした経験を忘れないために、ある意味自分用に書き溜めたものです。中にはヒヤリどころかそのまま事故ってるのもありますが・・・(笑)
どういう時に危ないかというのはある程度経験でわかってくるものだと思いますが、あらかじめいくつかのケースを知っているだけで心構えも違ってきますよね。ここの内容が少しでも参考になれば嬉しいです。
  1. 2008/08/18(月) 19:50:13 |
  2. URL |
  3. puyan #kY8WcqRU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/20-049581f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)